クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)

  • 18人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : MISHAGRAPHICA  片山奈緒美 
  • 早川書房 (2015年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (479ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151815034

クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クーポンを使ってはいるものの、物を大量に買っているので節約しているとは思えない。主人公はともかく周りのキャラの印象が薄く、全体的に文章が読みにくいです。

  • 前半はやや散漫なところもあるけど、中盤からぐいぐい引き込まれた。クーポンをめぐるアメリカの買いもの事情も興味深い。複雑な割引率のクーポンを駆使して節約に精を出す主婦の日常がとてもリアルだし、ミステリー部分もしっかりしていて良かった。次作も楽しみです。

  •  安売りだからってモノを買う人。クーポンがあると最大割引率を目指すためにガンガン物を買う人、いません? 「えっそれってお買い得なの?」と突っ込みたくなる人。

     ヒロインのマディはエセレブのクーポンマダム。世間的にはセレブと思われているが、家計は火の車だし、家族はのんきにそれまでの生活レベルを守っている。マディは匿名のクーポンマダムとして、家計のお助けサイトを作り(それで収入を得ている?)。
     「マディは何もしない方がお得なんじゃないかな」と思いつつ、割引にかける情熱やクーポンの使いっぷりは笑える。よいコメディエンヌだ。

     そんなクーポンマダムの登場するミステリは、謎解きよりも人物造形とアメリカ社会の風景(セレブやホームパーティや度を超したように見える健康志向など)に興味を惹かれる。

     ただ……これ面白いけど、続刊が翻訳されるか微妙である。新レーベルだとどうなんだろうね。

  • ハヤカワが昭和女子大とコラボしたシリーズの1冊です。

    「クーポンマダム」・・・クーポンと、マダムですよ! 
    不釣り合いなことこの上ない二つの単語が、主人公を充分に表しています。

    主人公マディはセレブ奥様。夫は地元の名士、人気テレビ番組の司会者。悠々自適の生活だったのに、その夫が破産!! えーー、ファイナンシャル番組の司会者なのに?!
    体面と生活を保つために、彼女はクーポン片手にバーゲンを駆け巡り、人気ブロガー「クーポンマダム」となったのだ!!

    そして、事件に出くわす、と。(でないとお話にならない。)

    面白そうでしょう?

    しかし、この本、すっごく読みにくかったです。
    とにかく、チャカチャカしている。
    あんまりこんな表現は使いたくないけれど、もうなんというか「散らかっている」を通り越して、チャカチャカ。
    シリーズものの1冊目というのは、作者も話もどうしてもアイドリング状態になるようで、散らかった、読みにくいものになりがちですが、 それにしても激しすぎます。

    主婦の仕事、セレブの仕事、ブロガーとしての仕事、実際一人の人間がするときには、同時進行で色々やらなくてはならないでしょう。
    しかし、文章一段落の中でそれを全部やりきるのはどうでしょうか?
    原文がそうなのか、翻訳がそうなのか、両方がそうなのかわかりませんが、もうちょっとなんとかしてほしいです。

    その上、登場人物が多い。家族、ショッピングモール、友人・・・いっぱい出てくるのに、人物紹介が不親切! みんなが頼りにしている、あの本の折り返しにある紹介が、たった数人!
    これは1冊の本としては不親切だし、なによりミステリーなら致命的なミスでしょう。(理由はミステリー好きにはわかるはず。)

    「人物紹介があんまり多いと、難しい本だと思っちゃうから・・・」とか、変な勘違いでもしましたか?

    「マダム」が主人公のこの話を、女子大生はどう読んだのだろうかと、巻末の彼女らの対談を楽しみにしていたのですが、まったくもって、期待外れでした。

    ぽーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとした会話、いや会話ともよべない、なんにもないものが、ただ、羅列されているだけ。

    おもろないねん。

    最近の女子大生は・・なんて言いません。同じシリーズの『ケチャップ・シンドローム』はこのページも興味深いものでしたから。 

    なんか、残念な感じですが、読後に自分でも驚きました。

    2冊目も読みたいと思ったのです。

    5分の2をすぎたころから、話のテーマが定まってきたからでしょう、読みやすくなってきました。さらに、ラスト近くになると、脇目もふらず読んでいました。 面白かったんです。
    ミステリー部分が「わお、アメリカ的!」と感じたのも理由でしょうか。

    巻末の、2冊目のあらすじを見るに、1冊目よりさらに面白そうです。
    アメリカでは3巻まで出ているそうです。

    願わくば、2冊目以降が、もうちょっと読みやすいものでありますように!

  • 最後に意外がふたつ。
    へぇ〜、そうだったんだ〜となります。
    ま、ミステリですからどんでん返しはお約束でしょうけど。

全5件中 1 - 5件を表示

クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)を本棚に登録しているひと

クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)を本棚に「積読」で登録しているひと

クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)の作品紹介

倹約スキルの指南で超人気のブロガー主婦・マディが、巻き込まれた事件の謎に挑む。

クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)はこんな本です

クーポンマダムの事件メモ (ハヤカワ・ミステリ文庫“my perfume”)のKindle版

ツイートする