白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 428人登録
  • 3.57評価
    • (21)
    • (66)
    • (92)
    • (4)
    • (0)
  • 55レビュー
制作 : Agatha Christie  鳴海 四郎 
  • 早川書房 (2003年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (756ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151300202

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回の読書会の課題本。

    孤島のようなホテルで白昼起こった殺人事件。被害者はどうも周囲からよく思われていないようだし、過去のいわくもいろいろあるもよう。しかし周りのアリバイもほぼ完璧…という設定をどう崩していくか?という王道ミステリ。

    正直なところ、ウェルメイドだとは思ったものの、素晴らしいというのとはちょっと違った感想を持った。下手人はわりと簡単に見当がつくし、その動機づけの面がきわめて弱いのではないかと思う。犯罪の核心から目をそらすためのフェイクが、フェイクになっていないような気がするし、犯罪のサポートをする人物のスキルもわりと後づけなので、「なんだか都合がよすぎない?」という感覚がぬぐえない。まあ、その「都合のよさ」の鮮やかさを楽しむのがミステリなんだろうと思うけど、ちょっと都合がよすぎて納得いかない。もっと「うひゃあ、そうきましたかあ!」という驚きや深さが欲しい。被害者の義理の娘・リンダの葛藤の部分にはリアルを感じたけれど。

    そういうわけで、謎ときの部分は「はいはいはい」と読んでしまって、幼なじみの大人の男女のロマンスがどう着地するかという流れに気を取られてしまった。それにしても、ミス・ロザモンドはロンドンでドレスメイキングのお店を続ければいいのに。1920年代といえば、パリではココ・シャネルやエルザ・スキャパレリが活躍しているんだから。

    ちょっとぶつくさ言い過ぎの感想だと自分でも思うものの、ホテルの立地と「ジョリー・ロジャー・ホテル」という名前は素敵だと思う。似たようなロケーションのホテルがリアルにあれば泊ってみたい。でも、麻の上下を着た、ヘンなひげの紳士に声をかけられるのはいやだなあ…と、やっぱりぶつくさぎみの読後感なのでした。もう少し、読書感覚がフレッシュな頃に読めていたらよかったかも。

  • 映像を見た後だったから犯人はわかっていたけど、それでも先が気になる!

  • しぼんだレタス!
    ロザモンドも実は結構辛辣だよね。
    女は女に厳しい。。。

  • 美人女優が入江の海岸で殺されるが、ほとんどの人にはアリバイがあって、犯人は誰だろうねえ、というお話。
    犯人は多分この人なんだろうなあと思いながら読んだらやっぱりその人だった。
    ただ、ゴールにたどり着くまでには紆余曲折。
    まあ、★3つくらいですかねえ。

  • おもしろかったー。

    でも、ミスリードがちょっとずるいー、っておもった。
    ポアロおぢさん、「後だし」すぎー、って言いたくなった。

    ちゃんとした感想はブログに書いてます。

    http://osimai.seesaa.net/article/445397645.html

  • 翻訳に違和感。
    なんというかキャラのイメージ特徴が一貫していない。
    話自体は面白かったのだが。

  • 伏線が張られ、終盤にポアロから最大のヒントをもらえる作品です。ポアロの話術と、これまでの言動で「あああこんなにヒントあったのに!」と頭抱えました。悔しい。

    目に見えるものが、自分が思っていることが、真実であるとは限らないし、側面どころかほんの一部分であるかも怪しい。
    羨ましい。妬ましい。悔しい。でも、哀れである。
    人を表す言葉はたくさんあるけれど、与える言葉は自分が発するんですよね。

  • もどかしい進具合ですが、悪い奴といい奴、騙していた人と騙されていた人、加害者と被害者が、犯人が明らかになった時に見事にパラパラと入れ替わる感じはお見事です

  • いろんな人々が集まるリゾート地で起こる事件。
    ポワロの手にかかると、こんなふうに解決しちゃうのね。麻薬の密輸の方はその後どうなったのかな、ちと気になる。もちろん、そんなことをやるチンケな奴はお縄になったのだろうけど。

  • (リリース:間宮さん)

全55件中 1 - 10件を表示

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)に関連する談話室の質問

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)のKindle版

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の文庫

ツイートする