マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 282人登録
  • 3.52評価
    • (14)
    • (40)
    • (65)
    • (2)
    • (1)
  • 28レビュー
制作 : Agatha Christie  田村 隆一 
  • 早川書房 (2003年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151300240

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ポワロシリーズを読んでいて、初めてポワロの「老い」を感じた。話の内容としては、先が気になってとまらない、というようなものではなかったし、登場人物も今までよりもそれぞれが存在が薄いような印象だった。といっても、疲れているときに読んだから、自分の想像力がそれほど働かなかったのも影響しているような。

  • ポワロって、安楽椅子探偵の代名詞みたいですけど、実はそうでもないのですよねえ。
    ミス・マープルもそうですけど、結構フットワーク軽く調査をするのが、シリーズ読み始めた時になんだか違和感、ではないですけど、なんかそんな感じを抱いた覚えが。
    今回の1番の困難は、事件よりも食事だったのでしょうな、ポワロ…

  • 事件のスケール対して登場人物が(新聞記事上の人物も含めて)非常に多く、場面や主語がころころ変わるため読みにくかった。

    事件を推理する前に登場人物を紐付けたり過去の発言を探したりするので一杯一杯になってしまった。

    結論も様々な伏線がバラバラと解決され、全体的にまとまりを感じなかった。

  • 調査の為にポアロが町を終始移動し続け関係者を訪ねていくハードボイルド的展開です。犯人は意外ですし、小さな謎の解決も鮮やか。ポアロが不味い料理に悪戦苦闘する様子やミステリー作家アリアドニ・オリヴァ夫人の言動などコミカルな要素もあって楽しめましたが、死刑執行前に解決しなければならないというタイムリミットものなのに緊迫した様子を感じられないのは残念に思いました。

  • 1人の夫人の殺人。犯人は捕まっているがどうやら彼は真犯人ではなさそう。どうやら過去の犯罪に絡むようだ、ってことで、小さな村でポワロ推理。

    犯人候補はたくさんいたけど最後はまさか!の展開。街からスパイとして乗り込んだお嬢さんが犯人かと思ってましたが、見事に裏切られました。

  • ヘイスティングズのことを懐かしんだり、若い人に自分の名前を告げても何の反応も示されなかったり、そんなポアロをみてると年をとったんだなぁ、と思う。

  • 過去の悪女たちと現在の女性関係者たちが、
    途中でこんがらがってきそうになる。

    最後に関係者全員を集めて推理を披露するくだりは、
    お約束のパターンなのだが、読んでいる方は妙な安心感がある。

    冒頭でポアロがヘイスティングスのことに言及していたが、
    相変わらず愛のある罵声で笑ってしまった。

  • 右手に注目を集めさせて、左手でトリックをしているマジシャンのような手法で、最後まで犯人が予想できない。さすが巨匠です。

  • (2014-01-19L)

  • マギンティー夫人という老婦人が殺害され、容疑者も逮捕される。
    一見単純に見えた事件ですが、過去に起こった事件と繋がりがあって……
    という深い物語に発展していきます。
    前半の展開がやや静かですが、伏線の回収、収束が始まるとぐいぐい
    引き込まれていきます。この辺りの展開はうまいですね。
    ただ序盤で逮捕されたベントリーに存在感がなく、ここが緊迫していれば
    前半がもっとよかった気がしますね。

全28件中 1 - 10件を表示

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に登録しているひと

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)のKindle版

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の文庫

ツイートする