オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)

  • 81人登録
  • 3.88評価
    • (5)
    • (12)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 水戸部 功  山本 やよい 
  • 早川書房 (2007年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152088826

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有川 浩
三浦 しをん
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.7.17

  • 僕にもこんな灰色の脳細胞があったら…。

  • そんなのあり?と思うような展開でしたが、よく計算されていると思います。古典的な探偵小説です。

    乗客(容疑者)全員の証言を取って、現場の検証。
    物証、不審人物、犯行時刻などの疑問について、助手(ポワロの知り合い)と推理。
    不自然な推理は捨て、事実のみに焦点をあてる。
    読み手も探偵と一緒に、推理に参加している気分が楽しめます。

    結果、名探偵ポワロでも、犯人を「断定」することはできませんが、そこは人情話で、外から列車に侵入した第三者による犯行という逃げ道(推理、可能性)が残されています。

    犯行の背景にある悲劇、人間関係って犯行の動機として、推理ゲームのお約束なので、そういう意味では分かりやすくて嬉しいですね。
    動機が理解できない嫌な終り方より、よっぽどいいです。

  • やはり、大人向けの訳のものを読み直そう。

  • 最後に「えええええ」と叫んでしまった。
    まさかそうだとは。
    ミステリは門外漢なので、そういうのもあるんだなと。

    山本やよいさんの翻訳は読みやすく
    若い頃からハヤカワにどうしてもなれることができなかった自分でも
    読みやすい字の大きさだった。
    ルビが多いのは、対象年齢を小学高学年以上にしているから、なのかな?

  • 犯人は噂で知ってたけど、流れが気になって読んでみた。
    やっぱり推理小説を読む上で、犯人を知ってたら面白さ半減ですよね。
    ネタバレはいかんと、つくづく感じました。
    でも、アガサ・クリスティは色んな犯人にチャレンジしてるなァと感動。

    めっきりアガサ・クリスティ贔屓な私です。
    (*´艸`*)

    (2012/12/22 読了)

  • (2012-12-09)

  • 2月10日

  • ヨーロッパを横断する豪華寝台列車・オリエント急行。
    雪で列車が立ち往生している中、金持ちのアメリカ人が殺される。
    列車に同乗していた名探偵エルキュール・ポアロは殺人事件の
    調査を依頼され・・・

全10件中 1 - 10件を表示

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)に関連する談話室の質問

アガサ・クリスティーの作品一覧

アガサ・クリスティーの作品ランキング・新刊情報

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)を本棚に登録しているひと

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)を本棚に「積読」で登録しているひと

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)の作品紹介

数日がかりでヨーロッパを走り抜ける豪華寝台列車、オリエント急行。さまざまな国の客が乗り合わせたその日の列車は、雪の中で立ち往生してしまう。しかも車内で殺人事件まで起こった。殺されたのは、金持ちのアメリカ人男性。たまたまこの列車に乗っていた名探偵エルキュール・ポアロは、事件を調査することになる。犯人は乗客の誰かにまちがいない。ところが全員にアリバイがあるのだ。はたして、ポアロの推理は…。

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)はこんな本です

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)の文庫

オリエント急行の殺人 (クリスティー・ジュニア・ミステリ 2)のKindle版

ツイートする