エア (プラチナ・ファンタジイ)

  • 52人登録
  • 3.30評価
    • (3)
    • (2)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 古沢 嘉通  三角 和代 
  • 早川書房 (2008年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152089229

エア (プラチナ・ファンタジイ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    2020年、中国、チベット、カザフスタンに国境を接する山岳国家カルジスタンのキズルダー村では、先祖伝来の棚田を耕し、昔から変わらぬ生活を続ける人々が暮らしていた。
    中国系女性チュン・メイは、そんな村の女性のために、町にでかけてドレスや化粧品を調達し収入を得る“ファッション・エキスパート”だった。
    ある日、キズルダー村で、新システム“エア”のテスト運用が行なわれることになった。
    “エア”は脳内にネット環境を構築し、個々人の脳から直接アクセスを可能にする新しいネットワーク・システムで、一年後の全世界一斉導入が予定されていた。
    だが、テストの最中に思わぬ悲劇が起きる。
    メイの隣人タンおばあさんが、システムの誤動作が原因で事故死してしまったのだ。
    テスト中、メイは“エア”内でタンおばあさんと交感、彼女の全人生を体験する。
    それ以降、おばあさんの意識はメイの脳内に住みついてしまうが、まるでその代償であるかのように、メイは偶然“エア”にアクセス可能なアドレスを取得する。
    それをきっかけにメイの人生は急転回を見せはじめる。
    “エア”がメイに、そして人類にもたらすものとは…。
    SF界を代表する物語作家が、異質なテクノロジーと出会い、アジアの小村から世界を変えることになるひとりの女性の人生を、ストレートに描いた巨篇。
    英国SF協会賞/アーサー・C・クラーク賞/ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞受賞。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • マンデイン SFってどんなんよ、ってことで。

    「エア」は脳内に構築されるネットワークシステム。
    どうやって実装するかっては一切なく話は進むんですが、ラスト100ページくらいになって11次元とかって出てきて、ひも理論で逃げるかーと。^^;

    さらに「エア」を実現するIT的小道具建てが微妙~ 
    30年前の作品ならともかく、今世紀の作品なのに・・・

    一言で言っちゃうと、デジタルデバイドを超えて
    ユビキタス・ネットワークへ~~って感じです。

    主人公チュン・メイが洪水洪水と騒ぐ辺りで、カッサンドラー的ラストが見えてきて、後半ダラけてしまった~

    胃で育った胎児(突っ込まないで)が「エア」とそう絡むかって所と、物語とは関係ないところで、チュン・メイがいい感じに面倒臭い田舎の中年女なのが、まあちょっと救いかな。

  • 【資料ID】140616
    【分類】933.7/J48

  • ファンタジー+SFの内容で語彙や世界観が半端ないので翻弄される。だが、イメージに流されるうちに、いろいろ伝わってくるように感じる。
    なかなかのハードSFでした。

  • 久々にSFと銘打ったSFを読みました。
    カバーに紹介されていたあらすじに惹かれて…。
    「エア」という頭の中にインターネットを入れるようなシステム。そのテスト中に尊敬するタンばばさまと一緒にいたメイは、その衝撃の瞬間彼女とリンクし、不幸な事故で亡くなったタンばばさまの記憶がそのまま彼女に残された―――――。
    そんな内容から想像していたのは、その他にものこったエアのシステムを使えるようになったメイが、今まで暮らした山を降り、その能力を使わざるを得ない環境に身を置き、そして……、と思っていたのですが、見事に裏切られました。
    でも、これはいい裏切りだったんだろうなぁ。
    人間はそう一等特別な人間にはなれないし、またならなくていいんだろうな、と思える話。
    背景はSFだけど、どちらかといえば生きていく、ということが主題の物語。
    面白かったけれど、これを自分の中に受け入れる物語として読むには自分がまだまだ(笑)
    海外文学だなぁ、と思った。

  • 丹地陽子 装画
    岩郷重力+wonder workz ブックデザイン

  • おばさん 2020年、舞台は中国とチベットとカザフスタンに国境を接する架空の国カルジスタンの山奥 SF 

  • 女性の自立と民族格差をSFで味付け。後半のスピードがそれこそ洪水に押し流されるようだった。ラストの展開には付いていけず。
    メイが変わるにつれ男も変わる。

  • ?メイは世界で最後にオンラインにつながることになる村に住んでいた? 魅力あふれる書き出し。 舞台は、中国、チベット、カザフスタンと国境を接する架空の小国・カルジスタン。 怪しくもあり神秘的でもあり。 伝統的文化が残る村に新世代のネットが入り込む(パソコンを必要とせず「エア」といって人の心の中で検索やメール、エンターテイメント視聴ができる)。そして、中国共産党に影響を受けた歴史や少数民族の存在。 何が起こるか期待抱かせる設定。 その山村で暮らす女性を主人公にしたSF小説。 2段組500ページに迫る長編。 読んだ。 結果。私は、この小説を、近未来中央アジア版『女たちのジハード』として紹介する。『女たちのジハード』は、1997年の篠田節子の直木賞受賞作。結婚か会社かの二者択一ではなく、道を自分で切り開こうとする女たちの連作集。マンション購入、留学、農業ビジネス、型にはまらない登場人物に好感を持てた。 話はさらに飛ぶ。同じ90年代のヒット曲、大黒摩季の「夏が来る」が先日ラジオから流れた。 ラジオのパーソナリティが、行き後れた人たちへ、なんて紹介したけれど、身もふたもないが、そのとおり。この曲こんなことを言っている。 選ばれるのは何もできないお嬢様。逆に残るのは何でも知っている女王様。だけど、歳を取るのは悪くない。あきらめない。私の夏はきっと来る…。『エア』の主人公・メイは村のファッションエキスパートとして、新しく情報を仕入れ、村の女たちに化粧品や服を提供する商売をしていた。 しかし、村にネットがつながることになり、その情報は誰もが簡単に手に入れられるものになる。 さらに彼女の亭主が借金を背負う。 メイも若くない。さあ、どうする。 そう、『女たちのジハード』「夏が来る」の女たちと同様、あきらめないのだ。 後半は一気呵成に物語が進む。 私としては、出だしのぞくぞくする設定をていねいにまとめてほしかった。 そうすれば、だいぶ違ったテイストの作品になったのだろうな。『女たちのジハード』が悪いと言っているわけではないんですけどね。

全10件中 1 - 10件を表示

ジェフ・ライマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コーマック・マッ...
アルフレッド ベ...
グレッグ・イーガ...
冲方 丁
貴志 祐介
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

エア (プラチナ・ファンタジイ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エア (プラチナ・ファンタジイ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする