アルバムをひらく猫〔トラ猫ミセス・マーフィ〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 46人登録
  • 3.82評価
    • (8)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
  • 早川書房 (2009年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151707582

アルバムをひらく猫〔トラ猫ミセス・マーフィ〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まず、ハリーとマーケットが同期だったということに驚いた。今までそんな記述あったっけ? 考えてみれば、スーザンの子どもは高校生なのだから、大学生の娘を持つマーケットがハリーやスーザンと同い年でも不思議ではないけれど、ちょっと年取った、気のいいハゲおじさんのイメージがあったので。それにしても、生まれた時からずっと同じ土地に住み続け、子供の頃からの友達や知り合いや、オムツしてたころから自分を知っているおじさんおばさんが周りにぞろぞろいる環境で暮らすって、どういう気持ちだろう? 今回の犯人、どんでん返しはなかなか良かったが、相変わらず誤植が多い。図書館で借りた本なので、誰かが校正(赤でないのが幸いだが)していた(笑)。しかも、1カ所校正漏れを見つけたぞ…直さなかったけれど。(2015-05-03L)

  • 8弾
    とうとうブレアが。フェアが。
    最初の印象がどんどん変わっていくね、こんなに薄っぺらい人だったっけ?こんなに気が使える人だったっけ?
    今回は人が死にすぎて、途中でうんざりしてしまった。この小さな町でこんなに。。。ジェイソンじゃあないんだからさ。。。
    新しいトレーシーがすごく良い。
    働きものたちが相変わらず清々しい。
    けど、そんなに牧場を維持するのってお金がかかるものなのかな〜。
    「“命あるものは簡単には諦めない”ハリーは瀕死の傷を負ったポプラのしぶとさを賞賛し、大きな声でいった。」
    バージニアに行ってみたくなる!

  • トラ猫ミセス・マーフィシリーズの第8弾です

  • さて、内容はといえば、話としては面白いんですけども、事件の方がちょっとおざなりというか、今ひとつな感じでした。途中経過はいいんですけど、解決の部分が。
    ハリーが狙われる動機が弱すぎます。毎回、ハリーは犯人に襲われることになっているんですが、そのためだけに無理やり狙わせた感があります。
    たしかに犬猫たちのアクションは見せどころの部分ではあるんですけども…デニーの顔を見たから、というのはむしろ好都合じゃないのかな。もう一人いるのに気づいたとか、ロンの顔を見たとかいうならわかるんですが。
    そもそも、この復讐自体が、遅すぎると思うんですよね。20年も経つ前に、どうして実行に移さなかったのか、納得できる理由が明示されていませんし。
    ところで、、ブレア。登場が華々しかったわりに、いてもいなくてもどうでもいいキャラになり下がっていませんか。登場当時は、ハリーといい感じになるのかフェアのあて馬かという立場だったはずなのに、あっさりと単なる友人の位置に収まった上に、ほとんど出てきませんし。
    それより、フェアとよりが戻りそうになってますね。ハリーもまんざらでなさそうな。
    いつの間にそんな感じになったのでしょう。今回、そういう雰囲気になっていてびっくりだったのですが、読み逃した巻の中に何かがあったのかな。
    フェアも、どうして浮気をしたのかと問いただしたいくらいにハリーを想ってますよね。まあ、よりが戻るならそれはそれでもいいんですけど。でもハリーの性格からいって、難しそうですよね、それは。

  • 高校卒業20周年の同期会の準備の最中に同期生たちに謎めいた手紙が届く。
    やがて同期生たちが1人、また1人と犠牲になっていく。

    と言うことで、今回は同期会が舞台。
    日本と違ってアメリカの同期会がかなり大掛かりなことにびっくり。朝から翌日の朝食までイベントがびっしりだったり、様々な企画を考えて実行したり。
    ただ馴染がないものだからイマイチぴんとこなくて、作品の世界に入り込めなかったのが残念。
    準備の大変さを主人公のハリーが嘆いたり、そのせいで周りが険悪になったりというのが、ね。
    ミステリ部分は途中で犯人の目星が付いてしまうあたりが惜しいかな。
    ミスリードされてるんだけど、素直に釣られない程度ではあった。
    何より本作はハリーの3匹のペットたちが普通の動物に戻っていたのが嬉しい。
    事件を捜査しながらもご飯に誘惑されたり、あれこれ遊んだり。
    前作は3匹がポルシェを運転すると言うありえない展開だったので本作を読むのを躊躇っていたのだけど、以前の雰囲気に戻って一安心。
    コレで安心して次作も読めそう。よかった。

  • トラ猫ミセス・マーフィーシリーズ第8弾。
    高校卒業20周年の同期会にからんで起こる殺人事件。相変わらずの、どろどろ人間関係(^^; ミセス・マーフィー達、動物目線のせいもあり、「ニンゲンって・・・(-_-;)」って思っちゃうことの多いシリーズ。
    みんなの飼い主ハリーも、決して欠点がない女性ではないけど、元夫の浮気相手と、ちゃんと顔を突き合わせてるのは充分偉いと思うけどなー。狭い街だから、どうしても‘和解’は必要なのかな。狭くたって関わらないで済む方法もありそうな気がするんだけど。元夫フェアとよりを戻すのは、私はオススメしないんだけどなぁ。
    お気に入りのブレアがあんまり出てこないパターンの時は、好きになれない話のことが多いんだけど、今回は面白かった。しかもブレアがあんなんだし・・・。ちょっと見損なった。
    今回も、ミセス・マーフィー達が大活躍♪

  • はやみねかおるの『卒業』を読んだあとすぐに、これを読んでしまった。素敵な思い出に満ちた虹北学園卒業生が、この本のような騒ぎを起こしたら厭だなあ。『アルバムをひらく猫』のほうの高校の卒業生たちは、20年目の同期会前後に泥沼のような連続殺人に巻き込まれるのであった。若さとは実に残酷であり、心の傷は時を経ても癒えない。起こるべくして起こった事件なのかもしれないけれど、次の同期会には誰も出席しないんじゃないかという気がしてきました。

全8件中 1 - 8件を表示

アルバムをひらく猫〔トラ猫ミセス・マーフィ〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に登録しているひと

アルバムをひらく猫〔トラ猫ミセス・マーフィ〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルバムをひらく猫〔トラ猫ミセス・マーフィ〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルバムをひらく猫〔トラ猫ミセス・マーフィ〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルバムをひらく猫〔トラ猫ミセス・マーフィ〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)のKindle版

ツイートする