オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 62人登録
  • 3.41評価
    • (5)
    • (5)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 宇野 利泰 
  • 早川書房 (1987年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150701406

オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読了のエラリー・クイーン国名シリーズ。読み終わるのに時間がかかってしまいましたが、読者への挑戦状以降の鮮やかな論理展開による解決は気持ちが良かったです。

  • 2013/6/1 読了

  • エラリー・クイーン・シリーズ

     百万長者アビゲール・ドルーン夫人殺害事件。手術前に絞殺された被害者。容疑者であるジャニーはアリバイを主張するが証人の正体を明かさない。ジャニーのアリバイ証人スワンソンの登場。同時刻に起こったジャニー殺害事件。靴紐の修理に使われた絆創膏の謎。ジャニーに化けた犯人が残した手術着に隠された秘密。

  • フランス白粉より面白かった気がするのに、全然内容を覚えてない。何故。

  • 1931年発表
    原題:The Dutch Shoe Mystery

  • おなじみ「読者への挑戦」シリーズ。
    病院内、手術前に殺人が露見する
    特殊中の特殊な設定です。

    たぶん犯人は容易に推測できるでしょう。
    広義での犯人は。
    ただし、そこで油断すると著者の思う壺です。
    してやられますよ。

    しかしながら「金」というものは結局
    人を変えてしまうものですな。

  • 衆人環視の手術室内で患者が絞殺された。その場に居合わせたエラリイ・クイーンが警察とともに捜査を開始する。医師に変装した何者かが手術前のわずかな隙に及んだ犯行と思われたが、手掛かりは脱ぎ捨てられた白衣と靴のみ。捜査が進展しないまま、悲劇は続いていき…。国名シリーズ第3弾。またしても読者への挑戦には敗北。第1の殺人は患者は昏睡状態だったため、だれが犯人でもおかしくない状況に思え見当もつかなかった。第2の殺人で後ろから殴られた痕、穏やかな表情から無防備になるような身近な人物らしいことはわかったが…。最後の逮捕シーンは犯人に対してちょっと演出があり面白かった。前作の「フランス〜」よりはかなり楽しむことができた。

  • 古い推理小説を読んでしまった。最初にテンポがないので、読みはじめが苦しいが、慣れてくるとさすがに面白い。

    2004-08-25

全8件中 1 - 8件を表示

オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)のハードカバー

オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)のハードカバー

オランダ靴の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)のマスマーケット

ツイートする