本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)

  • 141人登録
  • 3.70評価
    • (14)
    • (11)
    • (26)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 菊池 光 
  • 早川書房 (1976年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150707040

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友人が落馬事故で命を落とした。
    アマチュア騎手のアランはその死に不審なところがあるころを見つけ真相を解明しようとする。

    ラストのレースシーンが秀逸!
    燃えた。
    はらはらどきどきした。

    全体的によくできた小説で、恋あり友情ありサスペンスあり冒険あり。
    とても楽しめるよ。

  • 2016年11月27日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「かける」。

  • 会社の方が昔嵌った本とのことで、アマゾンでポチっと購入。

    読み始め数ページでガッツリ捕まれる。
    いきなり事件発生。そしてその後最後までずっとクライマックスが続くような、速度の速い小説だった。

    かなり早い段階で、犯人の片方は相応が出来るが、
    そこだけで落とさなのがミステリ好きの心を掴む。

    最後の最後まで全く飽きさせず読ませる一冊だった。

  • 最後の最後のページまでハラハラさせてくれる。そして、最後の最後の一行までグッとくる。
    こんなカッコいい主人公、今のミステリー小説にいない。星を一つ減らしたのは、ヒロインがちょっと気になったから。

  • 翻訳したものは・・・
    カタカナに弱い私は名前を覚えきれない(;´Д`A ```

  • フランシスの最高傑作のひとつ

  •  数あるディック・フランシスの作品の中で、5本の指に入る傑作だと思うのは、主人公の若さによるものが大きいのではないかと思う。20代前半の主人公は、若く、無鉄砲で、ロマンチックである。

     だからこそ、自分の命を賭け物にしたようなことができるのだし、それをしたくなるような情熱のほとばしりが素直に納得できる。同じようなことをする中期以降のスペンサーがバカに見えるのとは対照的だ。

     恋愛物としての共感度も個人的には素直に高い。特に、ミステリとして一応の解決を見てから後の展開は、かろうじてミステリ的な興味を残してはいるものの、恋と友情の物語であり、蛇足といえば蛇足なのだけど、独語のさわやかな後味には絶対必要なエピソードだ。けっこう胸がきゅんとする。

     若さっていいな。

     敵を一歩一歩追い詰めていく流れや、いきなり始まるこの小説最大の山場は見事だし、なんといっても元騎手という経歴だからこそ書けるような描写にあふれている傑作であると思う。シリーズ中再考の名馬も登場するし。

     が、ちょっと覚めて見るなら、エリートVS成り上がり者って構図がちょっとだけ合って、作者の気の使い方はわかるのだけど、ちょっとイギリスくさく感じる要素がないわけではない。

  • ディック・フランシスのデビュー作。
    若々しく、すべての良さの萌芽が現れています。

  •  あらすじ: 濃霧のなかで蹄鉄がぶつかりあう鋭い音が響く。騎手のビル・ディヴィットソンが、最後の障害を跳ぶべく馬の態勢を立て直していた。アドミラルは本命馬にふさわしくその力強い後半体の筋肉を盛りあげ、緊張し、跳んだ。完璧な跳躍。鳥のごとく宙に浮き、、、次の瞬間落ちた。そしてビルは死んだ。信じられない突発事故、いや、これは事故なのか? ビルの親友アラン・ヨークはその疑いに抗し切れず、ただひとり事件の謎を追う

     
     英国の競馬のシステムがいまいち理解しがたいのと、ちょっと恋愛シーンがいまいち、、、かな。ただ、“競馬スリラー・シリーズ”第1作としてやはり読まねば♪

  • 言わずと知れた競馬シリーズ第一作目。とにかくシリーズ全部読め〜!!

全12件中 1 - 10件を表示

ディック・フランシスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ディック フラン...
ディック・フラン...
ディック・フラン...
有効な右矢印 無効な右矢印

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)のKindle版

ツイートする