ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 487人登録
  • 3.74評価
    • (36)
    • (66)
    • (54)
    • (10)
    • (2)
  • 48レビュー
制作 : 東野さやか 
  • 早川書房 (2010年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151767036

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
トム・ロブ スミ...
横山 秀夫
冲方 丁
トム・ロブ スミ...
ドン・ウィンズロ...
ジェフリー・ディ...
ドン・ウィンズロ...
村上 春樹
ピエール ルメー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 幸せな家族から、誘拐によって双子の妹が失われた。妹を迎えに行けず誘拐を結果的に許してしまった父は、母から責められ失踪。その後母親は地元の権力者に籠絡され酒、薬物に耽溺する。完全に崩壊した家庭を元通りにする為息子のジョニー少年だけはあきらめなかった・・・。

    詳しくは下巻を読んでからの感想文とさせて頂きますが、情景描写の細やかなで状況がとても想像しやすいです。

    それでは下巻でお会いしましょう。

  •  双子の妹がある日、突然誘拐されることで少年ジョニーの人生が一変する。娘の誘拐事件で母が心を病み、それに耐え切れず父が失踪する。そんな環境にも負けず、ジョニーは誘拐犯を特定するために周囲を調べ歩く日々が続くのだった。妹が誘拐され、1年が経とうするある日、近所で少女の誘拐事件が発生、ジョニーが目星をつけていた犯人宅で偶然、少女と遭遇し事件は犯人が死亡するという結末を迎えるのだが・・・下巻につづく

  • 連休の旅行で海外に出かける時に必携の小説を忘れたことに空港で気づいて慌てて買い求めた上下巻2冊。取り急ぎのことで目に留まったというだけの理由だったので、あまり期待せず読み始めたところ…。
    めちゃめちゃおもしろい!! 3泊4日の旅行中に上巻は半分以上読んでしまって、帰国後は読み終えるのがもったいなくなってしまうくらいでした。
    ふだん作家の新規開拓をする時に、訳者の方も参考にすることが多いのだけど、今回はそれも役立ったかな。
    ともかくオススメです!

  • ジョンハート3作目。
    ここでもやはり、底辺にあるのはミステリを絡めた家庭模様。メインテーマは変えずに、それぞれに内容の濃い、ボリュームたっぷりの長編を楽しめる。本作でもやはり、新たな謎が続々生まれてくる、テンポの良さが素敵。

  • 1年前に双子の妹が誘拐された兄、少年ジョニー。事件後に、父が失踪し、母が薬物におぼれる中、失われた妹=幸福な生活を取り戻すため、怪しい人の地図を作成し、一つずつしらみつぶしに調査していた。その調査には、彼の親友であり、妹が誘拐されるシーンを見ていた少年も付き添っていた・・・。

  •  本書はジョン・ハート作品の3作目。相変わらず、情念のこもった作品を描く。ユーモアは欠片もない。粘着質の男たちが煩わしく感じるくらい、脇目も振らず一直線に行動する。行動のエネルギーとなっているのは愛情。一途さに、人間の愛情とはいったい何に裏打ちされているのだろう? という疑問も湧いた。事件をきっかけに、愛する人を守ろうとする者たちがもがき苦しみながらも進んでいく姿を克明に描く、上質なエンターテインメント作品だ。愛情の裏表、様々なかたちを提示し、読む者に熟考を強いる。気合を入れて読みたくなった。

  • ちょいと間開けすぎて、話に追いついていない。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    少年ジョニーの人生はある事件を境に一変した。優しい両親と瓜二つのふたごの妹アリッサと平穏に暮らす幸福の日々が、妹の誘拐によって突如失われたのだ。事件後まもなく父が謎の失踪を遂げ、母は薬物に溺れるように…。少年の家族は完全に崩壊した。だが彼はくじけない。家族の再生をただひたすら信じ、親友と共に妹の行方を探し続ける―早川書房創立65周年&ハヤカワ文庫40周年記念作品。英国推理作家協会賞受賞。

    【キーワード】
    文庫・ミステリー・家族


    +++1

  • 12歳の主人公ジョニーが1年前に行方不明の妹アリッサを探し続ける。妹が行方不明になったことで父親がいなくなり、母親は酒と薬に溺れ、地元実業家ケンに囲われる。あまりに不幸な少年がオートバイ事故を引き金に妹の行方を追う糸口が見え始める。別の少女誘拐事件の犯人の判明により、過去の事件が明らかになっていく。
    ストリーの展開に引き込まれるがあまりに悲惨な境遇の少年と障害のあるその友人をメインにして話しが進むのでちょっとやるせない気分になる。

  • ジョン・ハートのラスト・チャイルドを読みました。

    ジョニーは13歳、1年前に誘拐された双子の妹アリッサを探し続けています。
    妹が誘拐されてしまったあと、父親は失踪し、母親は薬物依存症になってしまいます。

    しかし、ジョニーは自分の信念をまげずにアリッサを探し続けます。
    担当警官のハントはジョニーとその母親の助けになりたいと行動していきますが、成果があがりません。
    そして、ジョニーの探索の結果、隠されていた事実が現われてきます。

    文体がちょっと変で、誰が何をしているのかがすっと頭に入ってこないので読んでいていらいらしました。
    訳が悪いのか、もともとの文体が悪いのか。

    謎解きはそれなりに面白かったのですが。

  • レビューは上巻で。

  • 誘拐された双子の妹。彼女がいなくなってから一年を経過するが、あきらめずに一人探す少年ジョニー。事件後に崩壊した家庭が元に戻ることを願いながら。

    家族の再生のために一人で行動する少年の気持ちが胸に迫る。
    孤独の戦いを強いられるジョニー、さらに仕事を越えて私的感情のままに事件を追う刑事ハント。彼らを通して大人社会の怠慢さ、思慮のない好奇の目、警察組織の歪みが明るみに出る。

    かすかな期待が実を結ぶことを願いながら下巻へ。

  • 第1回(2011年度)受賞作 海外編 第10位

  • やや長い感じがする。あとがきにもあるが、純粋なミステリーというよりは家族の物語。悲惨な事件が続くが読後感は悪くない。次から次と事件がおきて複雑になっていくが、訳が分からなくはならない。複雑に絡み合っているように見えた伏線が実はまったく関係なかったという結末も現実味があって良い。

  • ジョニーの双子の妹 アリッサはどこへ?
    上下巻の長編の割には最後の真相がオーソドックスであまり驚きがない。
    現代でもありがちな事件

  • 今まで積読だったが、やっと読んだ。言葉は語弊があるかも知れないが、
    面白く、一気読みだった。

  • 上下2巻で700ページあったが、約1週間で読了。親子の絆、大人の友情、強く人を想う気持ち…。読み応えがありました。

  • 双子の妹が行方不明になり、自力で探す双子の兄の話。父親も家を出て、母親は薬とお酒まみれ…。救い様がない。
    翻訳本はどうしても翻訳者の力量に依る部分が大きく、今回も満足させるものではなかった。
    また、海外の小説はどうしても宗教感の違いがすんなりと受け入れられず、理解が深まらない。

  • 誘拐された双子の妹、アリッサを探して、孤独の戦いを続けるジョニー。彼を見守りつつ、事件に取り憑かれてしまった刑事ハント。神の声に耳をすませる脱獄囚リーヴァイ。三人の妄執が事件を思わぬ方向へ向かわせる上巻。

  • 双子の妹の誘拐事件を機に家庭が崩壊してしまった兄ジョニーが妹を行方を捜すミステリー。

    作品全体に漂う雰囲気や、登場人物たちの様子がどことなく暗くそういう雰囲気の本が好きな自分には、どんどん引き込まれて行きました。

    父親が失踪し、母親はろくでなしの男とともに薬に溺れているにもかかわらず、妹を追い続けるジョニーの描写が巧みです。このような状況なのでなんとか強くなろうと頑張っているのですが、まだ13歳なため時折見せる子供っぽい口調や様子が、余計に深く響きます。

    この事件の担当の刑事のハントも事件にこだわり続ける様子や、家族との関係について苦悩する様子がしっかりと描かれていてこちらの描写も良かったです。

    展開はけっこうゆっくりとした感じでした。なのでここから下巻がどうなるのか楽しみです。

    アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長編賞
    英国推理作家協会賞最優秀スリラー賞
    2011年版このミステリーがすごい!海外部門5位

  • めまぐるしい展開

  • 2011年このミス1位の文庫化上巻。主人公は13歳なのに、車は運転するし、銃は持つ。う~ん。。。アメリカって怖いところだな。。。

  • 大人はかつて子供だった

    大人はかつては子供だったのだが
    そんな子供のころのことは、大人になっていくに従って
    段々と忘れていく
    大人になってはもううれしくもなんともない事も
    子供の時はドキドキ、ワクワクさせられたりしていた
    特に大人の真似をして車の運転をしてみたり
    お酒やタバコを味わう真似をしてみたり
    また、隣の校区まで足を延ばしてみたり
    山の中に入って基地を作ったりと
    冒険、探検の気分を味わえたものである

    子供たちも逆に今大人になっている人たちが
    かつて子供だったことを頭に置かず
    大人には子供の気持ちが分からないだろう
    とばかりに反発したり距離を置いたりする

    本書の著者は当然ながらかつて子供だった大人
    本当の子供の視点ではないが子供の気持ちを思い
    子供から大人の世界を見た様子を描いている

全48件中 1 - 25件を表示

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)に関連するまとめ

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に登録しているひと

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)の作品紹介

少年ジョニーの人生はある事件を境に一変した。優しい両親と瓜二つのふたごの妹アリッサと平穏に暮らす幸福の日々が、妹の誘拐によって突如失われたのだ。事件後まもなく父が謎の失踪を遂げ、母は薬物に溺れるように…。少年の家族は完全に崩壊した。だが彼はくじけない。家族の再生をただひたすら信じ、親友と共に妹の行方を探し続ける-早川書房創立65周年&ハヤカワ文庫40周年記念作品。英国推理作家協会賞受賞。

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)のKindle版

ツイートする