ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 41人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Samantha Hayes  奥村 章子 
  • 早川書房 (2015年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151810510

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミネット・ウォル...
キャシー・アンズ...
スティーヴン キ...
ミネット・ウォル...
パトリック レド...
フェルディナント...
米澤 穂信
ピエール ルメー...
ヒキタ クニオ
有効な右矢印 無効な右矢印

ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

  • スピードよく読めたが、ロレインとアダム夫妻の家庭のごたごたの話いるのか?夫妻の娘グレースが彼氏の家に住むから家を出るのどうのって…そんな話どうだっていいです

    石女の凄まじい情念の恐ろしさはよく描かれていたが、彼女の決して他人には計り知ることのできない悲哀の深淵をもう少し深く描いてほしかった 
    グレースの反抗期話にさくよりかさw

    表紙&タイトル(原題まま)はすごく好き

  • サマンサ・ヘイズ『ユー・アー・マイン』ハヤカワ文庫。

    今一つのサスペンス。今や海外翻訳ミステリーは文庫でも平気で千円超えなので、選択には余程慎重にならないと、つまらない本を読み終えた時のショックは計り知れない。

    裏表紙の紹介文でお茶を濁す…

    夫、妻、双子の男児、そしてもうすぐ女児が生まれる幸せな家。そこに一人のベビーシッターがやってきた―33歳のゾーイは、巧みに反抗的な双子をてなずけ、夫は彼女を信頼するようになる。が、妊婦のクローディアには何かがひっかかる。ひそかに家の中の何かが微妙に変わっていく。その頃、街では妊婦が残忍な手口で惨殺される事件が起き、さらに同様の事件が…全世界の女性をうならせた、衝撃の結末が待つサスペンス。

  • この物語のベビーシッターのゾーイと『ゆりかごを揺らす手』のベビーシッターのペイトンのイメージが重なっちゃったまま読んでた。

    なんで「ホンモノのベビーシッター」じゃないのに、それまでの経歴をうまくごまかせるんだろう。
    それができるなら身分の保証なんてムリってことだよねー。

    っていうのが、この小説とかゆりかごとかに抱きつづけてたギモン。
    だけど、この小説ではそこの「ナゾ」もちゃんと解明されてた。

    この物語を展開させていくのは女性3人の視点。
    ひとりは、海軍のエリート軍人の後妻となったクローディア。
    前妻とのあいだの双子の男の子の継母となりながら、じぶんも女の子がもうじき生まれる臨月。
    ケッコンした家はお金持ちでものすごい豪邸。
    仕事は福祉事務所のソーシャルワーカーで、出産後も仕事を辞める気はない。

    もうひとりは、3人の子持ちになっても働きつづけるつもりのクローディアに雇われたベビーシッターのゾーイ。
    ちゃんと過去のシッター歴の保証もあるし、すぐに双子の男の子を手懐けちゃったほどの腕前。
    だけどいろいろ怪しくて、クローディアはゾーイにいろんな違和感をいだいていく。

    もうひとりの視点は警察官のロレイン。
    警察官の夫といっしょに、臨月の妊婦のお腹を切り裂いて胎児をとりだす妊婦惨殺事件を捜査してる。
    ティーンズの娘がふたりいて、長女はカレシとケッコンするからと家出しちゃうし、次女もそんな姉を支持してて、「親子」関係の危機真っ最中。

    ロレイン視点は三人称だけど、クローディアとゾーイは一人称で、この視点の切り替えにさいしょはちょっと戸惑ったりしてた。
    読みにくいかんじがしたんだけど、でもストーリー的にはぐいぐい読めちゃって。

    読んでると、いろんな伏線が散りばめられてるのに気づく。
    どの伏線もなんとなく回収法が予測ついていくんだけど、ある伏線だけなかなかその回収の予測がたたないから、「あれはなにー?どんな意味ー?」っていう「ナゾ」がじぶんの中にはりつき続けてた。
    結果的にこれが衝撃のラストに繋がる伏線だったねー。

    だけど、いろいろ次々出てくる人たちが、いろいろ繋がってることが明らかになっていくから、読んでてラストの予測が混乱して、そのニンゲン関係をまとめようと働いてしまう。

    わたしのあたまでは相関図が必要になったぐらい。
    あきらかに『ゆりかごを揺らす手』みたいなラストだとおもってたのに、複雑なニンゲン関係がぜーんぶちゃんと繋がってることに気づいてくると、「警察官が犯人にたどり着く」行程がおもしろくなってくる。

    ただ出産の予定がある女主人とベビーシッターのごたごたじゃなくて、警察が殺人事件の犯人を追いつめていくミステリ仕立て。

    このおかげで、ベビーシッターのゾーイがクローディアに隠していたことが明らかになってくる。

    最後まで読み終えると、この小説、あのラストの衝撃を読者にたのしませる工夫がうまくされてたねー、って感心しちゃう。

    予測できる人もいるとおもうし、冷静にかんがえるとカンタンに予測できちゃうラストなんだけど。
    途中にいろんな方向に話を膨らませていろんな伏線を散りばめていくせいで、冷静になる間もなく一気に読み進めちゃったわたしは、このラスト、「え!?」ってなった。

    おもしろかった。
    途中でいくつか抱いた違和感も、ちゃんとその解明のオチがつけられてたし。

    でも。
    ものすごい残忍な犯行を思いついたのに、その犯人の計画じたい、ものすごいムリがあるすぎる気がする。
    被害者選びもぜんぜん慎重じゃないし。
    肝心なとこが杜撰。
    それがこの小説のちょっと残念なとこ。

  • 海軍の父、女の子を身籠っている母、双子の男の子、という家庭。
    そこにベビーシッターがやってくるが、どうもこの女性が怪しい。
    並行して、妊婦の腹を掻っ捌くという殺人事件が発生する。

    物語は母親、ベビーシッター、刑事の3人の女性の視点が切り替わりながら進行していく。
    母親の過去、ベビーシッターや刑事のプライベートも徐々に描かれて、少しずつ雲行きが怪しくなっていく。

    サスペンス調のシーンだけ一人称視点にしたりすると、海外ドラマっぽくて映像化しやすそう。

    出産、母親というのが前面に押し出された作品で、人によっては毒になるかもしれない。
    というかそういう毒が回った3人が主人公と言えるか。関係者の方が楽しめるとは思うが、妊娠期間は避けた方が無難かも。

  • ジャケ買い。

    夫、妻、双子の男児、そしてもうすぐ女児が生まれる幸せな家。そこに一人のベビーシッターがやってきた―33歳のゾーイは、巧みに反抗的な双子をてなずけ、夫は彼女を信頼するようになる。が、妊婦のクローディアには何かがひっかかる。ひそかに家の中の何かが微妙に変わっていく。その頃、街では妊婦が残忍な手口で惨殺される事件が起き、さらに同様の事件が…全世界の女性をうならせた、衝撃の結末が待つサスペンス。(amazonより)

    「ゆりかごを揺らす手」な感じかと思って読み始めたら、あの映画みたいに子供たちに手を出すこともなく、その家族ごと手に入れる、みたいなことはなかった。
    それよりも「臨月の妊婦のお腹を切り裂いて胎児を取り出す」事件が起きて、そこに夫のかつての浮気・娘の家出に悩む女警部補が登場。それに段々ゾーイがつながっていく、という展開。

    ミステリーとしては、うーん、犯人は読めてしまったし、警部補の家庭環境はえらく描かれたけど、捜査に関してはあまり書かれていなかったので、ちょっと残念かと。
    とりあえず女性の「妊娠」に対する執着がすさまじい。
    犯人に言いたい。
    もっとちゃんと下調べして襲う相手を選びなさい!

  • 後半唐突に話が進んだような。
    エピローグがやるせなさすぎ。

全8件中 1 - 8件を表示

ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に登録しているひと

ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)の作品紹介

夫、妻、双子の男児、そしてもうすぐ女児が生まれる幸せな家。そこに一人のベビーシッターがやってきた-33歳のゾーイは、巧みに反抗的な双子をてなずけ、夫は彼女を信頼するようになる。が、妊婦のクローディアには何かがひっかかる。ひそかに家の中の何かが微妙に変わっていく。その頃、街では妊婦が残忍な手口で惨殺される事件が起き、さらに同様の事件が…全世界の女性をうならせた、衝撃の結末が待つサスペンス。

ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)はこんな本です

ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)のKindle版

ツイートする