ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)

  • 909人登録
  • 3.91評価
    • (58)
    • (83)
    • (60)
    • (7)
    • (1)
  • 73レビュー
制作 : Michael J. Sandel  NHK「ハーバード白熱教室」制作チーム  小林 正弥  杉田 晶子 
  • 早川書房 (2010年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152091697

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
デール カーネギ...
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっという間に読んでしまった。
    これまで苦手意識を感じていた哲学が身近に感じられただけでも収穫。
    いつか時間が出来たらじっくり再読したいです。

  • ハーバード大学で大人気の政治哲学の講義と東大安田講堂で行われた特別授業を書籍化した下巻となります。「正義とは何か?」この単純にして最も難しい命題に挑戦するサンデル教授と受講生とたちとの掛け合いに注目。

    この下巻は、NHK教育テレビで放送された「ハーバード白熱室」の第7回~12回まで、および2010年8月に行なわれた東京大学特別授業の後篇「戦争責任を議論する」を収録したものになります。

    僕がこういう講義に魅かれるようになったきっかけとは、現在は東進ハイスクールで教鞭をとっている英語講師の今井宏先生が大学時代の恩師の授業をはじめて受けたときにちょうど、サンデル教授が展開しているような授業たったと参考書に収録されているエッセイで述懐していたからです。自分がかくまっている人間を尋ねて人が訪ねてきたときにその人はいないと答えるということは果たして正義か否かという問題は、あんまり詳しいことはここでは言えませんが、この命題に近いことが実際の生活のうえで起こったことがあって、本当に考えさせられるものがありました。

    そして、東京大学で行われた講義には、前の世代で行われた過ちを今の世代が背負うべきか?という命題には。すごくデリケートかつ普遍的なことで、こういうことがものすごくまじめにやり取りされるのは、一般社会の営む上ではほぼありえない話で、普通は何も考えることなく通り過ぎていくものですが、いざ、この問題が浮かび上がってきたときに、きちんと立場を明確にできるのか?などと読んでいて自分に問いかけました。答えは出ていませんが…。

    この本はできることならば上巻とあわせて一気に読まれることをお勧めいたします。

  • サンデル氏の主張。
    哲学は、ある意味では不可能だが、決して避けられない。我々は毎日、その問いに対する答えを生きている。議論の仕方、論法、互いの意見を尊重し合うやり方は、意見が一致しない場合であっても、”互いに学び合う”ことがある。
    ⇒これが、公共的生活を実現する道標と説く。

    正義の3大概念。
    1.幸福の最大化(功利主義)
    2.人間の自立と尊厳の尊重(カント)
    3.市民の美徳を育み、善き生に基づいて判断すること(アリストテレス)
    ⇒サンデル氏は、公共・コミュニティの観点を強調

  • 読みやすい、分かりやすい、笑える。ただ、サンデル教授は生徒の意見を哲学原理でこう言う事だね?で最後は善は話し合いで決めるのが良いと言う持論に誘導してる感が否めない。でも、アリストテレスのテロスとか分かって良かった。

  • 戦争責任の項は必読。

  • 上巻を読んでからの方が、サンデル教授や学生のテンポの流れがわかっていい気がします*
    下巻でも「正義」について、興味深い内容が取り上げられています。

  • 上巻、下巻とも考えながら読みました。難しくてついていけないところもありましたが。。。結論はないのだろうけれども、考え続け、議論を続けるしかないのだと理解しました。ただのサラリーマンだが、この講義のようなことも考えながら仕事してみよう!

  • 面白かった。政治哲学なんて、途中からついていけなくなるんじゃないかと思ったけど、卑近な例を挙げて、哲学的な根本を洗い出していくというのはとても興味深かった。

    また哲学者の言葉も的確に哲学の髄を表していて多く引用されているのだけど、格言としても人生の指針となる内容だった。

  • アリストテレスにとって正義とは人々に値するものを与えること、与えられるべきものを与えること。それぞれに美徳を持つ個人と適切な社会的役割との間に適切な適合関係を見出すこと。
    目的から論じること、目標から、テロスから論じることは、正義について不可欠だとアリストテレスは言っている。
    アリストテレスは目的論に基づいて正義を考えた。
    政治権力の分配方法を理解するためには、まず政治の目的、意義、そしてテロスとは何かを問わなければならない。政治とは善い人格を形成すること、市民たちの美徳を高めること。つまり善き生をもたらすもの。

    イスラエル政府はエチオピア飢饉のときにエチオピア人全員を助けることはできないから、エチオピア系ユダヤ人だけを助けた。これは正義か?

    人類愛は気高い感情だが、多くの場合、我々はもっと小さな連帯の中で暮らしている。

  • 面白かった。難しい哲学的問題を例を出してわかりやすくしてくれてる。これを読んで他の哲学、思想の本を読んだら多少理解しやすくなってると思うし、読むべきものを読んでまたこれを読んだらもっと面白いと思う。道徳的正義とはなにか、個人の権利を道徳的正義が凌駕することはあるのか。

全73件中 1 - 10件を表示

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)のKindle版

ツイートする