オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記

  • 13人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Martin Obler  Thomas Clavin  小林 宏明 
  • 早川書房 (2001年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152083296

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメのタイトルから本来っはどんなこと?(直接の関連はない)
    って興味だけで、図書館から借りてきた本。

    職業倫理を重んじた精神科医が依頼されてかかわることになった青年と関わりと、とある事件に関連する出来事の記録。
    事実の記述なので、ノンフィクションと異なり、被害者感情や犯行を行った人物の一切の描写はないので読みやすい。

    今度、羊たちの沈黙借りてみようかな?
    多重人格の女性警官の話で『モイラ』があるらしいのだが、まだ未訳とのこと、興味があるので翻訳版がでるといいな。

  • ニューヨークの精神科医である私のもとを、
    サイコパス的な傾向を色濃く見せる、
    デヴォンという青年が訪れた。
    診療にとりかかった私は、
    やがて驚くべき事実を知ることになる。
    彼がセラピーの最中に告白した
    血なまぐさい性的殺人妄想を、
    マンハッタンを徘徊する連続殺人鬼
    “ ソーダ・ポップ・スラッシャー ”が実際に再現したのだ。
    デヴォンがそれを話したのは事件報道の前。
    ということは、
    彼がソーダ・ポップ・スラッシャーなのか!?
    だが、私には精神科医としての神聖な守秘義務がある。
    警察にデヴォンを告発するわけにはいかない。
    板挟みになって苦しむ私を嘲笑うかのように、
    サイコパス・デヴォンは狂暴な牙を剥き出し、
    ストーカーとなって私の子供たちや恋人を
    つけ狙いはじめた…
    「現実と化した『羊たちの沈黙』」として全米読者に
    衝撃を与えた、事件当事者の精神科医が綴る
    心理ノンフィクション。

全2件中 1 - 2件を表示

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記を本棚に登録しているひと

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記を本棚に「積読」で登録しているひと

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記はこんな本です

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記のハードカバー

オブラー博士の危険な患者(クライアント)―サイコパスに狙われた精神科医の手記のマスマーケット

ツイートする