赤い鎧戸のかげで (ハヤカワ・ミステリ文庫 テ 3-7)

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 恩地 三保子 
  • 早川書房 (1982年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150704070

赤い鎧戸のかげで (ハヤカワ・ミステリ文庫 テ 3-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • H・M卿シリーズです。
    休暇中のH・M卿は警察に協力を要請されて、泥棒である怪盗アイアン・チェストを捕まえるべく奮闘する事になります。
    アイアン・チェスト、日本語に訳すと鉄箪笥、怪盗鉄箪笥です。
    これには笑ってしまいました。
    鉄の箱を持って現れては盗みを働いていく泥棒です。
    推理部分はお粗末ですが、H・M卿の行動だったり、男と男の決闘だったりとその他の部分では楽しめます。
    そして、本作ではH・M卿がとんでもない事をやらかしています。
    これには驚きました。
    純粋なミステリとしては良作とは言えないのですが、H・M卿好きには楽しめる作品になっていると思います。

  • またもややってまいりました。
    H・M卿騒動記。
    彼の歩む道平穏なんか
    ちーーーーっともございませんから。

    冒頭から彼の運は
    すでになくなります。
    事件にしてもまたしかり。
    取り押さえたかに見えたら
    逃げられてしまったりと…
    何かとついていませんね。

    それよりもこのお話は
    関係のないところの描写が面白いです。
    何せH・M卿がとんでもないことを
    していたり、
    何気にあの太鼓腹の割には
    身体能力が高かったり…

    あ、犯人ですか?
    その真相は面白いですよ。
    ある作戦もまたえっと
    思わせられるでしょうし。

    でも結末は
    ファン作品です。
    あくまでもね。

  • 2009/11/26購入

  • H・Mシリーズ

    船橋図書館

全4件中 1 - 4件を表示

カーター・ディクスンの作品

赤い鎧戸のかげで (ハヤカワ・ミステリ文庫 テ 3-7)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤い鎧戸のかげで (ハヤカワ・ミステリ文庫 テ 3-7)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤い鎧戸のかげで (ハヤカワ・ミステリ文庫 テ 3-7)はこんな本です

ツイートする