ブラック・リスト (ハヤカワ・ノヴェルズ)

  • 30人登録
  • 4.06評価
    • (7)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 山本 やよい 
  • 早川書房 (2004年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152085955

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
奥田 英朗
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
村上 春樹
パトリシア・コー...
パトリシア コー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラック・リスト (ハヤカワ・ノヴェルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初の頃のVIシリーズを彷彿させられ、ヴィクのタフさが復活したようでした。ストーリー展開も、日常茶飯事的な小さな殺人事件が、歴史の暗い部分とリンクしていたりと興味深かかった。
    何より、911テロ事件直後のヒステリックなアメリカの世情を思い出され、改めて集団心理の怖さを感じた。

  • 展開がちょっとだるい。

  • テロ以降の実アメリカ市民の心情や影響が読み取れた。愛国法と赤狩と絡み。ミステリーとしても当然面白かった。展開もリズムも小気味よく一気に読めた。

  • シカゴの地理にサッパリ詳しくなく、外国人の名前を聞いて出身がピンと来ないジャパニーズな私には、シカゴっ子の探偵V・Iの活躍もいまいちピンとこないのだ。
    とはいえ、その辺の機微を詳しく説明されるとかえってカッコよくない、醒めてしまう。こちらはそのアメリカンな空気を想像して読むしかないのです。
    長ったらしい似たような名前と人間関係(ミズ・○◎とは○◎のお母さんだったかお祖母さんだったか?とか)にめげずについていくと、怒涛の展開及びちょっぴり切ない大団円はまさに2時間ドラマ。アメリカ版火曜サスペンス。
    30代後半になってなおガッツに溢れ面の皮の分厚いV・Iは、多分濃いめの昔風美人。
    今回は04年に出たシリーズ最新作。9・11後のアメリカの社会不安みたいなのが描かれつつ。
    「愛国者法」は怖い法律だね。

  • 9.11テロの後のアメリカ。今まで何となく現在ではない時代のミステリだと思い込んでいたら、今のことだったんだと今さら。
    相変わらず傷だらけのウォショウスキー。恋人が帰ってきても平穏な日常は耐えられないんでしょうね。金持ち人種と庶民派ヴィクの
    対決も納得の平凡な庶民の私でした。

全5件中 1 - 5件を表示

サラ・パレツキーの作品一覧

サラ・パレツキーの作品ランキング・新刊情報

ブラック・リスト (ハヤカワ・ノヴェルズ)はこんな本です

ツイートする