そして誰もいなくなった (クリスティー・ジュニア・ミステリ 1)

  • 126人登録
  • 4.14評価
    • (20)
    • (18)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
制作 : 水戸部 功  青木 久惠 
  • 早川書房 (2007年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152088819

そして誰もいなくなった (クリスティー・ジュニア・ミステリ 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前にも読んだことがあるのだけれど・・・忘れてしまっていた。でも、おかげで楽しみながら再読できた!先日テレビドラマでやっていたので、急に読みたくなり図書館で借りてきました。歌に合わせて進められる殺人事件。秘密を隠し持つ10人の人物。腹の探り合い。そしてあっと言わせるラスト。疑心暗鬼となった人々の心理を読み、状況を分析し、犯人を考える。まさにミステリの楽しさが詰まっています。

  • 童謡の通りに人が殺されていくという話。でも、10人しかいない島で10人が死んだら…あれ?犯人は?!
    最後の謎解きは、ちょっと「おいおい」と思わなくもなかったけれど(特に首吊りのくだり)、「法律で裁けない罪を犯した人間に罰を」というコンセプトには惹かれる。やりたくなる気持ちは理解できる。
    やっぱり名作だと思う!

  • やはり、無人島にあった詩のように人が1人2人と消えていくところが最高に面白い。

  • 初めて読んだアガサ・クリスティ。以前から「そして誰もいなくなった」というタイトルに惹かれていて、ようやく読むことができた。
    全員がお互いを疑いながら警戒しているにもかかわらず、一人また一人と消えていき、残された人たちが恐怖のために狂っていく心理描写がリアルだった。
    童謡とシンクロしているところも楽しめた。
    登場人物が多く色々な名前が出てくるので、それぞれの人間を把握するのに少し時間がかかったが、ラストの犯人の告白文で、謎がするすると解けていくのが気持ち良かった。

  • 子供が図書館で借りたので読ませてもらった。あらすじは知っていたけど、読んだことがなかった。さすが名作。無理があるような気がしつつも、面白く読めた。

  • 小野さんオススメのサスペンス。
    前編ルビが振ってあるので小学生、中学生向きかも。
    内容としては、面白いが登場人物が多すぎて一度では理解しにくい。何度か読み返すとその意味などの理解が深まるかも。設定勝ちの本。 

  • 淡々とした語り口がたまらない

  • (2012-11-17)

  • 思ってたより感はあったが、発想はやはり奇抜だと思った。リズムよく話が展開されていって、トリックというよりは心理描写がリアルだった。

  • 児童書で読んでしまったけど、ハヤカワクリスティーシリーズだからいいでしょう。
    それにしても凄いストーリでしたね。計算しつくされた連続殺人に結末が早く知りたくて、一気読みでした。
    むかーし映像化されたのを見ただけだったので、本として読めてよかった。アガサクリスティーは天才!

全19件中 1 - 10件を表示

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
村上 春樹
有川 浩
村上 春樹
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

そして誰もいなくなった (クリスティー・ジュニア・ミステリ 1)を本棚に登録しているひと

そして誰もいなくなった (クリスティー・ジュニア・ミステリ 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして誰もいなくなった (クリスティー・ジュニア・ミステリ 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

そして誰もいなくなった (クリスティー・ジュニア・ミステリ 1)の作品紹介

オーエンと名乗るなぞの人物に招待された年齢も職業もばらばらの十人の男女が孤島の邸宅に集まったとき、おそるべき殺人ゲームの幕が開いた。部屋に飾られていたぶきみな童謡の歌詞どおりに、一人また一人、客たちがつぎつぎと姿の見えない殺人者の犠牲になってゆくのだ。だが、島には十人のほかにはだれもいない。犯人はこのなかにいるのか?正体不明の犯人の狙いはなにか?そして、最後に生き残るのはだれなのか。

ツイートする