エデンの東 新訳版 (3) (ハヤカワepi文庫)

  • 162人登録
  • 4.23評価
    • (24)
    • (12)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 土屋 政雄 
  • 早川書房 (2008年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200472

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

エデンの東 新訳版 (3) (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

  • アダム、双子の息子のアロンとキャル、ハミルトン家の兄弟姉妹と、いままでと異なる人々へと焦点がゆるやかに移動する。アロンとキャルは、外見も内面もよく親に似ていて、描き方に作家の円熟を感じる。第三部は、最終巻へ向けての間奏的な役割なのだろうか。さまざまなモチーフが見え隠れする。

  • トラスク家の双子が少年期を迎え、ハミルトン家では家長を始め幾つかの別れが訪れる第3部。トラスク家の真摯な召使リーの出生の秘密も重く、さらに不幸な生い立ちの末に毒婦と化した双子の母キャシーなど、20世紀初頭の米国での人々の生き様が大きくうねっている。そして次巻はいよいよ映画で描かれた、双子のアロンとキャルの世代の物語となる。昔観た映画を思い出しながら読もう。

  • あっという間に3巻終わった
    ・チャールズ死んでしまった(悲)
    ・サミュエルも死んでしまった
    ・デシーもトムも死んでしまった
    ・こんなに一度に皆死んでしまってライザかわいそう
    ・キャシーは相変わらずこわいけどちょっと疲れてきたか
    ・キャルはもうこのタイミングですでに不憫。先が思いやられる
    全体的に鬱回。悲しいことがたくさん起きる。

  • 今年上半期の読了本の中の ナンバ~~1!

  • その才能と人柄でサリーナス盆地の人々から愛されたハミルトン家の長、サミュエルが逝った。それは輝ける開拓者時代の終焉でもあった。サミュエル葬儀の帰途、アダム・トラスクはケイト(逃亡した妻キャシー)の店を訪れる。ケイトと言葉を交わしたことで、アダムは「妻キャシーの呪縛」から解放される。

    アダムの弟チャールズが肺炎で死去。アダムと妻キャシーに10万ドルを超える遺産を残して。その件を伝えるため、アダムは再びケイトの店を訪れる。アダムの双子、アロンとキャル(ケイレブ)は召使いリーの世話により成長、学齢に達していた。アダムは双子に学校教育を受けさせるため、サリーナスの町への移住を考える。

    父サミュエル喪失で最も打撃を受けたのが、ハミルトン農場に一人残った三男トム。トムを元気づけるため、三女デシーが農場に戻って来た。体調不良に陥ったデシーは、トムの不適切な対応で命を落とす。罪悪感に苛まれたトムは、拳銃に弾を込め.....。

  • チャールズの死。アダムの子供たちの成長。アダムとキャシーの対決。

  • 本当にリーとサムはすごい。

    そしてライザも!

    相変わらずアダムは夢見がちな人ではあるけれど、

    もはや死に絶えたような人間を生き返らせたと言ってもいい。

    そして現実家はどの世界にも必要だなと思う。

    そしてそれが生活の場になると、女性の役割が大きいのかもしれない。

    リーとアダムの関係の描写にはなんだか微笑ましいものが見えてくる。

    サムとリーはこの物語に知と希望だけでなく、愛嬌ももたらしている気がする。

    ほっとゆるむ時間である。



    しかしそのような暖かな時間とともにどうしようもない悲しみも多く描かれた3巻。

    双子の成長は、前の世代を思い出させ、愛の枯渇と空虚な空気が漂っている。

    そしてハミルトン家には、悲しい死がもたらされ、

    読者は悲しみに揺さぶられる。

    双子にも悲しみが繰り返されるのか―

    目を見張る展開である。

    キャシーという名をかえケイトとして生きる女の恐ろしい生き方。

    どう捉えていいものなのか。

    そしてキャルやアダムとの対峙。

    またしても盛りだくさんの3巻。

    帯の読む出したら止まらないはあながち間違っていない。

    私は、この4巻を1か月もたたないうちに(おそらく半月くらい)読み終わってしまった。

    それだけ目を見張る緊張感に次の展開が気になるのだ。


  • 【09.3.26/図書館】

全11件中 1 - 11件を表示

エデンの東 新訳版 (3) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エデンの東 新訳版 (3) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エデンの東 新訳版 (3) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする