遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

  • 843人登録
  • 3.51評価
    • (35)
    • (100)
    • (122)
    • (22)
    • (2)
  • 104レビュー
制作 : Kazuo Ishiguro  小野寺 健 
  • 早川書房 (2001年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200106

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イシグロ作品読破ツアー3作目です。
    静謐な文章に惹かれるが、疑問が残ったまま置いていかれ
    終了してしまう感じです。
    特に気になっているのが、悦子と二郎に何があって別れ、
    その後イギリス人と結婚・渡英にまで至るのか?
    緒方さんとのあまりに親密そうな関係は?
    フランス映画のように閉じないまま終了する作品のようですね。
    あとがきを読んで、やっと少し納得できました。
    後々まで考えさせられる作品でした。

  • 大変疲れる本だった。
    価値観の違う人間同士が、表向きどうにか平穏にやっていこうとする時の、ちっとも噛み合わない、気持ち悪いような会話が延々と続く。
    大きな諍いは起きないものの、静かに、着実に遠ざかっていくものが見える。そういう諦念を描いているように思える。
    遠い山なみの光を目指すようにして生きる女たちを描いた物語。
    評価云々というより、単純に好きだとか再読したいだとか、そういうこの本から受け取れるものが薄い気がするので★は3に。
    カズオ・イシグロ全般に言えることながら、壮年、老年になってから読むと印象が変わりそうだ。

  • カズオ・イシグロは小津映画を観ていたのだろうか。
    この物語は徹頭徹尾、会話により展開される。悦子と隣人の佐和子、悦子と義父の緒方、そして後年の悦子と娘のニキ。それぞれの会話展開に、佐和子の娘の万里子、夫の二郎、死んだ長女の景子が影を落とす。影を落とすだけでなく、家族関係が絡まってすれ違いトークが繰り返される。
    東京物語ではすれ違うのは老夫婦でなく老夫婦と子供たちの関係だったが、会話形態はどのようにも構成できるとすると、カズオ・イシグロは家族とは本来すれ違うものであると考えていて、このような処女作を書いたのだろうか。
    最後、その後悦子は何故二郎と離婚し渡英したのかという疑問が残った。多分ここはそういう命題ではなく、お腹に宿った赤ちゃんという希望で家族を幸せにまとめていけると考えている楽観が、長い時を経て崩壊していくという物語だったのかもしれない。

  • 1954年長崎生まれ、イギリス育ちの筆者による終戦直後の長崎の物語。

    そういえばこういうほわっとはじまって特に劇的な盛り上がりもなく(それを描くのが主眼ではない)ほわっと終わる話は久しぶりに読んだ。

    池澤夏樹の解説がよかった。
    「人間は互いに了解不可能である」という前提から発しながらも、ずれた会話をプロットの中心に据え、人間のありようを書き出しているという指摘。
    その会話に登場人物の属性をうまく表現した訳。
    さらにその人間性が原文でも失われておらず、それによって日本女を描くのではなくそれを超えた普遍的な人間の心の動きを書いているという指摘。
    そういうものだと考えながら読むと、もっと面白く読めたのだろう。

  • 日本を描いてはいるけど、内容はもぅばっちり海外文学でした。

  • 池澤夏樹さんの解説がありがたい

  • 解説付きで読んで良かったと思います。
    原文も読んでみたくなりました。

  • 今年のノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロの処女長編作品。
    著者は日本の長崎出身だが、幼い頃英国に渡り、英国籍を取得した英国人だ。この作品では長崎出身の女性を主人公に半分は長崎を舞台にストーリーは展開していく。
    しかしそこに表現される日本人は日本人作家が書いた作品の日本人ではないということを感じる。長崎と英国を舞台に話が展開していくが、この作品の低層に流れる雰囲気は日本の特性、英国の特性を誇示せず、普遍的なものである。作品全体に流れる薄暗い、どんよりとした感じが主人公の過去現在、また舞台が長崎でも英国でつきまとっている。この重苦しさは著者独特の世界観だろう。

  • 舞台が1950年頃の長崎、そして登場人物が日本人、話している言葉が日本語だが、これはやはり英国人が書いた小説!日本語小説と何が違うのだろうと考えながら読んでしまう。語り手の主人公・悦子が、過去を振り返り、長崎で出会った不思議な親子・佐和子と万里子を思い出す場面は興味深いが、登場人物の誰もがこれは日本人ではない!と思ってしまう。これはそっくり英国の情景・英国の背景にした方が自然な気がする。翻訳者の所為ではないだろう。イシグロ氏の美しく、静謐に感じる世界が完全な英国(英語)のものなのだろう。逆に日本語の小説が英語を母国語とする人からどう感じるのだろうと思ってしまう。

  • 最初の長編で、主人公が日本人で長崎が舞台だから読みやすい、というのを受けて読んだ、初めてのカズオイシグロ作品。
    なんなんだろう、この独特の感覚は。はじめは、戦後という時代背景や、当時の女性の言葉遣いとか、あるいは翻訳によるニュアンスなどと感じていた独特の薄暗い(でもほの明るい)印象が、徐々にこの作者のものなのだな、と見えてくる。じわじわとひきこまれていくようなストーリー。
    戦後の長崎で奔放な佐知子に出会った悦子は、当時は彼女の生き方を理解できなかったかもしれないけれど、後にイギリスで次の夫を得た彼女の人生には少なからず佐知子が影響しているのだと思う。多くを描かれない景子、ニキ、そしてその後の知れない佐知子と万里子。存在の見えない悦子のイギリス人の夫。
    何らかの終着点の見えないまま、常にずっと薄暮のなかにいるようなストーリーで、でも変化や希望が描かれているような……まだまだ初の作家さんなのでよくわからないけれど惹かれてしまう。他の作品を読んでみたいと思う。英語で読めたらいちばんよいのだけれど。

全104件中 1 - 10件を表示

カズオ・イシグロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
村上 春樹
村上 春樹
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)に関連する談話室の質問

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)の作品紹介

故国を去り英国に住む悦子は、娘の自殺に直面し、喪失感の中で自らの来し方に想いを馳せる。戦後まもない長崎で、悦子はある母娘に出会った。あてにならぬ男に未来を託そうとする母親と、不気味な幻影に怯える娘は、悦子の不安をかきたてた。だが、あの頃は誰もが傷つき、何とか立ち上がろうと懸命だったのだ。淡く微かな光を求めて生きる人々の姿を端正に描くデビュー作。王立文学協会賞受賞作。

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)のKindle版

ツイートする