ブクログ大賞

進化の存在証明

  • 278人登録
  • 4.04評価
    • (16)
    • (15)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
制作 : 垂水 雄二 
  • 早川書房 (2009年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (637ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090904

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
サイモン シン
リチャード・ドー...
村上 春樹
リチャード・ドー...
マーク・ピーター...
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
マーシャ・ガッセ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

進化の存在証明の感想・レビュー・書評

  • 宗教に対する追撃はまだ手を緩めてなく、この本でも再三語られていますが、本業にしっかり内容の重心を移していて、進化論の現在到達地点を知るに格好の書です
    科学者の仕事としてはもちろん素晴らしいし、またそれを抜きにしても何十億もの人を敵にまわしてまでも、誠実であろうとする氏の姿勢には激しい共感を覚えます

  • ドーキンス、の名で読むと少々拍子抜けだが、創造論をいちいち潰していく文章がまたドーキンスらしく溌剌(笑)どうしても進化論をわかってもらいたいというあっつーい熱意が伝わるし、一般向けなのでややこしくもない。学校で教わった通りに進化論を受け入れている日本人は読んでおくべきだと思う。教科書に書いてあるからね、ハイハイ、じゃなくて、自分の頭で考えるべき。

  • 「創造論」はとっていなくても、「インテリジェンスデザイン」、すなわち生物の機能、目や手足の機能などは効率的に最適化されるようデザインされているといった考えは漠然と支持していました。 
     例えば昆虫の擬態などは生存上有利なので戦略的に採用されているといった考えです。しかし、「進化論」をつきつめればそのような擬態もあくまで自然淘汰の観点から説明できるのだと改めて気づかされるきっかけとなった本で、人間とはなんなのかを考える一助となりました。
     人はどこから来てどこへ行くのかを考える上では、哲学も面白いですが、本書や「銃・病原菌・鉄」などの本のほうが科学的で参考になります。

  • 超強烈な進化論者リチャード・ドーキンス氏による創造論者を批判する意味も込めて地球上で起こってきた進化の歴史を読み解く一冊です。原題は「地球上での偉大なるショー」、生命の進化の変遷をダイナミックな描写で説明してくれています。

    進化論についてはみなさん知っているだろうと思うのですが、少し特異な性質を持つ生き物がどのように進化をしていったのか、がもっとも興味深い点だと思います。たとえばイルカなど水中で暮らす肺呼吸をする哺乳類や飛ばなくなった鳥類、逆にコウモリなどの空を飛ぶ、あるいは滑空する機能を持つ哺乳類の性質は具体的に考えてみると実に興味深いです。

    小学校中学校でも進化については教えられますが、その当時の印象としては方向性を持って進化してきている、という認識でした。結果としてはそれは違って、あくまで自然淘汰、性淘汰の結果なのですが。
    多少創造論者批判にページを割き過ぎな感じはありますが、「利己的な遺伝子」で衝撃を与えてくれた著者の一作は相変わらず面白いです

  • アメリカでは40%もの人が進化論を否定している、という驚きの事実。進化論は事実であるという証明をするために、様々な事例を挙げて論じられた本。たとえばキリンの声に関わる神経は、脳を出発して長い首をグーッと下り、折り返して口元に至る、という事実は確かに知性ある存在の仕事だとしたら、なんでそんなんにしちゃったの?と言いたくなり、少しづつ伸びる方に進化したと考える方が自然だと思う。などなど、難しいところは流しながら、ほほう!と思う点もたくさんありおもしろかった。

  • 面白い。面白いけど全てを理解しようと読むのは難しい。創造論があり得ないという事は日本人なら容易に理解できる(と思います)。その事を敵意をもって論破しようとする姿勢には別の意味で違和感を感じます。進化論というか進化という学問が常に進んでおり、進化における疑問点だった事が実は既に過去の認識であった事に気づかされます。

  • リチャード・ドーキンスは読んでおきたい。長いからまだ全部読んでいない。利己的な遺伝子の方を先に読もうか。

  • 「利己的な遺伝子」で一世を風靡した生物学者リチャード・ドーキンスが、改めて進化の証拠となるものをあらゆる方面から集め500ページに渡り書きつらねている読みごたえのある一冊。

     日本人にはピンと来ないかもしれないが、アメリカなどでは進化論を否定し創造論を信じている人が半数くらいいる。さらにそういった人達が教育の中で進化論を教えることをやめる(もしくは創造論を同じ時間教える)よう圧力をかけることさえある。進化を純然たる公理としてドーキンスが強く訴えるのはそういう背景があるからだ。
     犬や農作物の品種改良に始まり、野生のグッピーの比較的短期間の変化、人間の発生、様々なミッシングリング(今は失われていない)など、多岐に渡り目に見える進化の証拠を示してくれる。進化とは何であるかがとても丁寧に説明されている。
     生物の体は綺麗で洗練された設計などされていない。その時その時の都合あわせの進化の組み合わせで、外見には立派に機能しているように見えて、その内面は意味のない神経の迂回路があったりと欠陥だらけだ。ドーキンスはキリンの解剖に立ち会えて感動したと書いているが、こういった生物の不恰好さが何十億年とかけて生命が自然淘汰の中で進化を重ねたことの証拠ではないかと強く感じた。
     たった一つの細胞だった生物が人間へと変化していく。そんなことはありえないと訴える創造論を信じる女性へ放った生物学者の言葉がとても印象的だ。「しかしマダム、あなたはそれをたった9ヶ月でやりとげたのです」


     ドーキンスのウィットに富んだ文章と生物学への情熱が満面に散りばめられた一冊。
     私は他の様々な学問(特に人間に関するものは)を考える上で、進化論は必ずふれておくべきだと思うので、ぜひ多くの専門外の人達にこういった本を読んでほしいと思う。 

  • 畑違いの本も面白かった。 進化について色々初めて知った事が多くて勉強になった。 DNA的にみると、、、や、宗教に染まりこの現代でも進化論を信じない人が多く存在する、なんてすごくアイオープニングだった。

  • 「利己的な遺伝子」で有名なリチャード・ドーキンスの本。進化論者でこれまでに多くの進化に関する著作を持つ彼だが、まだまだ世間からの理解を得られないらしい。(特に進化論の考えを発表した欧米での理解が進まない)
    この本では「進化は論では無く、事実である」ということを様々な事例を挙げて、考察している。面白かったのは、人間は神が設計したものであって、進化してそうなったのではないと主張する創造論者に対し、生まれてから現在の大人になったあなた自身が進化の産物であると答えるくだり。創造論者は、それも神が設計したものと反論する。そして両者の議論は平行線を辿る。
    日本人は進化論に寛容で、学校ではそれが当たり前のように教育されており、ドーキンスがこの本でクドいくらいに進化の証拠を主張するのか判りにくい。でも彼にとっては、創造論者へ理解してもらうことはライフワークに近いものがあるのだろう。
    進化論は事実であると考えている人には、進化論と生物学のトリビアが満載のこの本はとても面白く読めると思う。

  • 理論でしかない?
    イヌ・ウシ・キャベツ
    大進化にいたる歓楽の道
    沈黙と悠久の時
    私たちのすぐ目の前で
    失われた環だって?「失われた」とはどういう意味なのか?
    失われた人だって?もはや失われてなどいない
    あなたはそれを九カ月でやりとげたのです
    大陸という箱舟
    類縁の系統樹
    私たちのいたるところに記された歴史
    軍拡競争と『進化的神義論』
    この生命観には壮大なものがある

  • 「神は妄想である」に比べて感情的な記述は見られず、冷静に進化の証拠を記述している。難解は点はあるが、よくまとめられている。
    進化の証拠は化石だけでなく、生物の構造や比較生物学でも明らかであるという点は、化石ばかり取り上げる創造論者には無い視点だ。
    またエントロピーの法則が進化を否定していると言われるが、太陽のエネルギーが供給されている点を見逃しており、水が蒸気となって山の上に上る例は納得させられる。
    ノアの箱舟からすべての生物が出てきたということの問題点も納得。

    しかし植物の受粉システムなどの驚くべき生物の構造やDNAについては、自然淘汰だけで本当に起こりえるのか今だ疑問だ。

  • もはや古典といってもいい『利己的な遺伝子』の著者が、地球上で生物の進化が起きたことをいくつもの証拠を挙げて論証しています。冒頭のカラーの口絵が美しく、この部分を見るだけでも手に取る価値があるかもしれません。

    『神は妄想である』でもそうでしたが、本書も著者のライフワークとなりつつある宗教批判の書になっています。日本ではピンと来ませんが、本書によるとアメリカでは40%の人が進化によって人類を含む地球上の生物が生まれたということを信じておらず、進化論を教室で教えられることにもかたくなに反対するグループが少なからず存在しているらしいです(この辺りの数字は付録に詳しい)。
    もちろん、進化(著者によるともう"論"ではなく"事実"らしい)を信じない輩はこんな本は絶対に読まないわけですが、そういう人たちに対してこの本を読むような人には理論武装をしてほしいというメッセージなのでしょう。

    原題は"The Greatest Show On Earth - The Evidence for Evolution"。主タイトルは最後を締めくくる言葉でもあります。内容的にはサブタイトルでもある日本語タイトルの方がよく体を表しているかとは思います。
    この原タイトルにも採用された締めの言葉を含む最後の章は、ダーウィンの『種の起源』を締めくくる一文に丸ごと捧げられています。力が入った印象深いよい章です。

    「かくして、自然の戦いから、飢餓と死から、われわれの思い浮かべることができるもっとも崇高な事柄、すなわち高等動物の誕生が、直接に導かれるのである。生命が、最初はわずかな数の、あるいはたった一つの種類(フォーム)に、そのいくつもの力とともに、吹き込まれたのだという見方、そして、地球が不変の重力法則に従って周回しつづけるあいだに、かくも単純な発端から、はてしない、きわめて美しくきわめて驚くべき種類(フォーム)が進化してきたのであり、いまも進化しつつあるという、この生命観には壮大なものがある。」(『種の起源』)

    このダーウィンの一文が意味するところはじっくりとドーキンスの解説を読んでもらいたい。手にすることができた科学的証拠が今よりも格段に少なかった時代において、ダーウィンの洞察の深さにきっと畏敬の念さえ覚えます。

    日本にいて「創造説」を信じているなどというと変わり者扱いされかねない環境にいると、著者と同じ問題意識を共有してはおらず頻繁に見せる過度のファイティングポーズに違和感を感じますが、「進化」について改めて概観するによい書です。

  • 2010.02.07 朝日新聞に掲載されました。

  • 今年はダーウィン生誕200年,「種の起源」発表から150年らしい。
    地球の歴史の中で生物が「進化」を理解してから150年しか経っていない。

全16件中 1 - 16件を表示

進化の存在証明を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進化の存在証明を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進化の存在証明の作品紹介

進化論は「論」とつくからには、単なる理論なのだろうか。いまだに国民の半数近くが進化論に不信を抱いている国もあるというではないか…それは違う、と本書の著者ドーキンスは言う。名作『盲目の時計職人』で進化論への異論をことごとく論破したドーキンスは、本書では珍しい生物の戦略や素晴らしい実験の解説などを随所に配したうえで、著者一流の周到な論理展開により、進化論ではなく、進化そのものが理論の産物ではなく事実だということの証明を試みる!-緻密な論理で説得しつつ、想像を超えて精緻な生物の仕組みに読者の想像力を広げる…ダーウィン生誕200周年、『種の起源』刊行150年を記念するダーウィンイヤーに重ね、ドーキンスが満を持して放つ、唯一無二の進化の概説書。

ツイートする