ブラックサッド -黒猫の男-

  • 136人登録
  • 4.18評価
    • (28)
    • (18)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : フアン・ディアス・カナレス 
  • 早川書房 (2005年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152086532

ブラックサッド -黒猫の男-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵はいいんですけどねぇ。
    ストーリーは、普通です。

    そして、主人公はかっこつけすぎ。

  • これもジャケ買い。こっちは当たり。

    内容はそこそこ、でも絵がスゲぇうまい。

  • 絵柄は美しいし話は深いしで素晴らしい漫画。みんな動物なのに人間な生活をしているのもなかなか興味深いけれど、あ 可愛い というカンジでなく動物の姿でもって社会を風刺しているところが面白い

  • 擬人化された動物たちが登場するハードボイルドな探偵物語。

    とにかく丁寧。
    キャラクターやモブと、彼らの表情、背景が丁寧にカラーで描かれています。

    これ凄い。

  • 動物漫画が好きな人は好きかもしれない。
    ネコ科が好きな人も好きかもしれない。
    そうじゃない人にはつまんないかもです…(汗

    内容はハードボイルド。
    そこをキャラクターが後押しするといった感じ。
    絵が綺麗なので、お話にのめり込むというより
    眺める用に置いておくのも惜しくないなぁ…
    万人向けというより、コレクター受けする作品でしょうか。

    因みに私はこのシリーズ集めたい派です。

  • この男臭さに痺れろッ!

  • まるで映画を見ているみたいだった。
    画面から、都会の雑踏の音が聞こえてくるようだった。

  • 再読。
    ヨーロッパ発、レイモンド・チャンドラー風探偵コミック。正し登場人物は皆動物。

    クール。男にとって必要なことは、ジェームズ・ボンドではなくフィリップ・マーロウが教えてくれると言わんばかりのセリフ回しがたまらない。

  • 教科書。

  • 知人から借りて。
    全体の印象は、ハードボイルド鳥獣戯画。
    人(獣?)種、キャラクターのイメージと豊かな表情が素晴らしい。あと、ポージングも。洗練されたデザイン、コマ展開はフランスらしい。映画的。とにかく格好良い。

全17件中 1 - 10件を表示

ブラックサッド -黒猫の男-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする