神林長平トリビュート

  • 95人登録
  • 3.50評価
    • (5)
    • (5)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 早川書房編集部 
  • 早川書房 (2009年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090836

神林長平トリビュートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桜坂洋『狐と踊れ』、虚淵玄『敵は海賊』、森深紅『魂の駆動体』、仁木稔『完璧な涙』は良かった。辻村深月『七胴落とし』は原作と全然違うけど好き。

  • 神林長平という名前にひかれて読みました。それぞれ個性的なアイデアや文体ではまる人にははまるのでしょうが、改めて神林ワールドのすごさを感じました。思えば当たり前のことですが、神林ワールドは神林長平によってしか再現できないのです。

  • 神林長平デビュー30周年を記念して、その影響を受けた新世代作家8人が、神林SFを代表する長短篇を独自に解釈、自由奔放に想像力を広げた傑作アンソロジー。全篇書き下ろし(「BOOK」データベースより)

    狐と踊れ/桜坂 洋
    七胴落とし/辻村 深月
    完璧な涙/仁木 稔
    死して咲く花、実のある夢/円城 塔
    魂の駆動体/森 深紅
    敵は海賊/虚淵 玄
    我語りて世界あり/元長 柾木
    言葉使い師/海猫沢めろん

    以上の8作品を、各作家が独自の作品に書き上げたトリビュート。

    桜坂・辻村・仁木さんの作品が好きだな~。
    円城さんの作品はやや難解・・・。
    でもそれぞれ味のある作品なので、読み比べができるという意味でも神林FANにはお勧めの一冊。

  • 物語の最前線です。読みましょう、理屈なしに。

    そして、小説と関係ない最後の最後の編集部のところで滂沱。

  • 2010/5/22
    辻村深月につられて。
    神林長平さん存じ上げません。すいません。
    元々SFは不得手です。
    「SF=少し不思議」が私にはピッタリです。
    いろんな人が書いてるので当たり外れがあります。
    合う合わないというべきか。
    辻村深月・森深紅・元長柾木が当たり。とメモ。

  • 元ネタの作品をすべて読んでるわけではないんですけど、
    どれも楽しめました。
    まあ、当然ながら、元ネタ知ってれば、より楽しめます。

    個人的リクエストとしては
    「雪風」「ライトジーンの遺産」のトリビュートが読みたかったな、と・・w

  • 世界観。
    虚淵さん、辻村さん、元長さん、森深紅さん。

  • いくつか気になる名前があったので。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
伊藤 計劃
有効な右矢印 無効な右矢印

神林長平トリビュートに関連する談話室の質問

神林長平トリビュートを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神林長平トリビュートを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神林長平トリビュートの作品紹介

神林長平デビュー30周年を記念して、その影響を受けた新世代作家8人が、神林SFを代表する長短篇を独自に解釈、自由奔放に想像力を広げた傑作アンソロジー。全篇書き下ろし。

神林長平トリビュートに関連するサイト

神林長平トリビュートはこんな本です

ツイートする