スパイダー (ハヤカワepi文庫)

  • 33人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Patrick McGrath  富永 和子 
  • 早川書房 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200229

スパイダー (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009/7/7購入

  • 狂気、妄想の日記と気付いたときに「真実・真相は?」という読み方をしなければ良い。書くことにのめりこんだのか、悪化していく状況が徐々にしみていく。カズオ・イシグロの『充たされざる者』を読んだあとに続けて読んだので、現実の生活がもう、なにがなにやらわからなくなってきた。

  • ここまで丁寧な狂気の描写ははじめてかも。スパイダーの虚構にからめとられる。非常に面白いが、読み終えるのは要体力。

  • <a href="http://www.bk1.co.jp/product/2224352/p-magicant35666" name="bk1link" title="オンライン書店ビーケーワン:スパイダー" target="_blank"><img src="http://img.bk1.co.jp/bookimages/0222/022243520000_s.jpg" alt="オンライン書店ビーケーワン:スパイダー" style="border: thin outset #EEEEEE" /></a>ミステリとしての要素もでかい「信頼できない語り手」もの。作者の父親が精神病院の院長だったという経歴がものをいうのか、狂気の描写が秀逸を極めます。というか圧倒的。久しぶりに電波っぽいの読みましたが、文学性と本物が合体するとここまですごいものができるんだ!という好例ですね。ほかの著作も読んでみたい。

  • 翻訳者がスタウォシリーズの翻訳を一手に引き受けてる富永和子さんなのでこのカテゴリ。<br>
    所謂叙述トリック…?ジャンルは何だろうなあコレ。かなり早い段階でネタバレしてるし。<br>
    とある男性の日記って形式なんだけど……重度の精神病患者の妄想入り日記200ページってのはかなりキッツいって!書いた人は確かにスゴイと思う。スゴイとは思うが読む方もダメージ受けるよコレ!!←あ、これ家畜人ヤプーでも思ったな。<br>
    クローネンバーグが映画化したらしい。え?これを?うーん、どういう風にしたんだろう…ちょっと見てみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

スパイダー (ハヤカワepi文庫)に関連する談話室の質問

スパイダー (ハヤカワepi文庫)はこんな本です

スパイダー (ハヤカワepi文庫)のペーパーバック

ツイートする