騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 44人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (4)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Dick Francis  菊池 光 
  • 早川書房 (2003年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150707378

騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は英国の選挙戦の内幕もの。

    はでな山場があるわけじゃないけれど、相変らず読み始めると本を置かせない。

    フランシスの描く主人公は、ストイック、寡黙(に見える)、落ち着いていて判断力に富む、何らかの専門知識を持つ、そして不屈、だけれど喧嘩はそれ程強くない、こんな感じ。

    本作ではこの属性が17歳の少年に与えられている。ちょっと、いや、だいぶ老成した少年になってしまったようだ。

  •  例によって再読。

     フランシスの小説としてきわめて異色なのは、主人公が17歳の少年であるということだけではない。政治を取り扱った作品も初めてだし、ある意味で主人公が二人いる物語も珍しい。

     17歳の少年が主人公といっても、視点となるのは後の「私」なので、それほど主人公が子供っぽいわけではない。むしろ皮肉のひとつも言いたくなるほど、大人びている。
     それでもなお、ある意味で真の主人公とでも言うべき父との関係は、例えば「骨折」などで描かれたものの単なる逆というのではない素直さを持っていると思う。成長物語としてもすてきだし、本当の主人公の姿を浮き彫りにする手段としてだけだってなかなか効果的だ。

     政治を扱っているのは、常に新鮮な舞台を指向するフランシスらしいといえばそうなのだけど、どうやらそれだけではない。いわゆる推理小説の「殺人事件が起こりその犯人を捜す」という枠からは完全に外れた、ほとんど政争がメインになっているような雰囲気は、この物語の根本を支えている。むしろ、こういう構造を描き出すために、戦いのリングとして政治を選んだのではないかと思いたくなる。それほど、効果的だ。

     実はたくさん出てくる女性も、そして敵役もそれぞれにインパクトがあり、とっても楽しく読めた本である。それでも、もう一つのめり込めないのは、たぶん「時間の流れ方」が僕の好みではないのだ。物語のテーマとして、こういう仕掛けを作っていくのはわかるのだけど、それでもちょっと冗長な感じがするし、仕掛けのねらいほど生きていないかなと思ってしまった。

     すごくおもしろいんだけど、フランシスならばもっと書けたんじゃないかっていうのが正直なところ。あと、こればかりは菊池光訳ではない方がおもしろいかもしれない。村上春樹だったら、どんな風に成長を表現するかな、って考えてみたりもする。

  • 相変わらずディック・フランシスの主人公はクールでかっこいいですが、ちょっと10代にしては出来すぎの息子さんかも、と思いました(^^;)

  • 緑色の背表紙のハヤカワ文庫。これがうちにはとてもたくさんあります…
    ディック・フランシスの36作目。文庫では2003年発行、原著は97年の作品です。
    もう何度読んだのか、わかりません。
    フランシスをまだ読んだことのない人はとても幸せだという言葉があります。まったく、その通り〜これから40冊も読める楽しみが残っているのですから!(^^)

    フランシスの作品は一作ずつ独立していますが、主人公の男性の一人称で語られるのは共通しています。
    職業年齢は様々ですが、意志が強く、思いやりがあり、何らかの専門知識がある所も共通点なのです。30歳前後が一番多いでしょうか。

    さて、この作品は主人公のベンが17歳と若いのが異色。
    環境の変化への戸惑いや端々にあらわれる素直さなど、特に最初の方に初々しさがあるのが新鮮ですね。
    大学入学前の猶予期間にアマチュア騎手になっていたベンが、いきなり解雇されます。
    理不尽な仕打ちが実は父の意向で、騎手を諦めさせるため。議員の補欠選挙に出るために家族の応援を必要としていたのでした。
    早く母を亡くして伯母一家に育てられたベンと父の間には距離があったのです。

    反発も感じつつ、カリスマ性のある父を誇りにも思うベン。あっと言う間に生臭い選挙戦に巻き込まれます。このあたり、政界の描写がリアル。
    敵対していた前議員の妻オリンダの派手な押し出しも印象的。
    素直で感じの良いベンは、次々に出会うおばさま方の信頼を得ていくのです。
    さらに、父を失脚させるための陰謀で危険にさらされ、急速に成長していく…
    一番の傑作とは言いませんが、フランシスには、はずれ無し!です。

全4件中 1 - 4件を表示

ディック・フランシスの作品

騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)はこんな本です

騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)のKindle版

騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)の単行本

ツイートする