マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)

  • 1247人登録
  • 3.83評価
    • (220)
    • (175)
    • (288)
    • (18)
    • (5)
  • 187レビュー
著者 : 高村薫
  • 早川書房 (1993年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152035530

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)の感想・レビュー・書評

  • 硬質で、細かい文章と重厚な展開すべてがきちんとまとまっていた。夢中で読んだ。警察内部の軋轢や、犯人の思い。ところどころでいらっとさせられるけれど、それもそれで。メインの登場人物たちが男くさくて、それもまたこの雰囲気にプラスされていて、いい。ちょっと胸やけもしたけれど、たぶんそれもこの本の魅力なのでしょう。
    最後あたりの犯人の行動には、心を打つものがあった。純粋すぎたんだろうなあ、きっと。生きてきた中でのはじめての希望。なんだかすごく胸が苦しくなった。最終的に、ひとごろしでもなんだか憎めない犯人だったなあ。いっちゃん悪いのはあっちなんだと思う。でも、いろんな要因が絡み合ってこの展開を生み出したっていうこともある。最後に犯人は光を見れたのかなあ。いっしょに見たいひととは見れなかったとか、さびしすぎる。
    今度は1日かけて一気に読破しようと思える作品だった。じゃないと、おもしろさが伝わってこないと思うんだ。

    (441P)

  • 久しぶりの高村薫作品。この人はずっと読んでいたのだが、何故かこのあたりから読まなくなってしまった。
    この人の緻密で計算された文章が、ちょっと苦手だったのかもしれない。

    これを読み終わってまっさきに思い出したのは、警察小説の名作「87分署シリーズ」だ。
    あちらはアイソラという架空の都市を舞台にしているが、その実際の舞台がニューヨークという世界一の都市であることは明白だ。
    そしてアイソラで日々、犯罪者と戦っているのが、87分署の面々だ。市警の殺人課刑事との縄張り争いなども描かれているが、それよりも刑事ひとりひとりの人間を描き、犯罪者の心を描いている、名シリーズだ。
    それに、とてもよく似ていると思った。


    東京という、日本一の都市を舞台にした刑事たちと犯罪者との物語。合田という男を主人公にピックアップしているが、合田だけでなく他の刑事たちの人となりもさりげなく見事に描ききっている。かっこいいヒーローはいない。そこにいるのは、汗にまみれ、泥臭い普通の男たちだ。

    むしろ、奇妙なまでの透明感を持って描かれている「マークス」のほうが、ヒーロー的なかっこよさを持っている。
    時代背景もあり、病的で悲惨な人生を背負っている彼は、子供のような純粋さと残忍さを兼ね備えている。そんな彼の全てを受け入れ、彼を癒し守る存在が、真知子という看護婦だ。彼女は、ヒロインがひとりも存在しないこの物語の中で、天使のような優しさをもって描かれている。
    彼女がいなかったら、この物語はどうしようもなく救いようがない物語になっていただろうし、マークスの魅力も半減していただろう。
    「マークス」という名前の真相、「マークスの山」というタイトルに込められた意味がわかる、ラストシーンへ向けては、重厚な文章であるにもかかわらず、疾走感に溢れている。
    ラストシーンは、真っ白な光と、静謐なまでの山の荘厳な姿が描かれている。その山に、マークスは何を求めていたのだろう。それを考えると、胸が苦しくなる。
    そして彼の思いを受け止めた合田の決意がいい。さらにその合田の決意を、懐深く受け止める、合田の義兄もまたいい。男を描くというのは、こういうことをいうのだろう。

    ちなみに、この人は最初に出たものから、文庫に収録される時に大幅に変更するというので有名。なんだったか、犯人が変わっているのがあるという噂だ。
    これも、読み終わった後に文庫版を手にして、ちょっと読んでみたが、かなり変わっていて笑ってしまった。
    ラストシーンは、断然、こちらのハードカバー版のほうが、いい。

  • 終了日:2010・7・23、破壊力は文庫版と変わらない。

    特に最後にかけては文庫版は大分改稿してるな。エンディングが!
    文庫版を読み終わった当初は、結構意味不明…としばらくぼーっとしちゃったんだけど、こっちの方が明確というかはっきりというか。
    物悲しさはどっちもどっち。
    というか最後に義兄出た!何も言うまい!
    森君が好きだ。頑張れお蘭。
    とにかく感無量。
    水沢がもうどこまでも愛しいよ。真知子に心臓抉られる。
    というか文庫版色んな意味で結構容赦なかったんだなと。
    改稿の方式が、私の読んだ限りではわが手/李歐とマークス単行本/文庫版ではよく似てると思った。改稿版は数段硬質というか、冷たいのか。
    人間的というか、生身の体温、みたいなのはもちろん改稿前後両方にあるんだけど、その方向性がどうも違う。セピアとモノクロとか。決してカラーではない。ただ文庫版の方が、少しだけ色調が硬いというか、モノクロとセピアの中間、みたいな。
    直木賞受賞作品恐るべし。

  • 気合が必要な本だ。
    内容も量も、ずっしりと重い。
    けれど、時折現れる驚くぐらいに美しい場面。ここを読むと、また印象が変わってくる。
    基本、容赦がない本。でも面白いです。

    合田と加納さんの、何とも言葉に表せない雰囲気。好き。

  • 93年に直木賞を獲得した
    「女帝」高村薫の合田雄一郎シリーズ一冊目


    高村さんの中では最もミステリ色が強い作品ですが
    あくまでもこれは“警察小説”であり
    支柱は謎解きではなくて社会悪と人間の情念です

    「とても女性が書いたとは思えない硬筆」
    「偏執的なまでに緻密な描写」
    「ホモソーシャルとホモセクシャルの倒錯」
    高村さんの本を読んだ時に誰しもが必ず抱くであろうこの三点は
    もちろんこの作品も例外なく当該しています
    全ては作者の頭の中での「うそばなし」なんだ、と頭では分かっていても
    余りに紙の中の世界の流れにリアリティが有りすぎて
    一瞬これは何処かであった実際の事件の記録ではないのか?などと錯覚するくらいの重厚な読み応えでした

    先にLJを読んでいたせいか若干の生硬さを感じる箇所もありましたが
    やはり人物の心情の変化をスケッチすることに物凄く長けた作家さんだという印象が強いです
    人間の情念の変動全てに言葉を与えてやらんでか!という偏執的な熱が文字からびりびり伝わって来ます


    高村作品=インテリ中年まみれ の鉄則通り
    今作も登場人物はとりあえずオッサンだらけです
    冷血漢で口が悪くてキレモノの合田を筆頭に
    顔を合わせればメンチを切り合うチーム七係の睦み合いには毎度にこにこが止まりません
    そして菩薩顔で義弟を過保護しまくる浮き世離れした義兄が登場するたびに心の中でハードカバーをぶん投げていました
    そりゃ根来さんも三年後に河原でいぶかしむよ...! 大笑

  •  なぜか一作品も読んでないのに好きな作家さんになるという予感、そして実際未読の単行本2冊をお気に入り作品ばかりの棚に並べていましたが、勘はやっぱり当たるのです。

    読み終えるのにけっこう時間がかかりました。

    読み応えがあり過ぎてついていくのに必死でした。というか正確には完全にはついていけてなかったと思います。情報量も多く、読み流していい文章も一文もありません。

    凄いでも足らず満足でも足りません。もの凄い作品であり大満足です。読解力、想像力、集中力をもっとつけてから高村作品にまたチャレンジしたいと思います。

    あぁ本当に気持ちよく頭が疲れました~充実充実の日々をありがとうございました。

    昨年、文庫版が発売された「レディー・ジョーカー」上中下巻

    買って損はない!と、高村作品は「マークスの山」しかまだ読んでない私が無責任に保証します!

  • 高村薫さんといえば、あの「酒鬼薔薇」事件を思い出す。
    彼女は、だれもが「黒いゴミ袋を提げた中年の男」を犯人と疑わずにいたときに、タンク山に実際に登ってみて「ここは大人が死体を隠すような場所ではない」という意味の論説を新聞に発表していた。
    その後、すぐに犯人が中学生だと判明し、そのあまりの慧眼に大いに恐れ入ったものである。

    高村薫という作家の作品は、緻密かつ心理描写の巧みさが売り。
    そのかわり非常に取っ付きが悪い。(この小説も、50ページ読み進むのに何日かかったことか)
    最後まで読めたのは、ひとえに主人公の合田刑事のキャラクターによる。
    わたしは惚れました。(ぽっ)
    この人に共感できるかどうかが、評価の分かれ目かもしれない。

    最近、高村さん本人による推敲文庫版が出たそうだが、こんなに完璧に見えるのに、どこがどう気に入らなかったのだろうか。
    頭のいい人が考えることはわからない。

  • 私には難解でした・・・。
    登場人物多し。
    図書館で借りましたが、二度延長しやっと読了。
    面白くないわけではありません。
    面白くなかったら挫折してたと思うので。

    WOWOWのドラマ版は評判が良かったようですね。
    見逃した。またやらないかなぁ。

  • 再々読。繰り返して読むうちに感じ方が変わる。
    今回は真知子の心情が理解できた気がする
    真知子の中にも暗い山があったのだろう。

  • 三作目。一番読みやすかった。合田と一緒に事件を追いかけた感。山へ追う緊迫感が伝わってきた。死なないで欲しかったなあ。

  • 直木賞受賞作にて合田シリーズの第一作。
    私は先に「レディ・ジョーカー」を先に読んでしまったため、なかなか手が出しにくかったのですがようやく読めました。
    しかし相変わらず文章と内容が重い。面白いのですが。主人公合田が出てくるのも遅いし。それも表現法の一つでしょうか。読むのがしんどかったです。

  • 高村作品、なかなか入り込めない。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    昭和51年南アルプスで播かれた犯罪の種は16年後、東京で連続殺人として開花した―精神に〈暗い山〉を抱える殺人者マークスが跳ぶ。元組員、高級官僚、そしてまた…。謎の凶器で惨殺される被害者。バラバラの被害者を結ぶ糸は?マークスが握る秘密とは?捜査妨害の圧力に抗しながら、冷血の殺人者を追いつめる警視庁捜査第一課七係合田刑事らの活躍を圧倒的にリアルに描き切る本格的警察小説の誕生。

    【キーワード】
    単行本・ミステリー・警察・昭和・山

  • 前半の濃密な描写、特に山や警察の人間模様、犯人と看護婦の関係の描写も良かった。でも後半いよいよ真相が判明するというあたりで、息切れ?もっと犯人と林原の精神の暗部とか描いて欲しかった。ちょっと惜しい作品だった。

  • 2015年11月12日読了。
    どんな頭してたらこんな話を書けるんだろう・・・。

  • 髙村さんの文章は硬いとよく聞いてたのでいつも読むのに躊躇してたけど、なんとかやっと読むことができました。じっくりと前半を読み進めれば、後半から一気に話の展開に引き込まれページが止まらなくなりました。最後の場面はとっても印象に残ります。

    色々気になる部分があるので文庫版の方も読むべきなのかな?両方読んで補完するものなのか。機会があったら文庫の方も読んでみたいです。

  • 映画が先行で読んだ作品。そして合田ファンになった最初の本。
    やっぱり映画の制限時間では表現しきれなかったんだなぁと思いました。(悪くはなかったけど)

    高村作品の主人公は悲しい部分が多く、毎回胸を締め付けられるのですが、この作品はまた、山の美しさと不幸とが相混じって更につらい。
    最後の死が美しいことが救いです。

  • 昭和51年、南アルプス・北岳の登山道近くにある工事現場で殺人事件が起きる。
    その16年後、東京の住宅街で元暴力団員と高級官僚が殺される連続殺人事件が発生。
    暴力団員と官僚という、一見接点のなさそうな二人が殺された理由は?
    捜査は難航を極めるが、徐々に、16年前の事件との関連性が見えてくる。

    骨太なハードボイルド作品。
    まず、メインの事件は東京で起きるが、「山」がキーワードになっているので山好きが読むと山の描写を楽しめると思う。

    謎が謎を呼び、点と点がなかなか結びつかなくて、主人公の刑事の焦りが読む者にも伝染して物語にグイグイ惹き込まれる。
    犯人と思しき人物の抱える闇や、刑事たちの人間描写も細かいなど、群像劇の側面もあって読み応え十分。
    善と悪の境目が曖昧で、少しせつなくもある。

  • 図書館で借りた本。
    山で一家心中事件が発生したが、当時10歳の男の子は逃げだし、ぎりぎりの所で命は助かった。
    同じころ、山で働いていたノイローゼ気味の男の所に、登山者が迷い込み、熊と間違えられて殴り殺されるという事件が発生した。
    それから16年後。東京で連続殺人事件が発生する。【マークス】とは、誰なのか。調べていくうちに16年前の事件と繋がっていく。

  • 本当に久しぶりに読んだミステリー。
    相棒が「読みなはれ」と差し出してきたハードカバーのあまりのぶ厚さに正直げんなりしましたが、
    気がつくと、犯人を追い詰めようとする男たちの熱さ(それと足のひっぱりあい)にのめりこんでいました。

  • 文庫本に続き単行本読了。前評判通り!よく解らなかった箇所がお互いに補完されて。両方読む意味甚大だな。それでもなお不明なことあり。映画で出ていたけどムリやり入れたかな。一つの話をあちこちからみたのは初だけどどれもよかった。税所はちょっとついていけなかった描写の緻密さは女性作家ならではかもしれないけど今では納得。

  • 直木賞(1993上/109回)

  • 警察ってのが何も全員正義の味方で、聖人君子みたいなのばっかりじゃないとは思うけど、腐敗なんて言葉で一言では済ませられないような複雑な世界。こんな世界にいれば、山に登りたくなるものだろうか。

全187件中 1 - 25件を表示

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)に関連するまとめ

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「積読」で登録しているひと

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)の作品紹介

昭和51年南アルプスで播かれた犯罪の種は16年後、東京で連続殺人として開花した-精神にを抱える殺人者マークスが跳ぶ。元組員、高級官僚、そしてまた…。謎の凶器で惨殺される被害者。バラバラの被害者を結ぶ糸は?マークスが握る秘密とは?捜査妨害の圧力に抗しながら、冷血の殺人者を追いつめる警視庁捜査第一課七係合田刑事らの活躍を圧倒的にリアルに描き切る本格的警察小説の誕生。

ツイートする