第三帝国のオーケストラ―ベルリン・フィルとナチスの影

  • 42人登録
  • 3.83評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 松永 美穂  佐藤 英 
  • 早川書房 (2009年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090256

第三帝国のオーケストラ―ベルリン・フィルとナチスの影の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元々は雇用主である指揮者の待遇への不満から楽員が自主管理を行うオーケストラ「有限会社ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」として発足したベルリンフィルが財政破綻して国の援助に頼らざる得なくなった時期と、ドイツにおいてヒトラーのナチ党が政権を取った時期が重なり、ベルリンフィルは生き残るために「帝国オーケストラ」となる道を選んだ。

    これは、そのベルリンフィルがナチ党に対して何に妥協し何を守ったかをつぶさに追ったノンフィクションだ。

    元々彼の国の戦中戦後の内政などは戦後に作られた映画位でしか知らないので従来、戦中戦後のベルリンフィルがどのような評価を受けてきたのかも知らないから、この研究がどれだけセンセーションなのかは判らないのだが、広範な資料からも読み取れない部分は「わからない」としながらも当時のベルリンフィルの「立ち位置」がよく判る。

    ノンフィクションというよりは殆ど学術書・研究書に近いのに、とても劇的で映画みたいな作品だと思ったら、同じタイトルの映画が製作されているのですね。興味津々。

  • 自分にはこの本を面白く読むための前提となる知識が欠けている、ような気がします。ベルリンフィルとナチとの関係が一般的にどう理解されているのか?とか、そんなたぐいの。

    それがないので、具体的事例を取りあげての説明が、単なるエピソードの羅列にしか思えず、「で?」と思わずにはいられなかった。

    ・・・話の面白みが感じられなかったのは、カタカナ名前が覚えられないからだけじゃないと思いたいっ。

  • 聴き比べがしたいなあ

  • 2010.01.24 日本経済新聞に掲載されました。
    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

全4件中 1 - 4件を表示

Misha Asterの作品

第三帝国のオーケストラ―ベルリン・フィルとナチスの影はこんな本です

第三帝国のオーケストラ―ベルリン・フィルとナチスの影を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

第三帝国のオーケストラ―ベルリン・フィルとナチスの影を本棚に「積読」で登録しているひと

第三帝国のオーケストラ―ベルリン・フィルとナチスの影の作品紹介

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が世界でもっとも有名なオーケストラの一つであることに、疑問はない。だが、ヒトラーがドイツ首相となった1933年、このオーケストラは経営的に厳しい状況に追い込まれていた。そのとき、指揮者フルトヴェングラーが援助を求めたのは、宣伝大臣ゲッベルスだった。こうしてベルリン・フィルは、「帝国オーケストラ」としてナチス・ドイツのプロパガンダの道具になっていく。ナチ党への協力と対立、ユダヤ人団員問題、「帝国オーケストラ」としての演奏旅行。そして、音楽の理想と戦争の影の葛藤のなかでむかえたドイツ敗戦…。フルトヴェングラーとカラヤンの時代が過ぎ去ったいま、さまざまな原資料からナチス時代のベルリン・フィルを再現した傑作ノンフィクション。

ツイートする