神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)

  • 335人登録
  • 3.85評価
    • (30)
    • (51)
    • (37)
    • (3)
    • (2)
  • 54レビュー
著者 : 須賀しのぶ
  • 早川書房 (2010年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090546

神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感想は2巻で。

  • 2011年8月24日〜8月26日

  • ナチス政権下のドイツを舞台に繰り広げられる歴史ロマンである。紹介から引用させてもらえれば、
    『1935年、ドイツ。若く優秀な保安情報部員アルベルトは、党規に従い神を棄てた。そして上官のハイドリヒから、ヒトラー政権に反発する国内カトリック教会の摘発を命じられる。一方、アルベルトの幼馴染マティアスは、大恐慌で家族を失くし、修道士として静かに生活していた。道を分かたれた二人が再び出会ったとき、友情と裏切りに満ちた相克のドラマが幕を開ける』

    敗戦後屈辱的な不条理条約を結ばれたドイツは、ヒトラーの台頭によって返り咲く。一方で政府と教会の対立やユダヤ人の迫害、ゲシュタポや政府による異分子の排除などドイツにとっては後世に渡って歴史に刻みこまれた惨憺たる悲劇が相なす時代であろう。

    余談だが、私はアルベルトの方により感情移入させられた。彼の目的とは何か。次巻が楽しみである。

  • ナチス政権下のドイツを舞台にした歴史ロマン。カトリック弾圧を題材にエリート将校と修道士、幼なじみふたりの友情と裏切りが、重厚かつ繊細な文体でサスペンスフルに描かれる。かいまみえる神、信仰といった深刻なテーマも興味深い。
    さらなる激動を予感させつつ1巻終了。いざ2巻へ。

  • おいおいおいおい気になるよぉぉぉ

  • 図書館で。
    着地点はどこなんだろう。ぐいぐい読ませてくれるけど、不快になるくらい基本的な変換ミス、主要人物の記載ミスが多い。校正したの?

  • 初読の作家さん。1935年ナチス台頭下のドイツ。ss保安情報員アルベルトとカトリック修道士マティアスを主軸に進むストーリー。この時代の話にしては凄く読みやすくてしかも面白い!しかもこんなところで終わるのか1巻は!続きが気になって眠れないわ。タイトルも秀逸。なんとなく結末が予測できるような…。

  • 最後になってやっと面白くなってきた。
    興味ある内容の割には登場人物が生きてこないあたり「帝冠の恋」に通じるかな・・・。

    しかし、フィクションとは言え、当時の人たちはそれほど強い信念をもってSSやらSDやらに入っていなかったのか・・・と。お給料やら何やらを鑑みて入っていたりしたのか・・・と。それなのにあんなにひどいことができてしまう人間って一体全体どういう生き物なんだろう。

  • とても面白かったし、続きが気になるところで一巻が終わるので、手元に二巻を用意して読むといい。

    嵐の日のテオの言葉、亡命した少女の言葉が印象的。
    本が始まりすぐに裏切られる。

  • ほかの方のレビューの通り誤植が多いですが、表紙はこちらの方が本の雰囲気とよりマッチしていると思います。アルベルトに肩入れして読んでいたので、マティアスがどんな行動をとってくるのかハラハラしながら読みました。

全54件中 1 - 10件を表示

須賀しのぶの作品

神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)に関連する談話室の質問

神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に登録しているひと

神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)の作品紹介

1935年、ドイツ。若く優秀な保安情報部員アルベルトは、党規に従い神を棄てた。そして上官のハイドリヒから、ヒトラー政権に反発する国内カトリック教会の摘発を命じられる。一方、アルベルトの幼馴染マティアスは、大恐慌で家族を失くし、修道士として静かに生活していた。道を分かたれたはずの二人が再び出会ったとき、友情と裏切りに満ちた相克のドラマが幕を開ける。全二巻連続刊行の歴史ロマン大作。

ツイートする