悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

  • 3783人登録
  • 4.11評価
    • (655)
    • (427)
    • (423)
    • (24)
    • (6)
  • 541レビュー
制作 : Agota Kristof  堀 茂樹 
  • 早川書房 (2001年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200021

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール オースタ...
川上 弘美
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

  • 重いテーマを重く描く、
    悲しい出来事をセンチメンタルに描く。

    そういう当たり前の描き方ではなく
    悲惨な出来事を感情の動きを廃して
    淡々と行動のみを子供の視点から
    子供が書いた日記という体裁で
    描かれている。

    一つ一つの出来事は相当に衝撃的で
    悲惨な出来事なのに、
    ある種サラッと行動のみが書かれていて
    受け止め方に困る。

  • 目についたから軽い気持ちで読んでみたら割と衝撃を受ける小説。何の前知識も無く、「にんじん」みたいな小説かな?と思っていたら……。

    ずるくて、冷酷、残忍、時に温かで愚かしい人々を徹底した客観性をもって記述する。主人公の双子である「ぼくら」の心理は何も書かれない。だから読者である私は、誰かの心をなぞらずに、登場人物たちと直接対面することになる。おばあちゃんも女中も兎っ子も強烈な存在感だ。

    それと書かれていなくても、善悪も好悪も愛憎も入り混じってそこに在る。高潔な悪が在り、俗悪な愛が在る。私は彼らをどのようにも言い切る事はできない。彼らはみなただ彼らの生を生きているのだな、と思う。

    想像もしていなかったラスト。次の「ふたりの証拠」が読みたい。

  • 一気に読みたい本。
    誰か映画化しないかと思う。

    って奈良さんと同じ感想になってしまったよ。。。

  • 双子の日記には淡々と事実だけが綴られる。その中には深い悲しみや絶望が含まれている。
    戦争の中、悪童たちは盗みや殺人、あらゆる非道を行う。しかし彼らは、自分たちの真実に基づいて行動しているだけのように見える。

    戦争が終わる前、学校で離れ離れになるだけで失神するほどその距離に耐えられなかった双子は、戦争が終わった後、1人が国境を越えて離れ離れに生きるという選択をする。なぜそんなことをしたのかわからないが、それは2人がつよい決意のもと、生きる上で必要な選択をおこなったのだろう。

  • オススメされて読んだ本なのだけど、
    オススメして貰ったことを感謝したい一冊。

    解説を読むと原題を直訳すると
    “大きなノートブック”になるらしいから、
    「悪童日記」という邦題は非常に秀逸かと。
    確かに“悪童”であるかもしれない。
    しかしそれはこの時代の中で、
    生きるための、生き残るための術であり、
    そうかといって真に悪なのではなく、
    彼らだけのルール・主義・信念があり、
    それは読んでいる間に痛快にすらなってくる。
    “悪童”とは反語でしかないわけで、
    むしろ“恐るべき子供たち”ということか。

    もしも兎っ子がレイプされた上で殺されたとしたら、
    2人は一体どういう行動をとったのだろうか?
    そんなことを考えてしまった。

    文体も非常に面白い。
    主人公は2人のはずなのに文体は一人称っぽくて、
    思うことも感じることも一心同体の2人というのを
    その部分でも表していたのかも。
    だからこそ、ラストシーンは衝撃で、
    続篇が気になって仕方ない。
    近日中に読まなければ。

  • 映画化で注目されているので、数年ぶりに再読。

    初めて読んだ時の衝撃は、再読しても変わらず。
    感情という感情全てを削ぎ落した文体から、
    行き場のない怒りと悲しみが滲み出ているようだ。

    数年前はただただこの内容に圧倒されて貪るように読んだけれど、
    今回は註釈もじっくり読みながら、この世界に浸る。

    第二次世界大戦中、ハンガリーを舞台にした物語。
    あくまでも淡々と綴られていく双子の日記。
    痛みに耐えるためにお互い傷つけ合い、
    言葉の暴力に耐えるために言葉でも傷つけ合う。
    飢えに耐えるために断食をし、
    学校へ通わなくとも独学で勉強をする。

    双子の感情は一切描写されていない。
    読後に何とも言いようのない乾いた痛みだけが残る。
    本当に恐ろしい小説だ…

    それでも、これからもきっと双子に会いにこの本を開く気がします。

  • 主観を排し事実のみを綴る手法で、正義や悪などの分類分けができない双子の倫理観を客観的に表している。そこに惹かれた。
    物語によって読者の感情が誘導されるというよりは、読者が自分の感情や倫理観を客観的に探していく過程が生まれる手法だと思った。

  • たんたんとリズムを刻む
    かんたんにリズムを刻む


    でも簡単なものほど、難しいものである。




    すべて勘違いに始まる。
    まず、この本のハードカバー版をエルヴェの「悪徳」と同じだと思っていた時期があった。
    なぜか、表紙の雰囲気がどこかしら似ているような印象が残っていたのだ。
    そうして題名からジュネの「泥棒日記」と時々混合していた。
    同じく4文字、そして最後の2文字が同じ。
    しかし『とて』の話である。
    この本自体はうっすらと誰かが、ほめていたような気がするのだがこれなのか「泥棒日記」なのか「悪徳」なのか正直あまりはっきりとはしない。
    なんだかもやもやしているが、古本屋でどういう訳か手が伸びた。
    そのときにはアゴタ・クリストフのことははっきりはしていた。
    しかし名前だけの話である。
    だけれどやっぱり特には理由がないのはやはり同じだったりする。
    そうして、今に至る。




    戦時中の話だとはつゆ知らずである。
    「恐るべき子供たち」のような話だと勝手に踏んでいた。
    無邪気だが、残酷な子供たちの自堕落な青春の姿を想像していた。
    そうとも言える部分も確かにあるが、しかし物語は戦争の激化する某国で”大きな街”から、田舎の祖母の家に疎開してきた双子の兄弟の日々を、題名通り日記のように描いているそれである。
    彼らの祖母はけちなうえ乱暴で汚く、彼らを平気で罵るし、叩く。
    隣人は物乞い、町の子供は乱暴、軍人もよく出てくる、しかしだれの生活も貧しく、ぎりぎりのところにいてみな何かに飢えている。
    戦争がすべてを歪ましてしまったのだ。
    描かれる日々はそんな惨状をありのまま姿だ。
    しかし、その中にあって兄弟は非常に冷静である。
    そして暴力に、飢えに、正義に、学習に、多くの感情に非常にたいしてたくましいのだ。
    何がすごいって彼らは驚くべき信念を持ち合わせている。
    それはどんな暴力にも誘惑にも屈指ないものであり、しかしけして安っぽいヒューマニズムでもないのだ。
    なんと言ったらいいのか正直はっきりしないのだが、本当に彼らの”信念”なのだ。
    それがこの物語に流れを作り、時に優しく、時に残酷なのだが手段に人情が入らないだけ他人にはなかなかの違和感を与えるが筋はしっかりと通っている。
    これが何ともたまらないクセを物語にうむ。
    なんというか本当に思いも寄らずに引きつけられた。
    意外すぎて、自分でも少々驚いている。
    おもしろい。




    彼らは文章を書くときにこんな定義を己に課していた。


    「感情を定義する言葉は非常に漠然としている。
    その種の言葉の使用は避け、物象や人間や自分自身の描写、つまり事実の忠実な描写だけにとどめたほうがよい。」


    物語の中の日記であるが実体は私達の手元にあるその本なのだ。
    だからこそ、この物語はそれになぞらえて書かれ、言葉は無駄な動きも描写もほとんどなく、実際の動作、言葉で進められてゆく。
    作者がハンガリー出身の亡命者だということで、フランス語に不慣れなために簡素な言葉の選びが特徴、とも評されているようだが、だからこそこんな文体の物語が成立したのか。
    いいや、それではあまりにももすべてがうまくできすぎていやしないか、と私は逆に勘ぐってしまう。
    真意はわからないがその簡素さが読みやすさを生み、掴みやすく、するすると入ってくるがその中からじわりとにじみ出てくる力を持った。
    そうして、やはり日記だから主人公主体に書かれるが、それは一心同体ともとれる双子であり、”僕ら”と表現される。
    片方がこう思い、もう片方がこうしたという感情的・性格的な差異はほとんどない。
    まるでぴったりとくっついたかのように二人はひとつで、離れることがない。
    ... 続きを読む

  •  自分を自分から切り離す訓練をしたことがあるだろうか。私にはある。あなたにもあるだろう。そのことを、ここで私が誰かに「あなた」と呼びかける相手であるための要件であると言ってしまおう。

     この小説は十五の私にとってただ「よくわかるもの」だった。「よくわかるものが美しく描写されているので気味の悪いもの」でもあった。そのあたりが当時の私の言語化の限界だった。そんなものがあっていいはずがない。私は義務教育中の少女であって、だから「これは私の本で、けれども出版されているのだから私のために書かれた本ではないのだ」ということだけがわかった。うまく受け止めることができないので、暗記するほどに読んだ。そうした感情を呼び起こすシステムが文学とういものの商業的価値であり、私のような消費者はそのような書籍にささやかなカネを落とせばいいのだ、と理解するのはその数年後のことだった。とはいえ、中年になって読み返すと、いくらなんでも小説に飲み込まれて年単位で感想を言語化できないということはない。平気で明日も出勤できる。つまらないことだ。
     
     本書はやたらと巧い。本書が書かれる背景--第二次大戦中のナチス・ドイツ体制下--を鑑みるに不適切ではないかと思われるほどに、巧い。だいいちに、本書の語りの人称は一人称複数形である。これほどまでに私たちの(冒頭の要件に合致するような人間たちの)要望に合った表現があるだろうか。以下に本書の前提条件を記述する。

     ある種の人間は自分を分割し、その片割れとだけ、手を取って生きようとする。それ以外の自己認識を持つことができない。
     
     さて、本書の主人公はふたごの少年である。あるいは自分をふたごの少年だと認識している者である。それらの意味は本書において等価である。一人称の外側が完全に排除されているためだ。彼らは第二次大戦中、ナチス・ドイツの領土のひとつで育つ。都市は迫害と飢えに満ち、伝手のある親は子を体制の締め付けの弱い地域へと逃がす。疎開というやつだ。主人公は疎開児童(たち)であって、そのサバイバル日記が本書、というのが、取り急ぎの体裁である。どうですか、巧いでしょう。

     少年(たち)は生きるためにじゅうぶんなだけ賢明なので、まずは苦痛を切り離す。これはたいしたことではない。今の日本でもそこいらの人がやっていることだ。とはいえ戦時下だから急いで実行する。私たちはその速度と精度に息をのむ。彼らは食べるために家畜を殺すことも、家畜でないものを殺すことも、次いで人を騙すことも、もちろん殺すことも、平気になる。

     彼らはそれから、愛着を切り離す。これはなかなかの難行だった(と私は思う)のだけれども、彼らはやってのける。息もつけないほど巧妙に。だって、愛していては生きていられないからだ。想像できないって?それなら本書を読むといいですよ。想像できる人が読んだらなおのこといいと思うけどね。

     サバイバルの物語の常として、彼らは彼らを規定していた境界を越える。そのために犠牲になるのは愛着の最後の一線である。そういうのってすごく当たり前のことだ。そうして当たり前のことを書いた小説はなかなか見つからない。よろしいか、これはただ一冊の小説、ただのフィクションなのですよ。巧みにすぎて浅い吐き気がする。

     自分を自分から切り離す訓練をしたことがあるだろうか。その報いを受けたことがあるだろうか。感情を感じない処置をしたあとしばらくすると、私たちは感情に復讐される。感情はその取り分を取りにやってくる。感情は厳密で吝嗇だ。びた一文も負けやしない。

     本書の主人公が切り離したものごとに復讐されるようすは、本書の続刊において子細に描写される。それもやけに、とても、美しく。本書と同じように巧く。読んでください。そう、あなた、このよ... 続きを読む

  • 淡々と綴られる文章のその余白に、感情を読み取ろうとしてしまう。

  • 読み終わって、凄いタイトルだな、と。
    中々に陰惨とした出来事溢れる内容でしたが、湿度の高いいやらしさを感じず、もやもやする事もないまま普通に楽しめてしまって、凄い作品だなと圧倒されてしまいました。
    なんなんでしょう、この感じ。
    酷い内容と言えば酷いんですけど、それだけじゃなく作品としてしっかりしてる。
    双子はただの愉快犯だとかサイコパスではなくて、彼らの信条を貫き通しているからでしょうか。
    好き嫌い分かれる作品だと思いますが、一度読んでみて損はないです。

    固有名詞等は出てきませんが、時代背景やモチーフはとてもよく伝わります。
    これって映像化もしたんですっけ?ちょっと見てみたいです。

  • 地名は書かれていないが、第二次世界大戦のハンガリー国境が舞台というかモデル。
    大きな街から疎開で母親から祖母に預けられた双子の少年。
    魔女と呼ばれる吝嗇の祖母から牝犬の子と呼ばれる二人は、痛いことをされると泣いてしまうのを克服するため、二人で体を殴り合ったり、罵り言葉をぶつけたり、勉強のための文具を手に入れたり、たくましくなっていく。
    その間に彼らが見る客観的な、主観性を排除した作文群

    子供目線の透徹した戦争への視点は、赤裸々で、胸に迫る。
    女は性で生を買う。彼らもバイでマゾヒズムを持つ将校に可愛がられる。貧困で狂った母を持つため町の隅にいる兎っ子は愛に飢えて常には犬を、小遣い稼ぎに司祭様を、最後は占領軍の兵士十数名を相手にし死ぬ。強制収容所が爆破されたときはそこであまたの死体も見る。彼らに靴をくれた人は連行された。連行された列をからかった女史の竈は爆発した。兎っ子の母親が燃やされたい意思もおばあちゃんが二度目の卒中があったら死にたい意思も助ける。
    こんな内容なのにユーモアがあるのは彼らが未来在る子供だからだろう。
    生き延びる方法を、純粋に探っているのだ。自分たちのかわいさを武器にするのも当たり前だ。機知に富んだ愛すべきクソガキども。こういう強かさを、クソガキさを、彼らのように隠すべき時は隠して(ここ大事)、けれど常に持っていたい。
    いやしかし父親まで踏み台。これが戦争だ。ってこと、これが戦争が起こすことだってこと、世界の人に読まれてほしい。

  •  好きだとかなんだとかいう曖昧な言葉を取り払って紡がれた物語。語り手の感情が描かれていないのにこちらの感情はひどく揺さぶられる、なかなか新鮮な一冊だった。
     話が細かく区切ってあって、切り替えがわかりやすかった。沢山の出来事を混乱せずに読めた。

     しかしラストがとても、えっそうなるの、という具合で放り出された気持ちで落ち着かなくなってしまった。
     ブクログに登録するために検索かけたら続編の存在を知りうわーってなってるのが今。読みたいような読みたくないような。

  • 戦争中に田舎に疎開してきた双子が書いた日記の形式で構成。読みやすい。日記だけど心情は書かれていない。「ぼくら」は何を見た/聞いた/したと客観的に書かれていて不思議な感じ。

    殴られて痛みを感じるのが嫌なので、互いに殴りあって体の痛みを感じなくなるまでも鍛える。言葉の暴力に傷つくのが嫌なので、互いに罵りあって心の痛みを感じなくなるまで鍛える。

    極限状態で生き残るために彼らが編み出した自立のためのプロセス。でも強くなる代わりに無くしたものも多いようだ。

    二人で一個の人格のようだったが、ラストで唐突に別れる。これも内面があまり描かれていないのでびっくりしたが、三部作らしいので続きを読めばわかるかも。

    先に映画を観てた。原作に忠実だった。

  • 戦争により<大きい町>から<小さい町>に疎開した双子の少年が書いた作文、という形式の本著。双子はおそらく小学生ぐらいではないかと思われる。

    子供の日記かと思いきや、感情や主観的な推測は排し客観的事実・真実の描写をすると作文のルールとして彼らの間で決められているため、なんだか科学論文を読むような感じがあった。そのせいか、死、労働、飢餓、性行為、サディズム、拷問、暴力、強制収容、計画的集団殺戮等の重いテーマが含まれていても、感情的にならず、少年の目から見た事実(フィクションだけれども)として読み手は受け取ることができる。

    しかし、この少年らは末恐ろしい。双子をそれぞれ区別されてはおらず、二人で一つの確固とした「個」を有している。戦時中という殺伐とした境遇にも関わらず、彼ら自身で労働を覚え、自主学習し、残酷さをものにし、したたかに生きていく。教会といった権威に巻かれず、自分自身を過酷な状況でも耐えられるように鍛錬し(痛み、断食、乞食、不動)、外国語を覚え居酒屋で歌ったり踊ったりして稼ぎもする。祖母の安楽死も手伝う。

    最後、戦争終了後、彼らは国境を越える算段を持ちかけた実父をうまく利用し(手りゅう弾で死亡)、一人は国境を越え、もう一人はそのままおばあちゃんの家に残ったところで唐突に終わった。例の作文なので心情は描かれていない。一心同体だった双子が道を分かれた後、どうなるのか非常に気になる。

    解説によると、『ふたりの証拠』『第三の嘘』と三部作らしいので、続きを読みたいと思う。

  • 人間の凄み 軽く見たらいけない。別れのあっけなさ。苦しみの無駄な長さ。読んでためになった
    軍隊怖い。軍隊の一員と自認したら人は煩悩を背後から宇宙に応援されてるかのようにぐんと強く硬くしてあけぴろげにして悪魔
    双子の冷徹さが自分の子供のときとちょっと重なって感じた
    面白いのは双子の、二人の関係はないかのような、一心同体っぷり
    演劇にでてくるような?キャラクターのわかりやすい描き方

    恋人みたいに大切だったお母さんと別れておばあちゃんと暮らすことを自分で選ぶときのきもち なにも書かれてないけど衝撃はすごいあっただろう

  • 今年読んだ本の中で一番の衝撃だった。重苦しい内容なのになぜか清々しい。一人称が「ぼくら」の複数形で書かれており、彼ら(双子)は絶対に2人でひとつでなければならないのだなぁと思った。それはもう奇妙なほどに彼らは物語の初めから終わりまでずっと一緒だった。
    物語では生々しい性的な描写が多かったように思う。将校と双子が一緒に眠る場面などではよく意味がわからず、ネットで調べてやっと理解した。
    戦争に負けて、将校や将卒がおばあちゃんの家を出た後どうなってしまったのか..私にはそこまで理解することができなかった。
    まだ16だからかも知れないが、知らない事が多く理解できない場面がたくさんあった。でも、こういう少し奇妙な本を読んでみたいと思っていたのでとても面白く読むことができた。大人になったら再読したい。

  • 2009年初読、2014年再読。
    私は生き延びられるだろうか?非常時ではないけれど、突発的な非常事態のリスクはあるのに、鍛錬が足りない気がする。
    ふたりの状況判断、決断力に惚れ惚れする。おばあちゃんもすごい。露わになる人間の品性と、記録文のごとく淡々とした文体が合わさって、とても独特の世界観も好き。

    例えば、人を神にかわってのように罰したりはしないから、実際の行動は違うけれども、通常の社会の概念では、非難されるだろうことであっても、自分達で考えて決めて行動しているという意味で、この双子の生き方にとても共感する。
    (二元的な正義感で行動した、ここの部分はこのふたりが、たくましいけれどやはりまだ子どもであることを思い出させてくれたような気がする)

  • 知人に勧められて購入。
    かなり有名なんですね。10月には映画公開だそうで。

    ここしばらく読んだ中では群を抜いて面白かった。
    双子の兄弟が、固有名詞も感情も抜きでただあるがままを淡々と書き綴った日記のような作品。
    一話一話が2~4ページと短い。
    こう書くと面白いのか?と思われそうだが、面白い。
    エンタメ要素もあるし、戦争やあの時代への風刺でもあり、受け取り方は人にもよるのかもしれない。
    淡々とした子供目線で書かれることによって、戦争やその当時の辛さが逆に素直に刺さってくるように思う。

    双子のなんでも特訓するところとか、平然と性行為や恐喝や殺人をやってのけるところとか、大人以上に大人じみてるところとか、確かに少し化け物じみてると思われそうだけど、あの当時を生き抜くにはこれくらいの強さがあった方が生きやすかったのかもしれない。

    許されない行いもあっただろうけど、それでも双子が恐ろしい程純粋で美しく思えて仕方ない。
    三部作らしいので続きも急いで買ってこよう。

  • 双子の少年たちの日記という体裁で文体はきわめて簡潔で読みやすい。第二次大戦期ハンガリーの農村でしたたかに生きる「ぼくら」の、時にほほえましく時におぞましい日々の活動の記録。
    苛酷な現実を見据えつつ決して感傷を交えずユーモアさえ感じさせる語り口は、中東欧の作家ならではのものなのだろうか。とっつきやすさ・力強さを兼ね備えて広く読まれてきた理由がよくわかる。

  • 20130810読了。
    双子の男の子が戦時下の国境の町でたくましく生きていく話、と書けば生き生きとしているように思われるかもしれないが、実際はそうではない。1人称は「ぼくら」だが、二人いるとは感じられない。全く感情が感じられず、淡々と、しかし戦争の事実が残酷なまでに描かれている。
    「悪童日記」というだけに確かに悪童なのだが、子どもの純粋さと戦争のむごさが重なって、やっていることのひどさに麻痺してしまう。
    なんとも奇妙な読後感。

  • おそらく(作中には明記されていないので)、
    第二次世界大戦中のハンガリーを舞台に祖母の家に疎開させられた
    双子の兄弟の成長をつづった作品。

    各章がショートショートの長さで、双子が練習すること、勉強すること、日々の生活、瞰的な視点で淡々と描かれていきます。
    作中に出てくる双子の作文の練習法に似ているのかな?
    主観的な、曖昧な表現を使わず(たとえば「好き」とか)語られるせいか、
    双子の当初抱いたイメージとはギャップのある残酷さと、
    得体の知れない強靭さと恐ろしさを深く感じます。

    無邪気からなのか計算ずくなのか分からないところ、
    妙に思い切りの良い行動、
    戦時中ゆえかもともとの気質かとにかく正体不明の怖さがありました。

    決して何でも知ってる大人の視点から描かれないので、
    たまに出てくる戦争の状況やヤダヤ人の迫害、
    直接的でないからより悲惨さがじわじわときます。

    軽く読み薦められるけどズーンとおなかが重くなる、
    不思議な一冊。

  • 生き延びるための文体。

  • 久々に強烈な本を読んだ。
    戦争ものだと思ってたから、「戦場のピアニスト」みたいなやつかなと構えてたら、なんか違う。
    いや、怖いよ。
    戦争でおばあちゃん家に疎開することになった双子の男の子(僕ら)。戦争下で人の心が脆く小さくなっている中、僕らは一心同体で生きていく。精神を鍛え、身体を鍛え、勉強し労働する。強くなるのだ。
    この本にはいろんな読み方があると思う。私の頭の中じゃ、まさにMONSTERのヨハンが二人いるって感じで読んだ。一体どこに行き着くんだろうな、この二人。
    続きが気になります。

全541件中 1 - 25件を表示

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)の作品紹介

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理-非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)の単行本

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)のKindle版

ツイートする