マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : James L. Swanson  富永 和子 
  • 早川書房 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (517ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152087690

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1865年南北戦争終焉期にリンカーン大統領は美形の悲劇俳優に殺害された。殺害から12日間の暗殺者の奇跡と人々の思惑の変遷が描かれる。
    映画にもなるそうな。

全1件中 1 - 1件を表示

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間を本棚に登録しているひと

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間の作品紹介

1865年4月14日、合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンは、妻と観劇のために首都ワシントンのフォード劇場を訪れた。だがその劇場で、一人の男が大統領を待ち構えていた。男の名はジョン・ウィルクス・ブース。俳優である彼は奴隷解放反対主義者で、奴隷解放を掲げるリンカーン大統領とその政府に反感を抱き、彼を亡き者にしようと企んでいた。ブースの放った銃弾は、観劇中の大統領の頭部に命中。あっけにとられる観客を尻目に、ブースは用意していた馬で一路南部を目指す。だが脱出の際に彼は脚を骨折、逃避行の予定は大幅に狂った。それでも南部に行けば、彼の行動に賛同して住民が守ってくれる、彼はそう信じていたが…。合衆国で最初に暗殺された大統領となったリンカーン。そしてその暗殺犯として名を残したブース。本書はそのブースと、彼の企てに加担した者たちの、政府要人襲撃から逃亡、潜伏、そして最期までを描いたリアリティ溢れるノンフィクションである。

マンハント―リンカーン暗殺犯を追った12日間はこんな本です

ツイートする