狗 (ハヤカワ・ミステリワールド)

  • 22人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (5)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 小川勝己
  • 早川書房 (2004年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152085788

狗 (ハヤカワ・ミステリワールド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 悪女をテーマにした短篇集。
    適度に後味悪い系。

  • 蝋燭遊戯/老人と膿/You裡/代償/夢の報酬、の5編収録。
    悪女もの短編集というところか。それほどのインパクトはなかった。
    特に「夢の報酬」はバンドの話でバンドに興味がなければ退屈。ラストもある程度は予測できた。
    なぜかこの作家さんにはミステリーという印象がなく、謎解きめいた結論にミステリーだったと安心したりした。
    ところで、タイトル「狗」(いぬ)の意味しているところが、よくわからなかった。
    (図書館)

  • 5作
    悪女

  • いやもう、本当に気が滅入ります。(褒め言葉)

  • 「悪女」テーマの短編集、といえるかな。どこかおかしくてどこか恐ろしく、どこか惹きつけられる女性が多々登場。そしてどれもこれもがまあなんという結末か。でもこういうのはけっこう私の好きなタイプの物語なんだよなあ。小池真理子さんの初期短篇みたいな雰囲気。
    「蝋燭遊戯」はかなりコンパクトな短篇なんだけれど、毒とユーモアがさくっと効いててお気に入り。こういう結末は予想しなかったなあ。しかしこういう悪戯って案外ポピュラーなのかしら。
    それはそうと「You裡」の舞台になってるキャバクラって……やっぱりあそこだよねえ。

全7件中 1 - 7件を表示

小川勝己の作品

狗 (ハヤカワ・ミステリワールド)はこんな本です

狗 (ハヤカワ・ミステリワールド)の作品紹介

復讐、虐待、束縛、背徳、疑心暗鬼…暗黒の深淵にたたずみ、卑しさ故に純美な五人のファム・ファタルと、翻弄され堕ちていく愚かな男たち…。狂気と愛憎の狭間で揺れ動く壮絶な人間模様を抉り出した「蝋燭遊戯」「老人と膿」「You裡」「代償」「夢の報酬」の五篇を収録。クライム・フィクションの鬼才が放つ現代悪女列伝。

ツイートする