パンチとジュディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 クラシック・セレクション)

  • 29人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 白須 清美 
  • 早川書房 (2004年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150704131

パンチとジュディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 クラシック・セレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結婚前夜に元調査員の男がある人物について調査して欲しいという依頼を受ける。
    調べを進めていくうちに殺人事件に遭遇し警察にも疑われ逃亡していくどたばた劇の色が強い作品。
    毒薬をすり替えた者を軸にH・M卿たち四人の推論を披露する終盤が謎解きものとしてわくわくする要素。

  • 『貴婦人として死す』が思いのほか面白く、またもやカーター・ディクスンに挑戦。とにかくヘンリー・メリヴェールのキャラクターが最高。いやったらしさの一歩手前、何ともいえずめんどくさいんだけど憎めないおもろいおっさん。良い。

  • H・M卿シリーズです。
    物語は「一角獣の殺人」の続きとなります。
    ケンはイヴリンとの結婚式前日にH・M卿に呼び出されます。
    元ドイツスパイのホウゲナウアが国際指名手配中のLの正体を明かすと情報部に接触してきたので、その真偽を確かめる為にこの元ドイツスパイの老人の屋敷へ潜入をしろとの事なのです。
    潜入した屋敷でケンは老人の死体を発見します。
    さらにケンはほぼ同じ状況下でもう1体の死体も発見します。
    全編、ケンが次から次へと大変な目にあっていてドタバタしていますが、そのケンの奮闘が笑えてしまうのです。
    最後のオチまでも笑えました。
    本書は題名の「パンチとジュディ」のままにドタバタしています。

  • H・M卿もの。H・Mに突然呼ばれたケンは、結婚式を明日に控えていた。ケンはH・Mに渋々従い、ある老人の家に忍び込む任務を与えられる。しかし、老人は死体として発見されケンは手違いから警察に追われるはめに……奇怪な事件を解決しケンは結婚式をあげられるのか。スパイチックな冒険ものなのに、裏に巧妙な謎が隠されていて展開がすごいなあと思いました。ケンの冒険潭もドキドキする場面も多かったですね。犯人もなかなかな人物で面白かったです。ただ、なんかいまいちしっくりこないのは何故かなあ……いまいちあの謎装置が理解できなかったせいかな……。

  • ええー?あんたが犯人?
    釈然としない何かが。
    国籍・性別・名前不明で超天才の
    重大機密ブローカー“L”は、死んでいた……!??

  • 異色のスパイもの。
    もちろんご多分に漏れず
    狂気めいた雰囲気つき。

    せっかくの爽快感も
    狂気に押しつぶされて
    なんかさびしいものがあります。
    というか、爽快感は歴史ミステリ以外
    カーには求めてはいけない…

    ただし犯人は思わぬところから
    出てきますよ。
    ヒントは出てくるけど、
    たぶん情報に惑わされて
    見えなくなっているかと。

    ちなみにこの作品は
    ある意味完全な解決を見ません。

  • 結婚式前日にH・Mに呼び出されたケン・ブレイク。Lと呼ばれるスパイの正体をさぐるためにでかけるケンを捉える警官。ヘンリーと警察所長チャーターズの命令での逮捕。警官からの脱出。ケンが発見した元ドイツのスパイ・ホウゲナウアの毒殺死体。金と引き換えにLの正体を明かすと約束していたホウゲナウア。偽札を盗み逃亡したチャーターズの秘書サーポス。逃亡中のケンが発見したホウゲナウアの友人で科学者のケッペルの毒殺死体。

    市川図書館

    2009年2月18日購入

全7件中 1 - 7件を表示

カーター・ディクスンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ディクスン・カー
カーター・ディク...
有効な右矢印 無効な右矢印

パンチとジュディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 クラシック・セレクション)を本棚に登録しているひと

パンチとジュディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 クラシック・セレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パンチとジュディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 クラシック・セレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

パンチとジュディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 クラシック・セレクション)はこんな本です

ツイートする