浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)

  • 555人登録
  • 3.59評価
    • (23)
    • (72)
    • (78)
    • (8)
    • (1)
  • 72レビュー
制作 : 飛田 茂雄 
  • 早川書房 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200397

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初の家の話ぶりから現役を退いた画家が戦前・中を穏やかに振り返る内容なのかとざっと予想しながら読み進んだけれどどうやら違うっぽい、怪しい、と思ってから面白く感じた。
    その「どうやら」が手法なのだと気付いて感嘆。
    語りから、見えない部分を無意識に想像させながら話は過去を行きつ現在に戻りつ、主人公の姿を浮き上がらせる。
    小説に対して私は舞台背景や人物設定、言葉のセンス、形容対象への美意識などに魅かれがちなのだけれど、そういうのは小手先の魅力なんじゃないかと思うくらいの読書体験でした。文学って奥深いな~と改めて。
    主人公小野の娘達の名前や話しぶりから小津安二郎を思い浮かべたけれど、作者は影響されてるんですね(検索した)。
    たまにしか外文は読まないし理解力にも自信がないのでえらそうに言えないけれど、翻訳の力も凄いのでは。

  • M2Fにあり。

  • 戦時中は高名な画家であったという小野だが、戦後は地位を失い、今は孫と戯れる日々。自分の立場を(おそらく)強く意識しつつも、努めて抑制的であろうとしているのだろうなあと思って読んでいくと、どうも彼が本当に高名な画家だったのかすら怪しく思えてきて悲しくなった。社会に対して善い事をなした(なそうとする)自負というのはある程度の仕事をした経験のある人なら持っている人は多いと思うが、社会はどこか薄ぼんやりとしたつかめない存在で、結局はまわりの人との関係から、人生は進んでいくのかと思い、なんとも言えない気持ちになる。

  • 2017年6月26日、再読。主人公に対し、共感は持てないが、年を取ったこともないのに、年寄りの思考が手に取るようにわかるのだろう。主人公の言葉の鼻につく部分は、他でもなく自分の中にある慢心そのもののようで目がそらせない。先の戦争の清算も終わらないうちに走り始めたに戦後日本の様子がよく伝わってくる。

  • 2016/11/03

  • 過去と今を行ったり来たりしながらゆるゆると進んでいく物語。
    戦争が終わって世間の価値観は180度と言って良いぐらいに変わり、戦争賛美の絵を描いていたという理由で周囲からの冷たい視線に晒される主人公。
    自分の過去の仕事は間違っていたのだろうかと懸念しながらも、かつて「信念」を持って行動していたことは誇りとして良いはずだと自分に言い聞かせる。いろいろと理由を見つけては自分の過去を正当化したいと思う気持ち…
    私自身がもっと年齢を重ねてから読んだらもっと良く分かるのかもしれないと思いました。

  • 途中で期限来て返しちゃった。
    家の話かと始め思った。
    遠い山並みといい、なんだかすこし引っかかる主役や設定なのはわざとなのか、、、
    時代かな。

    かつて人望がありもてはやされた画家。
    戦後の斜陽。

  • 昭和初期の雰囲気でタルタルと進む(進まない)ようで、
    油断していると、一挙加勢。おっとっと。イシグロの文章はテンポが一定じゃないのです☆

    一見温厚そうなオノが、恩師とぶつかる。長女とぶつかる。

    自分がかくあることを常に自分に言い訳している、このキャラクターがいいですねえ。ちょこっと「充たされざる者」のピアニストを彷彿とさせます。

    まどろこしい当たり障りのないやり取りの応酬。見事です~翻訳モノとは思えないくらい。押し寄せる満足感と勝利感に浸るとこなんか、なかなかヤラしい性格で、結構結構。

  • 戦時中は著名な画家で、尊敬を集めていた小野。
    しかしそれは戦意を鼓舞するための絵であったため、戦後は周囲の目が冷たくなり、引退したあとは弟子や義理の息子にも距離を置かれ、娘の縁談が上手くいかないのも自分のせいかと思うようになります。
    過去の回想と、現在の状況が謎解きのように交互にあらわれ、引き込まれるように読めました。

    戦争の後遺症というものはこういうところにもあるのだと知りました。
    その時はそれが正しいと信じていたのに、戦争が終わったらガラリと価値観が変わり、自分は変わらないのに世間の評価も変わる。それでも自分は自分のやるべきことをやりきったと満足することもできるのかもしれないけれど、もしかしたら自分の成果など他者にとってはどうでもいいことなのかもしれない。寂しさを感じるラストでした。

  • 時代にのみ込まれた画家の話。ある時代に「正」であったことが、時代が転換して「悪」としてとらえられる。歴史の中では往々にして起こりうることだが、それに飲まれた人の心を、繊細に描き出す美しい作品。


    2017.10.5追記
    ノーベル文学賞!おめでとうございます!

全72件中 1 - 10件を表示

カズオ・イシグロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
フランツ・カフカ
村上 春樹
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
村上 春樹
村上 春樹
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)の作品紹介

戦時中、日本精神を鼓舞する作風で名をなした画家の小野。多くの弟子に囲まれ、大いに尊敬を集める地位にあったが、終戦を迎えたとたん周囲の目は冷たくなった。弟子や義理の息子からはそしりを受け、末娘の縁談は進まない。小野は引退し、屋敷に篭りがちに。自分の画業のせいなのか…。老画家は過去を回想しながら、みずからが貫いてきた信念と新しい価値観のはざまに揺れる-ウィットブレッド賞に輝く著者の出世作。

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)のKindle版

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)の文庫

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)の単行本

ツイートする