検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 399人登録
  • 3.91評価
    • (39)
    • (66)
    • (50)
    • (0)
    • (1)
  • 40レビュー
制作 : 加藤 恭平 
  • 早川書房 (2004年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151300677

検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 街中で知り合い、親しくなってゆく金持ちのオールドミスと青年レナード。ある夜、そのオールドミスが撲殺された。状況証拠は容疑者の青年に不利なものばかり。金が目当てだとすれば動機も充分。しかも彼を救えるはずの妻が、あろうことか夫の犯行を裏付ける証言を…。展開の見事さと驚愕の結末。法廷劇の代表作。

    原題:Witness for the Prosecution (1925)

  • たった200と数ページのとてもシンプルで余計なものは一切ない設定のなかで
    ここまできれいにまとめるのはさすがクリスティ。
    キャラクターの心理描写で読者を騙す手腕を心得まくってる。
    意外と単純、あれ、これわかっちゃうかも?と思わせながら
    ラスト数ページで見事にひっくり返すのだ。

    あっさりしすぎるくらいやけど一瞬で読めて、コロっと騙されたい人におすすめね。

  • どんでん返しの醍醐味が凝縮された古典的戯曲作品

     この短さで、ラストの何重にもひっくり返る超どんでん返しは他にはない。もう完成されたエンディングだ。さすがの作品で文句のつけようがない。

  • クリスティの戯曲で、映画「情婦」の原作。どんな話かというと、ある青年・レナードが、懇意にしていた老婦人を殺害した罪で逮捕される。レナードは、弁護士であるウィルフリッド卿に弁護を依頼するが、検察側の証人として現れたレナードの妻は、レナードに圧倒的不利となる証言を行う……、という内容。タイトルからも分かる通り、法廷サスペンスです。

    先に映画を見てしまったため、ストーリー展開も結末も知ってはいたのですが、それでも面白かった。見事としか言いようがない。さすがミステリの女王。古い作品ですが、今読んでも、まったく古さを感じさせない、極上のサスペンス。読みやすさもピカイチ。

    ただ、正直に言うと、映画の方が面白かった。このストーリーは映像で見るのが一番。もう少しいえば、戯曲で見たかった。戯曲で見たら、もっと驚きがあったはず。それだけが残念……。

    欠点は、映画のタイトル。『情婦』。誰だよこれ考えたやつ。アホでしょ。

  • 徒然日記の人が紹介してた

  • 二転三転した挙句、衝撃の結末!
    面白かった。

  • 初戯曲。初法廷劇。馴染みないスタイルだったが、ほぼ会話分だけなので読み易い。
    二転三転する話はお見事。最後はちょっと可哀想だけど。

  • 映画「情婦」を観た後で原作を読む。やっぱ法廷のシーンは映像の方が迫力がある。それだけビリー・ワイルダーが原作に忠実に作ったってことか。

  • 予測不可能な結末。読者の二枚上手をいく作品。

  • フレンチ夫人を殺害した容疑で逮捕されたレナード・ボウル。フレンチ夫人に遺産を残されていたレナード。レナードを嫌い証言をする家政婦のジャネット・マッケンジー。アリバイを証言していた妻ローマインの証言の撤回。有罪が濃厚になり始めた時に弁護士であるウィルフリッド卿の元を訪れた謎の女。ローマインの書いた手紙の内容。

全40件中 1 - 10件を表示

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の文庫

検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)のKindle版

ツイートする