ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 326人登録
  • 3.48評価
    • (15)
    • (41)
    • (66)
    • (8)
    • (0)
  • 35レビュー
制作 : 大庭 忠男 
  • 早川書房 (1988年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150775513

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • またまた、読みました。

    次々と当たりを引いているのか、
    私がモース警部の捜査方法に慣れてきたからか、
    どんどん面白さが増してきているような…

    今回のこの本は、モース警部登場の記念すべき第1作。

    モース警部がなかなかに気負っている様に感じるところも多々あるけれど、
    それも初登場ならではのご愛嬌、かな。
    (コロンボさんも第1作では割とこざっぱりしていましたものね。)

    今回の事件はバスがなかなかやってこないため、
    ヒッチハイクでウッドストックに向かった二人組の女の子、
    その後、そのうちの一人が惨殺されて酒場の駐車場で見つかるが
    一緒にいたはずの娘が何故か名乗り出てこない…。

    半ば強引なムードを感じたところもあった、
    無駄に鬼籍に入られた方もいらした。

    でも、後半はほんとに「どうなる?どうなる?」と読み続けて、
    夜更かししてしまった!

    やっぱり読んでいて、もう少しで何かがわかりそう、
    手がかりがつかめそう、となっても、
    『でも、まぁ今日はもう遅いから、明日でもいいやぁ~』となったら、
    そのミステリは、大したもんじゃございません。
    もうその続きだって、読まなくても良いんじゃない!

    そして驚きの事実が判明、
    部下ルイス巡査部長は、モースよりも年上であった!
    これにより、また随分と味わいが変わってきますなあ。

    ともかく、この本の発売当初、
    「わ!すごく面白い本が生まれた!」と
    ミステリファンがおおいに喜んだことを想像するだけで、
    無性に嬉しい気持ちになってくる。

  • コリン・デクスターも全部大好き。最終巻を読んだときは号泣しました。なにミステリィ読んで泣いてんの?って思った・・・。

  • びみょ。おもしろくないわけではないんだけど、翻訳がよろしくないのか、どうにも読みにくい。ところどころ「たぶんここは笑いどころなんだろうなあ」と思うような部分はあったが、つかみきれなかった。筋書きとしては、レイプされた若い女性の殺人事件をめぐって主任警部モースがいろいろ操作を続けながら真相を究明していく物語なのだが、この主任警部は終盤まであまり冴えない男で、けっこう推理を何度も外したりする。かといって、最後のなぞ解きが予想よりも鮮やかなわけでもなく、ちょっと消化不良気味。

  • (蔵書管理)性格悪いとこがいいんだよなー

  • 前から気になっていた作家です。オックスフォードが舞台ということはイギリスですよね?二人の女性がヒッチハイクしたが、一人が惨殺死体で見つかった。主人公はモース主任警部。中年の独身らしい。この作品では、ある女性と恋に落ちるが…。いわゆるパズラーな作品と言えるのだろう。あとがきでは、島田荘司との類似を指摘しているが、読んだことがないのでわからない。犯人については、なぜかなんとなーくわかってしまった。犯人のおちについて読んでびっくりという感じではなかったし。でも、けして読みづらいわけではなく、モース警部に愛着すら感じてしまった(笑)。

  • ウッドストック行きのバスを待ちきれなかった若い女性2人はヒッチハイクをするが、そのうちの1人が死体で発見される。
    モース警部とルイス主任刑事が捜査を担当する。

    多分70年代、イギリスのオックスフォード。
    科学捜査的な部分はほとんど無く、天才モースの刑事の直感がメイン。それも割と雑(に感じる)。

    あんまり納得できない解決でしたが、シリーズ最初なので、もう何冊か読んでもいいかな。

  • 幅広いミステリのジャンルの中でも「本格」と呼ばれる分野に、それ程の興味は無い。といっても、私がミステリ愛好家となったきっかけは、多分に漏れずエラリイ・クイーン「Yの悲劇」の絢爛たるロジックの世界に文字通り感動したからなのだが。要は物語としての強度があるか否かだ。驚天動地のトリックや〝どんでん返し〟が幾ら仕掛けられていようと、納得できるストーリー展開や登場人物、文章に魅力がなければ、「本格」についてはシノプシスを知るだけで事足りる。

    本作は、シリーズとしては既に完結しているモース主任警部登場の第1作。殺人事件自体はいたってシンプルなものだが、モースがさまざまな仮説を立てながら、中途で明かとなる新事実に基づいて再構築していくアクロバティックな謎解きが一番の読みどころなのだろう。探偵自体がミスディレクションの役割を担っているため、当人に興味のない証拠類は読者に提示されない。現場検証もおざなりで、部下に対するモースの指示も真意を隠す場合が多い。後に伏線と分かるが、事件関係者である女に一目惚れし、何故か成就しかけるというサイドストーリーも挿入する。
    モースの個性は、いかにも「本格派」の探偵役にいそうなタイプで新鮮味は無い。肝心の推理については、終盤の〝どんでん返し〟直前までは面白い。真犯人の動機が理解できない私には、デクスターはきっと「高尚」過ぎるのだろう。

  • 全編、モース警部による推理の「構築→解体」の試行錯誤であり、ラストまでもったいぶってようやく推理を開陳する一般的なスタイルとは違うところが楽しかったです。解説にもありますが、現代が舞台なのにしれっと「科学捜査」を無視しちゃう手法も面白いです。潔いw

  • ミステリの金字塔とも言える作品のひとつ。登場人物がみんないい感じに堕落してるとことか、おちゃめなモースとマジメなルイスのコンビの噛み合わないやり取りとか、トリック以外にも楽しめる要素がたくさんあった。あと意外とエロい描写も多い笑

    読み終わったあとクロスワードって言われると、確かにしっくり来る。引き込まれました。

  • ウッドストックへ行こうと2人でヒッチハイクしたうちの1人の娘が殺されるというミステリー
    ネットも携帯もない時代の本はひとつひとつじっくり足で操作するからミステリーはこうでなくちゃと思う

    モースという警部が、小さなヒントをきっかけにあれこれ推理して憶測をたて全体像を構築し、違うヒントでそれが少し崩れ、また修正しながら推理をして構築してはまた新しいヒントが出てきて修正しながらまた構築していくという、なかなか全体像がつかみにくくおもしろいミステリーのスタイル。どうなるどうなる?とどんどん読めた

    訳者も書いていたが、まるでクロスワードパズルのよう。著者のデクスターはイギリスのクロスワードチャンピオンに3回なったということから、謎解きにもその頭脳を使っているらしい。
    真のミステリーファンなら、もう一度読んで別角度から楽しむんだろう

全35件中 1 - 10件を表示

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

コリン・デクスターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)に関連する談話室の質問

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)の作品紹介

夕闇のせまるオックスフォード。なかなか来ないウッドストック行きのバスにしびれを切らして、二人の娘がヒッチハイクを始めた。「明日の朝には笑い話になるわ」と言いながら。-その晩、ウッドストツクの酒場の中庭で、ヒッチハイクをした娘の一人が死体となって発見された。もう一人の娘はどこに消えたのか、なぜ乗名り出ないのか?次々と生じる謎にとりくむテレズ・バレイ警察のモース主任警部の推理が導き出した解答とは…。魅力的な謎、天才肌の探偵、論理のアクロバットが華麗な謎解きの世界を構築する、現代本格ミステリの最高傑作。

ツイートする