エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)

  • 329人登録
  • 4.23評価
    • (37)
    • (23)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 27レビュー
制作 : 土屋 政雄 
  • 早川書房 (2008年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200458

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
ヘルマン ヘッセ
村上 春樹
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
ヘミングウェイ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もうかなり前ですが、図書館で借りて読みました(全4巻)
    映画はそんなに面白いとは思わなかったけど
    文章で読むと深かったし、印象的なシーンもありました。
    赦しとは何か?考えさせられた作品。

  • 動物の持つ本能とは神への絶対服従。徹底的に個を奪ってしまう軍隊の絶対服従とは、人間が個を得る事で失った本能を絶対的な制度、つまり人工的な神の下に後天的に再生させるという試みなのだろう。除隊後、失った個を探し放浪するも、どこにも見つけられない主人公アダム。神を失い自分を失った心の隙間にサイコパスの魔の手が忍び寄る。餌食の匂いへの敏感さ、操作の過程、そのリアルさ克明さは著者自体の経験を感じる。解説によれば二人目の妻みたい。

  • 一度読了
    もう一度読む予定。

  • ジェームズ・ディーンの映画は高校生の頃に観た。社会科の先生に「あの兄弟は旧約聖書のカインとアベルがモデルだよ」と教えてもらったのを覚えている。その映画もこの大河小説の最後の一部分にすぎない。兄弟の祖父母と、作者スタインベックの家系の源から始まる物語は、米国西部開拓時代からそこでの生活が成立し、その地で人々がどう生きてきたかを教えてくれる。思ったより読みやすくてよかった。

  • 町田樹選手のファンだからというきっかけで読み始めたけどシーズン中に読み終わるかどうか。大河小説のいいところは登場人物が多いところで飽きずに読める。続いて2巻に進みますが、1巻終わった時点ですとチャールズ・トラスクの不器用かわいさ萌え。

  • 読了。

  • 2つの家族が今後どこで関連してくるのか一巻を読んだだけでは予想できなかった。
    先の展開が期待できそうな感じだった。
    作品としては気に入りそうな感覚はあるので、早く先を読もうと思う。

  • 前々から本屋で見かけるたびに、読んでみたいと思いつつ、文庫4冊読み通せなさそうな気がして手を出せずにいた。でも、やはり気になっていたのだろう。最近通勤で電車に乗っている時間が長くなり、読書が進むようになったので、読み始めた。

    まだ1巻を読み終えたところだが、面白い。今後の展開が楽しみ。

    職業病的見方をすると、アダムの妻となるキャシーは、典型的なBPDだと思われる。この作品が書かれた第二次大戦直後、既にアメリカではこのようなキャラを有する人が散見され、「困った人」の烙印を押されようとしていたのだろうか?ある意味極端ではあるが、結構教科書通りの描かれ方をしているのが目に止まった次第。

    全巻読了の暁に、またレビューを。

  • これは素晴らしい!
    死ぬまでに読むべき!

  • 非常に読みやすい!
    内容はスタインベックの家族の話でノンフィクションと創作が入り混じって話が進む・・・スタインベックの故郷とか家族を思う気持が伝わってくる。
    シンプルな話だけに深みがある

全27件中 1 - 10件を表示

エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)に関連する談話室の質問

エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)を本棚に登録しているひと

エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

エデンの東 新訳版 (1) (ハヤカワepi文庫)の作品紹介

コネティカットの農家に長男として生まれたアダム・トラスク。暴力を嫌い、つねに平穏を求める従順な青年に育ったが、厳格な父サイラスの愛を渇望する腹違いの弟チャールズに虐げられ、辛い日々を送っていた。サイラスは息子の弱さと兄弟の不仲を案じ、アダムにインディアン討伐の騎兵隊に参加するよう命令するが…。アメリカ文学を代表する文豪が渾身の筆で描き上げた、父と子の物語の新訳版。

ツイートする