イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代

  • 46人登録
  • 3.41評価
    • (2)
    • (5)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Robert Whiting  松井 みどり 
  • 早川書房 (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152085993

イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イチローがいかに米国の野球に対するノスタルジアをかきたてるスーパースターなのか、米国への革命的なインパクトの大きさを情熱的に語る文章はイチロー礼賛ともいうべき内容です。イチローが女性好きでスキャンダルになりかけた?という話しは詳しく知りませんでしたが、あの冷静な表情から考えられないですね。そのほか、マッシーこと村上雅則、野茂英雄、伊良部秀輝、長谷川滋利、ゴジラ松井とリトル松井などの米国への挑戦の経緯、その後がかなり詳しく語られています。著者が日本の野球のことを「屋外歌舞伎」と呼ぶ米国人がいる、という表現は思わず笑ってしまいそうなぐらいピッタリのイメージでした。イチローが米国で尊敬を受け、注目を浴びているのももしかすると「宮本武蔵」「忠臣蔵」などと重なる部分があるのでしょう。選手だけでなく、広岡達朗球団代表によるバレンタイン・ロッテ監督の更迭事件にみる日米の野球観の違いなども必要なのは猛練習か、休息かという両国の文化の違いを感じさせる納得性のある記述です。「屋外歌舞伎」という言葉を使うときにも著者自身も日本野球に批判的なわけではなく、日本の良さを理解したうえでの議論を展開しており、日本野球への情熱もひしひしと感じます。

  • 野球にはあまり興味がないので
    結構知らない話題が満載でした。

    まず一番驚いたのがサチヨ夫人。
    まーあの有名な監督さんの奥さんである。
    あの人は激動の人生を歩んでいます。

    24歳の時一度40歳くらいの外国の人と
    結婚しているそうです。
    その時子供を二人授かっているのだが、
    長男が2歳の時に家を出ていって、
    その後監督と再婚しています。

    ただその監督(捨てられた子供)の
    心の広いことに養子として
    子供達を引き取っています。

    その子供は現在はメジャーリーグに
    行く日本人選手のエージェントなどの
    仕事をしています。

    それにしてもサチョすげー。

    題名はイチロー革命なのだが、
    別にイチローがメインの本ではない。
    いろいろなメジャー選手が
    取り上げられており、
    裏話も結構記載されているので
    おもしろい。

    あと特筆すべきは日本のプロ野球界だろう。
    Gイアンツのwatanabeは北朝鮮の○○と
    一緒な感じがします。

    まるで旧ドイツの独裁政治家です。
    自分のこと(Giants)しか考えてないように
    すら思えます。

    日本人じゃこの内容の本は
    だせないだろうな・・・

  • イチローに関する本は何でも面白いですね。

  • (単行本 - 2004/10)

全5件中 1 - 5件を表示

ロバート・ホワイティングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野村 克也
東野 圭吾
村上 春樹
ヘミングウェイ
村上 春樹
東野 圭吾
『夢をつかむイチ...
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
ウォルター・アイ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代はこんな本です

イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代を本棚に「積読」で登録しているひと

イチロー革命―日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代の作品紹介

イチローはぼくらに野球の醍醐味を教えてくれた。『菊とバット』の著者が、白球を追って海を渡った男たちの夢と現実を描く。

ツイートする