科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Michael Baden  Marion Roach  春日井 晶子 
  • 早川書房 (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152084606

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 米国法医学の第一人者が語る科学捜査、裁判の現場、その道のスペシャリストたちの風変わりな研究など。
    ミステリの延長でこの手の本を読んでいる。
    この本は日本人にも馴染みのあるO・J・シンプソン事件やジョンベネちゃん事件が取り上げられていて割とすんなり世界に入れた。
    まず読者をモルグに誘い、検死解剖の詳細と手順を披露する。そこには作者なりのこだわりもあって、それを読んでいくうちに検死に対する作者の真摯な姿勢も見えてくる。
    法昆虫学、法気象学など耳慣れない専門家の話も興味深い。
    大勢の人が死体の言葉を聞くために努力しているのは本当にすごいと思う。そしてそれが決して頭でっかちにならないあたり、米国の国民性なのだろうか。
    またこの本では法医学でも不可能なこと、それだけに頼ってはいけないことなどが併記してあるのもいい。
    一緒にインチキな法医学者がいることも隠さず書かれている。
    過去に行った検死解剖すべてを再審理される法医学者がいるなんて、想像の外だ。日本より遥かに進んでいると思われる米国の方医学界でも人手不足、資金難なんだなぁ。
    もっと検死解剖が世間に知られるようになると、殺人が減ったりしないのかなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線のその他の作品

Dead Reckoning: The New Science of Catching Killers ハードカバー Dead Reckoning: The New Science of Catching Killers マイクル・ベイデン
DEAD RECKONING ペーパーバック DEAD RECKONING マイクル・ベイデン

マイクル・ベイデンの作品

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線はこんな本です

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線を本棚に登録しているひと

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線を本棚に「読みたい」で登録しているひと

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学が死体に語らせる―驚異の法医学捜査最前線の作品紹介

検死解剖を手がけた変死体の数は20,000を超える米国法医学界の第一人者が、スペシャリストたちの風変わりな研究や、科学捜査、裁判の現場を透徹した筆致で自らリポート。DNA鑑定をはじめとして、復顔技術、耳紋分析、昆虫学といった諸分野の最新成果を吸収しながら進歩を遂げる法医学こそが、法の裁きを決定することを雄弁に語った瞠目のノンフィクション。

ツイートする