灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

  • 38人登録
  • 3.79評価
    • (5)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 加賀山 卓朗 
  • 早川書房 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090386

灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミスタ・ワンパターン万歳。もちろん次も読む。

  •  結婚式のさなかの起きる誘拐事件という派手な幕開き。しかも、敵役として登場するのは、かつてスペンサーに重傷をおわせた「グレイ・マン」である。期待しないわけがない。例によって例の通りのストーリィ展開なのだが、ラストはある意味意外な結末で、それなりに味があった。

     しかし思うのだけど、このシリーズはもはやハードボイルドはおろか、ミステリとさえ言いにくいものになってきているような気がする。一番近いのは、連続テレビドラマ、それも「水戸黄門」のような、一話完結型の連続ドラマだ。なじみの登場人物が出てきてなじみの活躍をし、安心してみていられる感じ。時々登場人物の誰かにスポットが当たり、その意外な一面が見えてきたりする。

     このところ毎回物足りなさを感じるのだけれど、それでも気持ちよく読めてしまうところが憎いところである。ある種の中毒性があるシリーズである。それにしても、「決別」の頃のような大きな動きがそろそろほしいと思う。

    2009/9/6

  • スペンサーシリーズ36冊目。今回も普遍のテーマである自尊心をキーワードに一気に読ませる内容。人として、男として日頃忘れがちなテーマだからこそこんなに長く似たようなストーリーでも読む度にリマインドしてもらえる

  • ボストンの私立探偵スペンサー・シリーズ第36作。舞台は孤島。依頼で富豪の結婚式に招待されたスペンサーとスーザン。ところが嵐ともにやってきたのは「あの」男だった。そのまま孤島で物語が進行するのかと思ったら、違いました。後半、思いもよらない展開が待っています。前作より上出来。

  • 09/7/26
    スペンサー

  • シリーズの36作目。35作目からは、あまり間をおかずに出版された。訳者のあとがきによれば、スペンサーシリーズの執筆のペースが早まっているようだ、とのことで、ファンとしては嬉しいけれども、ロバート・パーカーの年齢を考えると驚異的な話ではある。本書はシリーズのなかでも、かなり出来の良い方の部類にはいるのではないか、と思う。

  • スペンサーさん、お久しぶりです。そういえばここ何作かお会いしていませんでしたね。相変わらず皆さんお元気そうでなによりです。今回もすらすらさらさら読めてしまいました。ホークさんはやはり素敵ですね。またのお越しをお待ちしております。

全8件中 1 - 8件を表示

ロバート・B・パーカーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート・B・パ...
有効な右矢印 無効な右矢印

灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

灰色の嵐 (ハヤカワ・ノヴェルズ)の文庫

ツイートする