殿下とパリの美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 21人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Peter Lovesey  中村 保男 
  • 早川書房 (1995年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150747091

殿下とパリの美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 殿下シリーズ3作目。
    ラヴゼイのユーモラスな歴史ものミステリです。

    19世紀末。
    英国皇太子バーティ(ヴィクトリア女王の長男)は、パリを訪れていました。
    ムーラン・ルージュで事件が起こり、皇太子は旧知の女優サラ・ベルナールと共に、謎を解明しようとする。
    パリが大好きな遊び人のバーティ。
    秘書官の目をくらまし、御付きも連れずにあちこちに出かけます。

    長年の知り合いである伯爵家の娘ロジーヌの婚約者が、ムーラン・ルージュで射殺されたのだ。
    大人気のダンサー、ラ・グリュが派手な登場をしている最中で、皆押しあいへしあいして見ようとする人ごみの真っ只中だったので、誰も人がしていることは見えなかったという。

    じつは婚約は親が話を進めたもので、ロジーヌは画家に熱を上げていたため、その画家が逮捕されてしまうが。
    サラと警察を尋ね、画家に面会し、背景を探る。

    ムーラン・ルージュの華やかな賑わいの様子や、画家のロートレックとの出会い。
    貴族出身の画家ロートレックの骨折で足が短い姿には驚くが、実際には身長は低いといっても160センチぐらいはあったというのに、こちらがびっくり。
    サラ・ベルナールとの恋の駆け引きなど、当時のパリの雰囲気がたっぷり。
    豪華な食事は一緒に楽しむものの、皇太子の華麗すぎる恋愛遍歴がサラに指摘されて、なかなか上手くはいかないのですが。
    サラは「神のごときサラ」と世界的に評され、素晴らしい声をしていて、殿下は初めて舞台を見たときからと、とりこに。
    すでに関係があると大方からは思われているのに、実は違ったという。

    保養地にいる皇太子の妻アリックスとは、長々と手紙を書きあっています。
    これは実際にそういう感じだったんでしょうね~。事件にかかわるなとアリックスが心配するのはフィクションとしても。
    1993年の作品。

  • 殿下シリーズ第3作。少しずつパワーダウン。本作で最後か。

全2件中 1 - 2件を表示

ピーター・ラヴゼイの作品

殿下とパリの美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に登録しているひと

殿下とパリの美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

殿下とパリの美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする