ゴースト・オブ・ユートピア (Jコレクション)

  • 57人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 樺山三英
  • 早川書房 (2012年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152093066

ゴースト・オブ・ユートピア (Jコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユートピア、アンチ・ユートピア、ディストピア小説をベースに書かれた小説集。

    ユートピア=楽園であるが、ユートピアが幻想であることをわかりつつ、あえて「ゴースト・オブ・ユートピア」というタイトルを用いつつ、「いま・ここ」にある「どこにもない場所」としてユートピアを表現する。

    拷問のシーンなどもあり、キツく感じるシーンもあるが、ディストピア的な、ユートピア論から離れる程、それこそがユートピアであるような堂々巡りのような感覚がなんともいえない感じを抱かせる作品。

    今まで感じたことのないテイストで面白かった。

  • 12/22 読了。
    nowhere=now here

  •  「一九八四年」に「ガリヴァー旅行記」など文学作品10篇をモチーフに、理想郷を求める者たちと語らうことで、いまここに表出するディストピア。
     時にエログロであったりしながら、いずれも中途半端に収束、ラストの「華氏451度」ではいきなり書物を巡るメディア論に展開する。
     細部は衝撃的なまでに印象深いが、全体としては薄モヤに覆われてぼんやりしてるのが面白い。

  • 文章の流れは軽快で読みやすいが、
    何を書いているか分からない(^^;

  • 旋律のような文章が美しい、夢幻的で思想的なSF小説だった。

    今年読んだ本のなかで、圧倒的なボルテージの高さと先見性を感じた作品。

    あらゆる「以降」に監視され、背景を間借りすることもできない今この現実世界こそがディストピアではないか。

    名だたる名作タイトルを各章に掲げ、小説を再構築し、確信的に照射されたこの物語は希望が絶望か。

    伊藤計劃、円城塔と同年デビューというところにも、何かしらの必然性を感じずにはいられない。

    すべての嗜好に麻酔を打ち込まれているような、ワンダーな読書だった。

    さらばブクログ。この作品の感想をいちばん最後に書けて光栄です。

    ─どうかよき読書を。そしてよりよき生を願って。─

    2040年 9月

全5件中 1 - 5件を表示

樺山三英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
円城 塔
伊藤 計劃
長谷 敏司
高野 和明
チャイナ・ミエヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴースト・オブ・ユートピア (Jコレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゴースト・オブ・ユートピア (Jコレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴースト・オブ・ユートピア (Jコレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゴースト・オブ・ユートピア (Jコレクション)の作品紹介

ディストピアSFの古典がいかにして誕生したかを著者オーウェルの生涯を辿ることで探る「一九八四年」、あの奇想天外な風刺小説を異色の会話劇として再構築した「ガリヴァー旅行記」、激動の20世紀陰謀史をQ&A形式で解体する「すばらしい新世界」ほか、古今東西の文学作品10篇をモチーフに、21世紀という時代にユートピアの本質を追究する試み。

ゴースト・オブ・ユートピア (Jコレクション)はこんな本です

ツイートする