ガラスの鍵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 35人登録
  • 3.93評価
    • (5)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Dashiell Hammett  小鷹 信光 
  • 早川書房 (1993年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150773045

ガラスの鍵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハメットらしい硬質の文体で無駄がなく楽しい。

  • 1931年の小説だけど、今読んでもけっこう新鮮。そうかこういう話だったんだ。
    話の軸は二つで、チンピラたちのなわばり争いと上院議員の息子の死。
    チンピラたちの親分ポール・マドヴィッグが上院議員の娘と結婚しようとするところから二つの軸が重なっていきます。
    主人公はポールの右腕で賭博師のネド・ボーモン。
    で、この人意外と……弱いんですよね。
    深く考えずに動いて窮地に陥ったり、なぐられてへこんじゃったりと、
    想像していたハードボイルドのヒーロー像とはだいぶ違う。
    だからこそかえってリアルで、身近に感じてしまう。
    この小説の特徴はなんといっても心理描写を排した客観描写。
    行動と会話のみで成り立っているのでスピーディーにスラスラ読める。
    ちょっと映画みたいな感じもしました。
    ハメットにおける映画からの(あるいは映画への)影響というのはとっくに論じ尽くされているんだろうけど。
    結末や題名の由来を見ると、非情なようでわりあいセンチメンタル。
    んー、これはひとことではまとめられない小説です。
    「古典はいつでも新しい」というのはたしかに真理。読んでみるもんだ。

    杉江松恋『読み出したら止まらない! 海外ミステリーマストリード100』とその連動企画であるこの記事
    http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20140501/1398901056
    に背中を押され、読んでみました。
    しかし畠山さんと加藤さんの記事を先に読んでしまったせいで、
    ネドとポールの仲がBLに見えてしまって困る!
    そういう先入観で読むとこの物語もネドとポールと上院議員の娘の三角関係を描いているように見えてきちゃって……ううむ。
    いや、まあ、これがホモソーシャルってやつなんでしょうね。よく知らないけど。
    ガイドブックでは光文社新訳文庫がテキストでしたが、小鷹信光ブランドにひかれハヤカワミステリ文庫で読んでみました。
    小鷹さんの訳はきびきびしていてクール(なんだと思う。正直なところ私には翻訳のよしあしはよくわからない)。
    末尾の小鷹さんの文章は「『ガラスの鍵』についての七つのメモ」という題通り、解説というよりほとんどメモ。そっけないけどそそられる。このメモ自体がハメット的なのかも?

  • いろいろな意味で私にとって凄く良かった一作。
    この人の話は、ミステリーを主軸に読むとがっかりしてしまうと思う。登場人物の姿や行動を見ているのが一番。喧嘩の場面が好き。時折考え込む主人公の姿が好き。
    心理描写を小説でしないとは、なんとメインの武器を使わずに戦うようなものだと思うけど、それでも味があるなんて!
    それこそ映像や絵で表現するほうが合っているのかと思いきや、文字だけでも、巧みな表現が!!
    訳者の小鷹氏の解説も秀逸。
    私はこの作家が好きなのかもしれない。
    大久保康雄訳のもぜひ読みたい!

全4件中 1 - 4件を表示

ダシール・ハメットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
エラリー・クイー...
アゴタ クリスト...
ダシール ハメッ...
パトリシア・コー...
ジョン グリシャ...
ダシール ハメッ...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラスの鍵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガラスの鍵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガラスの鍵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)はこんな本です

ガラスの鍵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)の文庫

ツイートする