大統領法律顧問 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Brad Meltzer  中原 裕子 
  • 早川書房 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (449ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152083920

大統領法律顧問 (ハヤカワ・ノヴェルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 展開は見事だった。ときどき小説特有の冗長なものいいが鼻についたが

全1件中 1 - 1件を表示

大統領法律顧問 (ハヤカワ・ノヴェルズ)を本棚に登録しているひと

大統領法律顧問 (ハヤカワ・ノヴェルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大統領法律顧問 (ハヤカワ・ノヴェルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

大統領法律顧問 (ハヤカワ・ノヴェルズ)の作品紹介

法律問題の側近として絶大な権力を持つ大統領法律顧問。そのオフィスに所属するマイケル・ギャリックは有能な青年で、将来を嘱望されている。そんな彼が大統領の娘ノラからデイトに誘われた。ノラの奔放な振る舞いに驚きながらも、その魅力に引き込まれていくマイケルだったが、思わぬ事件に遭遇する。彼の上司、大統領法律顧問のサイモンの姿を偶然見かけ、あとを追った彼とノラはサイモンが何者かに大金を渡している証拠をつかんだのだ。だが、その時からマイケルの運命が狂い始めた。法律顧問オフィスの一人が殺され、マイケルが容疑者としてFBIから追及されることになったのだ。FBIはノラも共犯者と見なしていた。大統領選挙の年にそれが公になることは絶対に避けなければならない。強さと弱さを合わせ持つ複雑な性格のノラを守りつつ、マイケルは自分の無実を証明するために、陰謀の真相を突き止めようと調査を始める。だが、次々と思いもよらぬ事件が起き、彼は蜘蛛の巣にからめとられるように絶体絶命の危機に陥っていく…。ホワイトハウスを舞台に、巧妙な罠を仕掛ける敵とマイケルが繰り広げる白熱の頭脳戦。圧倒的な面白さで全米を熱狂させたサスペンス大作。

大統領法律顧問 (ハヤカワ・ノヴェルズ)はこんな本です

ツイートする