処刑人の秘めごと (ハヤカワ・ノヴェルズ)

  • 23人登録
  • 4.22評価
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Peter Lovesey  山本 やよい 
  • 早川書房 (2008年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152089274

処刑人の秘めごと (ハヤカワ・ノヴェルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現在再再読かな? ダイヤモンド警視ものは全て複数回読んでいる。これが目下の最新翻訳。さっさと続巻翻訳しろよ、ハヤカワ。以前、問い合わせを出したけれど全く返事なし。無責任な出版社だ。こうなったら自分で原書買って訳すしかないと思いつつもう何年?

    ステフの事件以後、2つめの事件。前回の警部ヘン(めんどり)とちょと良い雰囲気だったが、次はパロマ(鳩)ですか?
    というのは蛇足(もなにも本筋にすら入ってないよ)

    ええと、出ましたバース名物連続猟奇殺人事件。男女のカップルが一組ずつ吊るし首になって見つかる。事件現場がいずれもパースの名所なのがまたよろしい。

    今回、この本を持ってバースに行ってきたけれど忙しくて。帰りの飛行機で続きを読んだのだが、もう少し早く先まで読んでいれば、バスフォード見物に行ったのに、とそれが惜しかった。

  • この作品は、ラストで泣かされる。ミステリーとしても、もちろん楽しい。

  • 謎は謎でおもしろいけど、犯人像が今ひとつ。
    ダイヤモンド、がんばれ!

  • バース警察のピーター・ダイヤモンド警視が活躍するシリーズ第9作。公園のブランコで発見された女性の死体。死因は、自殺に見せかけた絞殺だった。一方、ダイヤモンド警視のもとには、「秘密の崇拝者」を名乗る者から謎の手紙やプレゼントが舞い込む。一体、誰が、何のために?そして、失踪中の女性の元・夫が首吊り死体で見つかる。「漂う殺人鬼」では、「最期の声」からのショックを引きずっていたダイヤモンド警視でしたが、今作では、本来の調子を取り戻しつつあります。落ちはある程度読めましたが、警視の本格的な復活を願って星四つにします。

全5件中 1 - 5件を表示

ピーター・ラヴゼイの作品

処刑人の秘めごと (ハヤカワ・ノヴェルズ)はこんな本です

ツイートする