エデンの東 新訳版 (4) (ハヤカワepi文庫)

  • 157人登録
  • 4.33評価
    • (31)
    • (16)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 23レビュー
制作 : 土屋 政雄 
  • 早川書房 (2008年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200489

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
村上 春樹
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

エデンの東 新訳版 (4) (ハヤカワepi文庫)の感想・レビュー・書評

  • “いくら弱くても、穢れていても、弟を殺しても、人間には偉大な選択の権利が与えられています。人間は自分の進む道を選び、そこを戦い抜いて、勝利できるのですから。”
    ティムシェル-汝能ふ、という言葉がこの光と影、選択と許しの物語を貫いていく。

    最後、文庫本全4巻にわたるこの大長編を読み上げ本を閉じたとき、私を包んだのは深い祈りの気持ちでした。

  • 第四部は完全にトラスク家の話である。アベルとカイン、アダムとチャールズ、アロンとキャル、それぞれの関係は同じではないが、似ている部分が確かに響き合う。一方で、異なることにも意味があり、異なる人格のそれぞれが、自ら答えを見いだすよう求められているようにも感じた。スタインベックは、悲劇を描きながらも救いを潰すことはしない。次の言葉にも表れている。
    “人は、表面的には欠点だらけでも、心の内では善良でありたい、愛されたいと願っている。人が犯す悪のほとんどは、愛されようとして近道をとった結果にほかならない。”

  • キャシーという悪女の凄さ。ティムシェル。最後解き放たれる息子。読みやすいけれど、人間模様が今も昔も複雑なこと、などがずっしりと心に来る。

  • 2014/03
    読みやすい古典。町田樹の曲ってこれ?

  • ティムシェルー汝能ふ。「汝は罪を治むることを能ふ」どんな人生にするかは自分自身で選択する権利がある。 4巻を通じて、いろんな人の「選択」を見ました。切ないけど、力強さを感じる読後感。ティムシェル伝道師、町田樹くんありがとう。

  • 米国カリフォルニアを舞台に、19世紀から20世紀前半までの約100年に渡るある一族における各世代の父と子の葛藤を描いたファミリーサーガとして知られるけど、同時に兄弟、親友、そして男と女の間にある葛藤をも描いていて、米国という国の精神のあり方もここにあるのかな、などと読んでいて思った。第4部だけでなく、全部を映像で観てみたいし、その時には映画化ではスルーされたリーのこともしっかり描いてほしいと思ったけど、もうすでに実現してるか、スケールの大きさで実現不可能かのどちらかなんだろうな。

  • 町田君のインタビューを聞いた時、こんなにティムシェルの言葉が重要だったなんて思いも寄らなかった。

    主軸はアダムが主人公になって物語は展開するけれど、サム・ハミルトンやキャル、キャシー(ケイト)、リー、アロン、周りの登場人物たちもそれぞれの生き方があって面白い。
    文中に、たまに「私」が出てくると読んでいる目線が少し俯瞰的になって、また登場人物たちが動くと目線が近くなるというか。

    アダムがケイトと別離した後で恋人を作らなかったのは何故だろう。
    佳境でケイトと過ごす時間が生きる時間だ、みたいな描写があったけど。一途に好きだった時にはケイトを見ていなかったのに。子供たちに目がいくようになってから、そういう存在がいても良いのに。やっぱり離婚していない以上、そういう描写は時代背景として出来ないのかな。それとも聖書の内容を理解していれば、アダムという名前からなんとなく分かる部分があるのかもしれないけれど。


    ----------
    『治めよ』ではなく、『治めん(む)』。
    汝治むることを能う。

  • キャシーがなぜああいう最後になったのか、結局疲れてしまったということなんだろうかと思いつつ、そもそもなぜあんな人生を選んだのか、何がそうさせたのか、と思ったり(自分の能はのまま暴走してしまった感じ)だれも彼女を理解して導くことができなかったのが不幸だなと。アランはキャシーを愛していたかもしれないけどキャシーの求める愛ではなかったということかと。キャルはずっと不憫だったけどちゃんと最後アランに許してもらえて、アブラもそばにいてくれて本当によかったよね。ただアロンはかわいそうだった。

  • 古典。でも予想外に面白かった。

    きっかけは、アメリカ文学と言えばフィッツジェラルドとかサリンジャーと思っていたら、何言ってんの、スタインベックなどなどでしょと言ってくれた人がいたため。

    旧約聖書のカインとアベル兄弟の物語をベースにしてるのはよく知られてることだけど、それに著者自身の解釈をしてる。

    汝能う(なんじあたう)。

  • 高校の授業でジェームズ・ディーン主演の映画を見ました。
    あれはほんの一部だったんですね。
    スラスラ読めるし、胸にも響く所は多々あるのですが
    どうしても疑問点が残ってしまい、星は2つです。

    サミュエルとリーは間違い無く魅力的な人物。
    彼らの話している話は非常に面白かった。
    そして、もちろん、この話の核心である「timshel」というヘブライ語。
    この作品は旧約聖書の創世記におけるカインとアベルの確執、
    カインのエデンの東への逃亡の物語を題材としているのですが
    聖書において、神は罪を犯したカインに
    予言したわけでも、命令したわけでもない・・・
    というのが、この作品の言わんとするところです。
    (何を言わんとしているかは伏せておきます。
    正直、その意味には痺れました。)

    さて、疑問点とは。
    なぜ、この作品にはどうしても人に愛されない人が登場するのか。
    文章から読み取るに、私にはそれは生まれ持ったものであるように
    思われたのですが、それについて深い掘り下げは無いのです。
    「ただ、生まれた時からこうだった」みたいな感じ。
    愛されたいと渇望し、努力しても、決して報われない。
    チャールズにしろ、キャシーにしろ、もちろんキャルにしろ。
    (キャシーはちょっと違うかな・・・)
    それに対するかのごとく、必ず愛される人が目の前にいる。
    そりゃ、悪くなってもしょうがないよね的な。。。
    人物の内面を描くと言う意味では、あまり優れた作品とは思えない。

    聖書をモチーフとした作品だし、おそらく「timshel」を
    言わんがために書かれた作品なので、
    しょうがないと言えばしょうがないのかもしれない。
    聖書もしくはキリスト教への理解が足りないせいかもしれない。
    それでも、こんなにも重い枷と選択を迫られる、ある意味、
    選ばれた人間と言うのは悲しすぎる気がした。
    キリスト教徒の人だったら、神の業として理解できるのかなぁ。

    読んで損は無いです。
    文庫で4冊ですが時間もかかりません。
    「timshel」の意味を知っただけでも十分、価値はあった。

  • 通勤時間に本が読めるおかげで、文庫4分冊もいいペースで読了できた。

    1巻で、キャサリン(ケイト)という女性の存在が重要な位置を占めている気がする という思いを抱いた。それは全巻を通じて変わらなかった。職業病的な興味を喚起させるキャラである。それがこのように描写できるというのは、やはり当時(今から半世紀ちょい前)のアメリカでは、BPD的な人となりを有する人が目につくところに存在していたということに他ならないだろう。解説によると、スタインベックの2番目の妻がそんなお人柄だったとか。そんな間近にいれば、リアリティをもって描けるかも。

  • 世代は変わっても、変わらないもの。
    時代が変わっても、変わらないもの。
    悲しい性も、逃れたい業も、愛を求め苦しむことも、逃れられない運命がある、ということをずっと考えさせられました。

    愛とお金など、自分が求めていないものは充分にあり、自分が求めているものは手に入りがたいという切ない苦しみ。手にしたと思っても離れていってしまう。輪廻的というか、諸行無常というか、東洋的な思想がものすごく入り込んだ作品でした。

    そのことを引き立たせるためにリー、キャル、サミュエル一家など
    多くの登場人物がトラスク家の人間たちと絡み合ってきますが、
    それぞれがまた個性豊かで魅力的でした。

    何もかもがうまくいく人間なんてきっといなくて、
    誰もがもがいて苦しんで。
    ただ人から見れば些細なことかもしれないけれど、当人にとっては
    もうどうしようもなくしんどいことって、世の中にあふれているんだろうなぁと考えさせられました。

    なんかうまくまとめられませんでしたが、2012年最初の読書は
    ものすごく考えさせられるものになりました。

  • 神はあなたに予言もしていないし、命令もしていない。あなたは自分で、その運命に立ち向かって良い。自分の道を選んで良い。
    「ティムシェル」が僕の大切な言葉になった。

  • アメリカの文豪
    ジョン・スタインベックの著書。

    長編小説の中で
    随所にスタインベックの哲学が
    散りばめられている。

    内容は正直僕には重すぎて、
    読んでいて憂鬱な気分に
    なることが何度もあった。

    これだけの数の登場人物を
    それぞれ人間関係も含め
    とても上手く描いているところは
    さすが文豪と呼ばれることだけある。

    また、少し昔のアメリカの生活環境が
    垣間見れたりするのも良い。

    一番印象に残ったのは、
    第4部冒頭で
    「人は皆幸せになりたいと願うが、
    そこに辿りつくために
    過ちを犯すことがある」
    というようなことをまとめていたところ。

    そして物語でも重要なキーワードである
    「ティムシェル」。

  • キャル(ケイレブ)は密かにケイト(実母キャシー)の店を訪れ、ケイトと対面。ケイトが何かを恐れていることを見抜く。アダムはレタスの冷蔵輸送計画を立ち上げるも失敗。財産を失い、トラスク家は町の失笑を買う。この件で最も傷ついたアロンは、町を出て牧師になることを決意する。

    レタス輸送で失った財産の補填。そして何より、愛する父に認めて貰うため。キャルは野菜の先物取引で得た利益を、父アダムに譲ろうとする。しかし、マネーよりも教養や人格陶冶を重んじるアダムに拒まれる。傷ついたキャルは、無知なアロンをケイトの店へ誘う。

    実母キャシーの正体を知ったアロンは絶望から軍隊へ志願、そして戦死してしまう。アダムは脳卒中で倒れ、刻一刻と死期が迫る。キャルはアダムに己の罪を告白。「汝能(あた)ふ」という言葉を残し、アダム・トラスクは逝った。

  • とっても感動しました!キャルに幸せな人生を歩んで欲しい。

  • 原罪を背後に厳然と据えながら、人間の美しさ、醜さを徹底的な冷徹さで描いていく。
    あなたは罪を治めなければならない。

    彼はその原罪を許されたのだろうか。

  • アダム、アロン、キャル、アブラ、キャシー、リーの人生。
    自分の母親の正体を知ったアロン。アロンにキャシーの正体を知らせたキャル。軍に志願するアロン。キャルの贖罪。

    市川図書館
     2009年10月9日読了

  • この4巻の中で一番分厚い巻である。

    本当に文庫本にしては分厚い。

    読み応えはたっぷりである。

    双子は、大きく成長し、世代の悲しい繰り返しが始まる。

    そして、母親との存在の対峙である。

    父の愛に枯渇するキャル。

    夢見がちなアロン。

    迷える父アダム。

    本当にこの親子は不安定で繊細である。

    話の展開に私は、今回想しているときに思った。

    いとうせいこうの全く関係のないドキュメントといっていい植物について

    書いた文庫本を読んだのだが、植物についてこう説明している。

    「毎日が昨日と違うこと。
     自分を繰り返さぬこと。
     だが、1年を経てまたその差異を保ち、繰り返すこと。」(ボタニカルライフ著いとうせいこう)

    ここに生き物の1つの真実をみることができると思う。

    私たちにこれから起こることは決まっている。

    常に毎日死に向かって直進し、成長し、老いてゆき、死んで行く。

    それは世代間でも同じだし、時代も人種もさらには生き物も星とも一緒なのである。

    だけれども今日も明日も毎日に起こることは違う。

    なのに一様にいきものは皆同じ方向を向いて生きて死ぬのだ。

    ここには、同じような過程をだどるというのに、

    その内容が違うことを指していると思う。

    人間の人生にとって、この内容が大切なのだ。

    ここは繰り返さぬこととあるが、むしろ繰り返すことができない

    である。

    繰り返せることがあるはずがないのだ。

    毎日に何一つとして同じことなどない。

    これをこの物語に当てはめると、双子には大きな悲しみが世代を超え降りかかるが、

    彼らには母がおり、迷ってはいるが父がおり、そしてサムとリーがいてアブラがいるのである。

    アブラは、ライザのような強固さはもっていないが、

    もっと懸命で彼女も少女から女性に成長する過程で現実を得ることになる。

    この力が

    そして、古書店をひらくといいながらも、アダムの家の家族になって、すべてを見守り

    切り盛りしてきたリーの力が

    この悲しみの繰返しを繰り返させない力なのである。

    繰り返すことのない毎日であるからこそ、

    私たちはあの腕を上げる父親の姿の涙し、

    希望を見ることができるのである。

    繰り返されることはないのだ。

    許されてもいいのだ。

    すべては繰り返されるという呪縛。

    その幻が破れ、許され未来に笑うことができることがどれだけ素晴らしいことか。

    私たちは、能ふことができるのだ。

    選ぶことができるのだ。

    こんなちんけな言葉では言い表せないが、汝能ふ(あた)

    ということの人間の根源と言えるような力。

    その人間の大切な本質的な力にこの長く壮絶な物語の中で教えられた。

    今表現できることはこのように、ただただ文字数を連ね、

    言葉をつくすしかない自分が情けないが、

    ぜひ皆様に読んで頂きたい作品である。

    私は人生に衝撃を与えるいい作品に出合ったと今でもこの物語を思い出して

    感動しているのだ。


  • 【09.4.3/図書館】

全23件中 1 - 23件を表示

エデンの東 新訳版 (4) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エデンの東 新訳版 (4) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エデンの東 新訳版 (4) (ハヤカワepi文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする