閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義

  • 576人登録
  • 3.87評価
    • (39)
    • (58)
    • (36)
    • (8)
    • (2)
  • 69レビュー
制作 : Eli Pariser  井口 耕二 
  • 早川書房 (2012年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152092762

閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義の感想・レビュー・書評

  • フィルターバブルによって自身の、そしてWEBのアイデンティティがどのように形成され、インターネットが本来齎す自由にフィルターという橋をどのようにかけていったのか、解説している良書。

  • ウェブで得られる情報が、デフォルトではどんどんパーソナライズされていくことにおける意味について書かれた本です。

    常套の交渉術で、1つの提案に◯か×を付けさせるよりも、その提案より少し劣る提案を並べてどちらかを選ばせると、元の提案に◯を付けてもらいやすくなります。

    日々、私達は新しい情報を求めてウェブに触れ、実際に新しい情報に触れますが、その実、実際に触れている情報はパーソナライズにより、既に知っていることの新しい情報か近接の情報ばかりになりがちです。

    1つの提案に◯か×を付けるとき、判断基準として比較するものを求めたくなりますが、それが既に用意されていると、それが判断基準としてふさわしい比較対象かどうかもよく吟味せずに比較対象として採用してしまいがちです。パーソナライズによる近接情報もそれに似ていて、それがなまじ新しい情報なため、真にセレンディピティが起こる新しい情報を求めずに満足し、そこに留まってしまうことが起こってしまいます。著者はそのことを、フィルターによって選別された自分にとって都合の良い情報で満たされた泡の中に閉じ込められるという比喩で、「フィルターバブル」という言葉で表現しています。

    このフィルターバブル自体が人をパーソナライズする力を持つので、スパイラルが起き、よりタコツボ化・先鋭化し知的好奇心や多様性への感覚を鈍らせてしまう問題があります。また、コンテンツの作り手も、これまでの報道メディアと違い、倫理観よりもターゲッティングに基づいて効率的・合理的な記事を書く、つまりゴシップや飛ばし記事、誤報、煽るヘッドラインが溢れる問題があります。

    このような問題は、テクノロジーが人文の文脈を無視したところに起きる側面があります。物理的な可能性や功利主義のみに社会が設計されると、様々な場面で齟齬をきたします。ともかくはユーザーがプライバシーをコントロールできるようにしなければならないというのが著者の意見です(「コントロールしうる」ではなく「コントロールできる」というのは、専門家でなく、一般の人でもその使い方が理解できて使えるということを意味します)。それには企業側がこの人文の文脈の意義を見出して動かなければならないし、必要に応じて法が是正しなければなりません。

    そして何よりも個人が再びフィルターバブルの外にある知的好奇心と多様性の世界に戻らなければなりません。全員が希望して戻らなければならないとまでは思いませんが、デフォルトが知的好奇心の世界を閉ざす状況は改善されなければなりません。フィルターバブルの外にある世界については、東浩紀氏の『弱いつながり』を読むと良いです。

    しかしながら、結局はスティーブ・ジョブズが言う通り、コンピューターは「知的自転車」であり、人の知性を増幅させるものであり、社会の知性を増幅させるものであるのであり、ウェブのパーソナライズが始まる以前から、更にはオフラインの時代から人はフィルターバブルに包まれていたのだと私は思います。アレグザンダーの『パタン・ランゲージ』が書中に引用され、それが「人が集まって暮らす場所であればそれがインターネットであっても当てはまる」と書かれている点については、逆を言えばインターネットにおけるパタン・ランゲージもインターネット以前に存在していたと十分に言えます。本書の視点は、インターネット創成期に目指された自由でパブリックでオープンな場とその現実のギャップから、インターネットのポテンシャルに恃みテクノロジー内の解決を目指すところにありますが、私はこの「フィルターバブル」の視座をオフラインにも適用して、オフラインにおけるフィルターバブルからの脱出を個々人が志向することを見出すためにも、この本を読むことが有用であると思います。

  • フィルターバブル、各人が個別化された情報の泡の中に閉じ込められ、相互に交流のない状態。経済的な力や政治的な力で、世界の見え方そして考え方が、知らないうちに狭められている。

    プログラマーの立ち位置と考え方の傾向が、ひとつのファクターになっているというのが、なるほどでした。

  • googleやfacebookがやっている、やろうとしていること。
    個人の趣向によって、検索結果を前に出しているのはわかっていたが、隠される情報があるというのも事実。パーソナルなデータ管理により、公平な検索ができなくなっている。
    極端な右傾化が加速化される傾向も、こうした弊害だろう。反対意見が隠される、あるいは低位に位置されることによって、思考の広がりが阻害される。
    思考を広げようとしてやっていることが、新たな「お勧め」によって、実は自分自身の世界を狭めてしまっている。個々人が、どう対処するかを考えなけれはならない。

  • インターネットとは、世界に開かれた存在である。
    今でもこう考えている人にとっては、想像ができないタイトルの本でしょう。

    近年、インターネットは「パーソナライズ化」が進み、同じものを検索しても隣の人とは検索結果が違う。というような時代になってきているという。
    また、「パーソナライズ化」の影響は、思わぬものとの出会いを失わせ(自分には関係ないが重大なニュース、セレンディピティを生むような情報)、自分が求めているとアルゴリズムが判断する情報(趣味、思想、エロ、グロ、ナンセンスなど)にしか接しなくなる世界がやってくるという。
    また、そのような情報は個人情報としてFacebookやGoogleが収集しているが、どのように収集し、判断し、利用しているのかが私たちには理解できないのが問題だと指摘する。

    ますます、インターネットを活用し、私たちの個人情報が多く利用されるようになっているなかで、本書はより多くの人が読むべき本であると思う。
    特に著者のメッセージからして、ネットは利用するが特に技術周りには興味がないような人に読んで欲しいです。

    何故なら、この本を読んだからといって多くの人の暮らしが変わることはないでしょう。相変わらずググるし、Facebookに写真は載せると思います(自分もですが・・・)しかし、そこにリスクがあると知っているのと知らないでいるのでは大きく違うと思います。

  • 国境、階層といった壁を壊し、フラットな社会を実現することに繋がると、黎明期には大きな期待とともに迎えられたインターネット。しかし、Google、Facebookといった米国の巨大なプラットフォーマーを中心とした私企業が個人情報の収集と提供情報のパーソナライゼーションを行っていく中で、我々がネットから入手する情報は、何らかのフィルタリングを得たものになっており、そこでは、幅広い情報との偶然の出会い(セレンディピティ)はもはや期待できない。

    この巨大なパラダイムの影響は、個人個人の思想の偏りだけでなく、社会全体としてもバランスの取れた議論が失われたり、多様性を持つ個々の主体による健全な議論を通じた合意形成といったダイナミズムを失わせる可能性がある。

    知らず知らずのうちに進む、この情報コントロールは、実は極めて大きな課題を我々に突き付けていることを再認識させてくれた一冊。

  • 原題は「The Filter Bubble:What the Internet is Hiding from YOu」。

    内容は原題に集約されている。

    よくグーグル検索で自分たちが関わっている団体が検索の上位に来ている、と喜んでいる人がいるが、大きな勘違い。グーグルはその人の過去の検索履歴や収集した情報を元に、検索結果のランキングを決めているのだ。現在、グーグルの検索結果は、アクセスする人に応じて、すべて異なる結果を見せているし、それを「最適化」と考えている。

    つまり、誰一人「共通の」情報を見てはいない=正確には、グーグルやフェイスブックのデータベースとアルゴリズムが密かに判断し選択し、好まないだろうと密かに判断したものを排除した結果を見ているのだが、そのことには気づかない。

    その人に存在を気付かせず、その人の傾向を先読みして、その人に迎合する情報を提供する仕組み。
    結果として、その仕組みは、その人が歓迎しないかもしれない、多様な世界の現実に関する情報をひそかに排除する。それが「フィルターバブル」であり、現在グーグルやフェイスブックが提供するサービスはすべてフィルターバブルが覆っている。

    この現実が、インターネットに期待された可能性を台無しにすると警告する、かなり詳細な考察。

  • インターネットはこれまで手に入れることに労力を要した情報が簡単に手に入るようになり、情報の世界が広がるツールであった。しかし、フィルターバブルによりインターネットの世界が狭くなっているようだ。
    しかも、そのフィルタリングのアルゴリズムが公開されておらず、一企業によってコントロールされていることに気がつくと少し恐ろしくなる。インターネット上で裸の王様にされているような気分だ。

    さらに、ユビキタスコンピュータの世界になれば、現実世界においても身の回りが全てフィルターバブル化されてしまう可能性がある。リアルの中にバーチャルが入り込んできて、ゆくゆくはバーチャルの中にリアルが取り込まれていまう。まるでSFの世界のようであるが、どうやら既に始まっているようだ。

    しかも、個人のDNA情報とまでリンクされると人間がコンピュータの意のままに操られてしまう。その時の人間の意思とはいったい何なんだろうか?
    もし、コンピュータが監視社会における権力者の支配下にあれば、大衆が権力者の思うがままにコントロールされてしまう。現在中国でおこっているとこは対岸の火事ではないのだ。

    人間がコントロールして、自由であるべきインターネットのビジョンを我々が守り続けなければ、どんどんつまらないもの、恐ろしいものになってしまう。

  • グーグルの検索結果は、人によって違う。グーグル側はみんなにとってよかれと思ってやっているサービスなのだろうけれど、自分の興味があるグループことしか出てこないのであれば、刺激を受けることが少なくなるのは必須。
     全く関係のないことからひらめきが出るのだから、このような環境では便利とはいえネット検索だけに頼るのもよくなさそうだ。

  • ネットについて何があるのだろうかと知る人にとってはいろいろなことが書いてあるので参考になるが、卒論とするための資料としては、個人でできるレベルの研究が書いていないので難しい。

  • 中盤の「対話と民主主義」の議論で、著者自身が経験した村民集会の話を読んだ時、かつて宮本常一が『忘れられた日本人』で紹介した寄り合いの話を思い出した。宮本はそこでの話し合いが理屈や論理づくではなく、おのおのの体験したことに事寄せて、時間をかけておこなわれるものだとしていたが、著者の体験もそれに似て、自分とは異なる暮らしやニーズに触れ、共有する体験の場とみている。それが今日では、「アルゴリズムによって仕分け・操作され、設計に従いばらばらに砕かれ、対話に敵対する場」と成り果てていると嘆いている。

    ここから公共性とインターネットの関係がさらに論じられるのかと期待したが、パーソナライゼーションのアルゴリズムをどうすれば改良できるかという話に移り、少し肩透かし。結論も、企業やエンジニアの高い倫理性や情報公開に期待するもので、なんか落ち着くところに落ち着いた感じ。

  • 思わぬモノとの出会いがなくなり、成長や革新のチャンスが失われる、というのはAmazonでお買い物しつつ、本屋さんも好きな人なら痛感する事でもある、そもそもフィルターバブルに皆が気づいてない、というのが問題かも
    力を持つフィルターを私企業がそれぞれ好き勝手に開発し、どういう方針で何をどのように処理してパーソナライズしているのか全く不明な状態で、自分の言動が誤解されおかしなパーソナライゼーションになっていても訂正してもらう方法もなく、そもそもパーソナライズされているかどうかさえわかりにくい

  • あらゆるデータを用いてパーソナライゼーションが進み、キュレーションされていく情報化社会で、ユーザーが知らず知らずのうちに偏った情報のみにさらされている問題に言及。

  • バラ色のネット界に警鐘を鳴らすことは大事である。

  • 現代におけるインターネットはGoogle、Facebookといった企業による情報フィルター化により、受け取る情報が個人別にパーソナライズされている。それに伴う情報操作と個人情報の漏洩。伊坂幸太郎やマイノリティ・レポートの世界が絵空事ではなくなる段階が近づいている。

  • "パーソナライズドフィルター"により検索結果、数も内容も大きく異なる、アルゴリズムによって観測され、自身の興味関心を映すようにgoogleもfacebookもなっていることに警鐘を鳴らす一冊。メモ。(1)ニュースフィードは当初友達の行動をほぼ全て表示する形になっていた…。対策としてフェイスブックはエッジランク(Edge Rank)を導入した。デフォルトのページ、トップのニュースフィードを動かすアルゴリズムだ。…三つの因子がベースになっている。一つは親近性。…プロフィールの確認ややりとりに時間を使う程、その相手のアップデートがフィードに登場する可能性が高くなる。…二つ目はコンテンツタイプの相対的な比重である。…三つ目は時間である(2)報道機関に対する信頼は低下しているがアマチュアやアルゴリズムによるキュレーションという新しい世界に対する信頼は上昇している。…しかしアマチュアキュレーターのネットワークに頼ることには二つの問題がある。①フェイスブックの友達は一般的なニュースソースよりも自分と似たものになってしまうこと、類友だ。現実世界の隣近所も同質化が進んでいる②パーナライゼーションフィルターの改良。我々のニュース体験、どのような記事を制作するかの経済的側面を変えていく(3)インターネットは基本的に分裂と局所的同質化が進んでいる。(4)フィルタリングシステムを普通の人にも見える様にすべきである。(5)いいね!の隣に重要!ボタンを置いたらどうだろう?

  • 同じ言葉を調べたにもかかわらず、グーグルの検索結果が個人個人によって別物であるってことはご存知?個人の検索履歴をもとにグーグル側でいわゆるパーソナリゼーションが行われているわけなのだが、自由に個人のが意見を表明したり、自由に幅広い知識を得て、共有できる場であるはずの、インターネットが利用者に対してフィルタリングされている(グーグルやFacebookなどがその筆頭)現実に警鐘を鳴らしたものだ。自分の趣味趣向、意見にあった情報や人付き合いしか用意されなくなるぞという点には大いに納得。立ち止まって振り返る機会を提供してくれる好著です。

  • 表紙のデザインと、東氏や津田氏の宣伝帯が残念なものの、中身は結構よく出来た本です
    ただレッシグの本を読んで、現在の状況までフォロー出来てる方にオススメかというととても
    こういう意見もフィルタリングの一種かもしれませんが

  • 原発の件についてどうしてあれほど反対派と賛成派で議論がすれ違うのだろうか。おそらく反対の人は反対の意見しか見ずに、賛成の人は賛成の人の意見しか見ない。インターネットが広がった世界では、似たような背景と意見を持つ閉じたソーシャルな関係を通して、ますます自らの意見を補強していく。著者はフィルタリングされた情報によって閉じられた世界(自分だけの情報宇宙)のことをフィルターバブルと呼ぶ。「インターネットは現在、基本的に分裂と局所的同質化が進んでいる」(P.89)

    こうして異なる意見の対立が、お互いのコミュニケーションが不足したまま、より先鋭化されていく。この弊害に対して、著者は強く警告する。素朴なパーソナライゼーション推進に対しては反対し、個人情報がGoogleやFacebookなどの特定の私企業にその個人がコントロールできない形で溜めこまれて利用されることに反対する。

    もちろん話はそう単純ではない。パーソナライゼーションは確かに便利だし、その流れはもはや押し戻すことはできないことのように思われる。だからこそ、ということなのだろう、著者は政府の介入の必要性まで示唆する。「しかし、利潤追求を目的とする私企業に任せるには重要すぎる問題もある。その部分は政府が対応すべきである」(P.289)

    「シリコンバレーのテクノロジストは、これを勝ち目のない戦いだと言う人もいる。個人情報は個人の手を離れてしまい取り戻すことができない。今後はそういうものだと思って暮らすしかないのだ、と。しかし、みつからないように盗みを働く人がときどきいるからといって盗みを禁じる法律が無駄なわけではないように、個人情報に対する法規制も完全である必要はない。法規制があればある種の情報のやりとりに摩擦が生じるし、多少の摩擦が大きな変化を生むことも多い」(P.293)

    この本を読んだ後でも、自分はパーソナライゼーションは推進されるべきだと考えているし、それによって世界はよくなると、素朴に考えている。相変わらず日本の個人情報保護法はこの世界の発展の妨げになっていると考え続けてもいる。そのことが既にフィルタリングされた情報によって培われた感覚なのかもしれないのだが、そうであったにしてもだ。

    元来、インターネット以前から人は見たい情報しか見ないものだが、その傾向がより助長されているのは確かだろう。原発問題でも、消費税増税問題でも、そのことに対して意識的である人は実感できているはずだ。自分たちにとって、ひとまず最低限必要なことは、そのことに対して自覚的であろうとすることだけなのかもしれない。

    その前提の元で新しい言論やマーケティングの世界が開かれる。今よくなっていない部分は、その先のどこかで改善されていくと信じている。1984の世界はやってきようもない、と思うのだ。

    『一般意志2.0』の東浩紀が帯にも書いているが、この問題と政治との関係性は重要なポイントに将来なりうる、という視点が大切だ。

  • 「インターネット」という言葉を聞いた時に思い浮かべる「どこまでも広がる広大で自由でボーダーレスな世界」というイメージは幻想ですでに過去の遺物となってしまった、という話し。

    例えば、Googleの検索結果はフィルターがかかって人とは違う自分だけのものになっているし、Facebookのウォールには優先順位によって選別された友達の情報が並ぶようになっている。同じページを開いても隣りの人と見ているページが違う、という意識はまだあんまりないんじゃないかな。
    無料でサービスを受ける代償として個人情報を切り売りする、のはその仕組みを理解した上で両者を秤にかければいいことだと思うんだけど、その成型された情報がもたらす思考の変化、が最終的にどういう結果につながるのかを考えるとどうも怖いなぁと。

    たまたまのタイミングだったけど、過度にパーソナライズされたコンテンツ群がもたらす意識の変容というか、社会の分断みたいなものを、先の総選挙でかいま見た気がする。ネットの常識は世間の常識ではないという事。気がついたら自分に都合のいい情報のみが自分の回りに溢れているというそら恐ろしい現実。Twitterのタイムラインから事前に感じてた空気と選挙の結果に致命的な乖離を感じた人も多かったのではないかと思ってる。

    ユーザーが利便性を求めた結果が今の状況を作っているのも確かで、クッキー切れば万事解決!という簡単な問題でもないのが悩ましいところ。本の中ではアレグザンダーの「パタン・ランゲージ」を例に希望的な側面もあげてるように、悲観一辺倒になる必要もないんだけど。日常的にWebに関わってる人に読んでみて欲しい一冊。

  • GoogleやFacebookで行われている、パーソナライズとフィルタリングについて警鐘を鳴らす本。
    ネットの情報の多くは、実は個人一人ひとりの好みに合わせてカスタマイズされた上で提示されている事を教えてくれる。
    これからのネットのあり方と情報の受け取り方について、考えさせてくれる。

  • FacebookやGoogleによる情報操作の怖さを訴える本でした。それにより行われるパーソナライズにより段々と閉じた世界に陥ってしまうと続きます。好きなものだけ食べてちゃダメよって話でした(違うな)俺はオンラインもオフラインも適度に楽しもうと思うのでした~

  • 少し前にネット界隈で話題になったものを、いまさらながら読了しました。FacebookやGoogleのフィルタリング(に関する問題点を洗いざらい表面化してくれてます。ネットでビジネスをしてる人は一応目を通しておいた方がよいって感じかな。まぁでも既知のことが多いかなと思います。

    一方で「インターネットのフィルタリングって何?」「Google検索が人によって表示されるものが違うのなんて知らない」という皆さんは、ちょっと読みにくいかもしれませんが、是非目を通してみてください。話題になるだけはあり、今のインターネットの問題点をよく書き切っています。

    個人的には、本書はBookscanで電子書籍化し初めてiPadで読了した書籍となりました。いろいろ線は引けるし、あとでそこだけ検索できるしで便利なことこの上なし。今後もしばらくiPadでの読書を続けたいと思います(2012.11.4読了)

  • インターネットはオープンな世界と思いきや、実はパーソナライズされているというのは、企業(広告)目線では当然かもしれないが、利用者からみるとコントロールされているということは怖いですな。 まぁそれを認識してインターネットと付き合う必要がありますね。

全69件中 1 - 25件を表示

閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする