マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉

  • 575人登録
  • 3.99評価
    • (74)
    • (94)
    • (45)
    • (11)
    • (3)
  • 103レビュー
著者 : 冲方丁
  • 早川書房 (2010年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (640ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152091536

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カジノシーンがすっごい面白かった。

  • 最初のページでウンザリ。ありふれた設定に思えてしまう。読み進む気力が湧かない。 もしかして、以前に読んでる? いずれ再挑戦。

  • すごいボリュームでした。
    内容は、なかなかにグロい描写もある上に、中途半端な終わり方だったかなー

  • 記憶に残った言葉
    運を右回りにする努力を怠ってはいけない

  • 一度死に直面した少女の復活劇です。何度も心がこわれそうになりながら、それでも前を見てまっすぐ進んでゆく姿に心が勇気づけられました。生きるのが辛い時に読んでほしい一冊です。(かえるさん)

  • 2017年7月9日に紹介されました!

  • 今回の弾丸バンコクツアーの行き帰りの機内の時間つぶしに持っていったのが冲方丁(うぶかたとう)氏の『マルドゥック・スクランブル」だ。昨日帰国後のぼけぼけの頭で最後の十数ページを読み切り読了。この作品を知ったのはこの間読んだ「光圀伝」の最後のページにあった著者紹介で、そこでこの作品は日本SF大賞を授賞した作品と書いてあったので興味を持ち購入。

    本屋大賞などを取った『天地明察』、この間読んだ『光圀伝』で著者を知っていたのでてっきり歴史物が得意な作家だと思い込んでいたのだが、実は彼は日本SF作家クラブ会員でありSF小説分野でかなり有名な作家だったという事を今回はじめて知り少々びっくりした。

    作品は冲方丁版ブレードランナーとでも言うべきサイバーパンクジャンルにチャレンジしたもので、個人や集団がネットワークに完全に取り込まれてしまっている近未来の社会状況のなかで生まれたサイボーグである主人公パロットと同じく宇宙技術開発の中で産み落とされた怪物ボイルド(ブレードランナーのレプリカントのリーダーパティを彷彿とさせる描かれ方だ)との戦いが物語の軸となっている。

    一番面白かったのは犯罪の重要データが隠されているカジノの高額チップにアクセスするためにパティらがチャレンジするカジノのシーンで著者の巧さが感じられた。

    時分の価値を確立する事に気付いた少女サイボーグとすべてをないものにする虚無を愛する怪物との戦いの物語は好き嫌いが多い作品だとは思うが、時間のある人にはは是非お勧めしたい。

    そんな近未来での自分の価値とは何かという物を求めた少女の成長物語とも読めるSF作品を読むBGMに選んだのはANAの機内音楽サービスの洋楽部門で見つけたJeff Beckの”Loud Hailer"だ。おじさまギタリスト頑張ってます。
    https://www.youtube.com/watch?v=x2H_n7n9ngo

  • 114
    確かに設定には若干のジュニア感が漂っているんだけど、話の構成や世界観はとてもよく練られているし、文章は最後の最後までちゃんと統一された文体で書かれているし、説明も過不足がない。
    戦闘とかギャンブルとか、説明が難しいものについても丁寧に説明されている。
    結構好印象なアクションSFファンタジー。これはアニメ化しなくても十分に書き込んであると思う。
    しかし筆者、何度書き直すねん。

  • 世界観が独特なので、全体を理解するのが大変だった。前半はよくわからないし、退屈だったが戦闘シーンとかカジノのシーンは本当に息詰まるようで、読まされてしまった。
    残酷なのとか、理系的な思考が苦手な人は無理かもしれない。

  • 2014年の春頃に古本屋で入手して、以来ベッドサイドに置いて少しずつ読んできました。マルドゥックは文庫で2回読んでいるので3回目。この後に文庫の完全版もあるので、少なくとももう1回は読むことになる。こういった形で進化していく作品ていうのは珍しいですね。

全103件中 1 - 10件を表示

冲方丁の作品

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉に関連するまとめ

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉を本棚に「積読」で登録しているひと

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉の作品紹介

死んだほうがいい。死にたくない。生き残る-。"天国への階段"をシンボルとするマルドゥック市。ある夜、少女娼婦ルーン=バロットは、賭博師シェルの奸計により爆炎にのまれる。瀕死状態の彼女を救ったのは、委任事件担当者にしてネズミ型万能兵器のウフコックと、ドクター・イースターだった。一命をとりとめたバロットはシェルの犯罪を追うが、その眼前に敵の事件担当官ボイルドが立ちはだかる。それはかつてウフコックを濫用し、殺戮の限りを尽くした因縁の相手だった。壮絶な銃撃戦の果てバロットとウフコックは、シェルが運営するカジノで自らの有用性をかけた勝負に挑む。過去の自分と向き合い、生きる意味を考え始めたとき、バロットの最後の闘いが幕を切った-。少女の喪失と再生を描いた著者の最高傑作に、大幅な改訂を加えた新版、堂々刊行。

ツイートする