死との約束 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 354人登録
  • 3.51評価
    • (19)
    • (42)
    • (77)
    • (5)
    • (1)
  • 32レビュー
制作 : 高橋 豊 
  • 早川書房 (2004年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151300165

死との約束 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「いいかい、彼女を殺してしまわなきゃいけないんだよ(p9)」という言葉から物語は始まります。

    その“彼女”とは、ボイントン夫人だとわかります。ボイントン夫人は子どもたちを支配しており、殺されても仕方がないような人だと思ってしまいます。実際に子どもたちは母親が死んだことで、自由を手に入れます。

    しかし、ボイントン夫人は本当に、冒頭の言葉を発した人物に殺されたのか、謎でした。カーバリ大佐から依頼を受けたポアロが、この事件を心理学的に考察し、解決します。

  • アメリカ人家族は、継母の支配欲により不自由な暮らしをしている。その継母の死によって、ポワロが動き出す。心理学的要素など、ストーリーが面白い。誰が犯人なのか最後までわからなかった。

  • いつもよりもあっさりと解決されたような気がするけど、最後までやっぱり犯人はわからなかった!映像も見てみたいなぁ☆

  • アガサおばちゃんの「死への招待」。
    殺されても仕方ないなあという人が殺された場合でもちゃんと犯人を探すのがポアロ。
    とはいえ私立探偵なので犯人を突き止めたあとどうするかは意外に臨機応変。
    なかったことにするか、自殺を見過ごすか、あるいは普通に警察か。
    今回の事件は犯人候補が多かった。
    あてずっぽでこの人かな?と思いながら読んでたが、見事に外れた。
    やっぱり意外な犯人。
    今回の舞台は中東。
    面白かったけど、登場人物の造形が異常すぎるのがなんとも。
    とはいえ、昔の、それも他所の国の話なのが原因か、「そういうこともあるかもねえ」といった感じでもあった。
    当時のイギリス人から見た中東旅行記としても面白かった。
    少しサービスして★4つということで。

  • これは、つかみが素晴らしかった。面白かった!

  • 事件が起きるまでの尺が長いものの、人を精神的に虐めて悦びを見出すボイントン夫人と、それを取り巻く家族の不穏なエピソードが強力で一気に読ませます。トリックは非常にシンプルですが、「いいかい、彼女を殺してしまわなけりゃいけないんだよ。」という冒頭の会話や登場人物の構図が効いていて意外性は抜群。クリスティの中でもミスディレクションの技巧が長けた作品だと思います。

  • 今だと洗脳とかもよく聞くけど、この時代はまだそんなことあんま聞かなかっただろうからクリスティの作品に洗脳に近いことをしている母親と洗脳された家族が出てくることが目新しい感じ。犯人と犯行理由は唐突な感じだったけどそれまでの人間ドラマがけっこう魅力的でしたね。

  • あっさり解決してしまったという印象。ボイントン一家の奇妙な雰囲気などは読んでいて楽しかったが割とそれだけという感じ。

  • ボイントン夫人が強烈な印象。
    こんな女性にターゲッティングされたら、
    そりゃこうしたくなるのも無理は無い。

    だがそれだけといえばそれだけの作品。
    ポアロの推理はいつも通り話を聞いて、
    矛盾を見つけてという具合。

  • 長編物なのにたった一日で事件解決してしまうポアロはやはりとんでもない存在だと思った。そんな一作。
     今度の事件では誰が殺人現場を何時に訪れたのかという事が注目ポイントとなってくるため、上手く事件を整理して考えることができないとこんがらがってしまう。更には事件関係者のほとんどが怪しい動きをしているためにどこから手を付けて考えるべきかも混乱して判らなくなってしまうかもしれない。
     つまりは何が言いたいかというとそんな複雑な状況であろうともあっという間に解決してしまうポアロの灰色の脳細胞は称賛に値すると思ったのだ。
     相変わらず心理描写は上手いし、特異なトリックを使っている訳でもないのにこれほどまでに精緻な作品を書けるのはすごいと思う。少々犯人の存在が唐突に出てしまっているような気がしないでもないが、それほど大きな問題ではないだろう。

全32件中 1 - 10件を表示

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

死との約束 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)に関連する談話室の質問

死との約束 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死との約束 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする