〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

  • 627人登録
  • 4.24評価
    • (65)
    • (60)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 54レビュー
制作 : マイケル・ポーター(協力)  櫻井 祐子 
  • 早川書房 (2012年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152093202

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
内田 和成
ウォルター・アイ...
リチャード・P・...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略の感想・レビュー・書評

  • 下記の5条件を如何に実現させるか、に収斂する。

    1)独自の価値提案
    自ら選んだ顧客層に特徴ある価値を適切な価格で提供しているか?

    2)特別に調整されたバリューチェーン
    独自の価値提案を実現するのに最も適した一連の活動は、ライバル企業の活動と異なるだろうか?

    3)競合企業と異なるトレードオフ
    自社の価値を最も効率的、効果的に実現するために、やらないコトをはっきや定めているか?

    4)バリューチェーン全体にわたる適合性
    自社が行う活動は、互いに価値を高め合っているだろうか?

    5)長期的な継続性
    組織が得意なコトに磨きをかけ、活動の調整、トレードオフ、適合性を促すことができる十分な安定性が、戦略の核にあるだろうか?

  • 独自性は共存を促す。人生も同様。

    p15
    戦略の本質は何をやらないかを選択することだ
    p24
    もっともよくある誤解が、競争に勝つには「最高を目指す」のが一番だというものだ。
    p32
    競争の本質は、競合他社を打ち負かすことではなく、価値を創造することにある。
    p39
    たいていの事業には「最高」なるものは存在しない
    p50
    独自性を目指す競争が戦争と違うのは、ある一社が勝つために競合他社が負ける必要がない点だ。
    (独自性は共存を促す)
    p55
    競争の主眼はライバルを負かすことではない、利益をあげることだ。
    p61
    利益とそれを構成する二つの要素である価格とコストに集中せよ。(利益=価格-コスト)
    p73
    利用者が増えるにつれて、利用者にとっての価値が高まることを「ネットワーク効果」という。
    p116
    活動をやめたら具体的にどの間接コストを削減できるかを考えるとよい。相対的コスト分析(だから何なのか)

    p126
    ベストプラクティスで競い合うことは、実質的に全参加者のハードルを上げることになる。業務効果は絶対的に向上するが、誰も相対的向上を実現できない。

    p134
    競争優位の定義を思い出して欲しい。企業が実行する活動の違いがもたらす相対的価格または相対的コストの違いだ。

    p164
    価値提案の選択を通して企業の行動に制約を課すことが、戦略には欠かせない。

    p165
    競争優位を確立するには、特徴あるバリューチェーンを通じて特徴ある価値提案を提供しなければならない。

    p169
    競争優位を得るには、トレードオフを行うことが欠かせない。

    p178
    イケアの巨大な店舗は、手っ取り早く買い物を済ませたい人にとっては悪夢だ。

    p181
    戦略とは二者択一の世界だ。

    p193
    何をやらないかをはっきりと打ち出す。これが、やると決めたことで成功する最良の方法だ。
    p194
    競争優位を構築し持続させるには、独自性を曖昧にするさまざまな計画に、断固ノーといい続けなければならない。顧客はつねに正しいという考え方は反面の真理であり、凡庸な業績を招く。
    p204
    第一の適合性は、基本的な一貫性だ。
    p214
    どの活動が「コア」なのかを見極めるよりも、もっと大事なことがある。
    どの活動が一般的で、どの活動が特別に調整されているのか。
    一般的な活動はアウトソーシングしてかまわない。
    p236
    将来に関する「大胆な予測」は戦略には必要ない。
    p237
    戦略の代わりに柔軟性を方針にすることの問題は、組織が何の主義主張も、何のとりえも持たなくなることだ。
    p248
    戦略がなければ、何もかもが重要になってしまう。

  • ポーターを勉強しようと思ったが、本人の著作を全て読むのは大変だと思っていたところで「エッセンシャル版」なるものを見かけたので購入。

    ポーターの中で企業の競争戦略に関してのみに絞ってあるのでコンパクト。
    説明もすごくわかりやすくて、訳者のお陰もあってか文章も読みやすい。

    良著でした。

    -----

    MEMO:

    *競争とは何か?*

    p35
    ポーターのいう戦略とは、高業績を持続的にもたらす優れた競争戦略のこと。

    p53
    市場シェア重視の「最高を目指す競争」は勝者のいないゼロサム競争だ。
    対して、利益重視の「独自性を目指す競争」は多くの土俵、複数の勝者がいるプラスサム競争である。

    p56
    競争の主眼はライバルを負かすことではない。利益をあげることだ。

    p76
    価格競争は、あらゆる競争形態の中で最もダメージが大きい。競争が価格に向かうほど、「業界は最高を目指す競争」にとられる。

    p94
    競争での成功を測る正しい指標は投下資本利益率(ROIC)だ。
    売上利益率、成長、市場シェア、時価総額では決してない。

    p101
    割高な価格を要求できることが、差別化の本質である。
    ポーターの言う差別化とは、割高な価格を要求できる能力のこと。

    p107
    企業が製品を設計、生産、販売、配送、サポートするために遂行する活動の集合は、バリューチェーンと呼ばれる。

    p124
    競争優位とは、企業が実行する活動の違いから生じる、相対的価格または相対的コストの違いをいう。


    *戦略とは何か?*

    p150
    戦略と競争優位の核心は、活動にある。つまり競合他社と同じ活動を異なるやり方で行なうか、他社と異なる活動を行なうかを選択することだ。

    p193
    あらゆる顧客のあらゆるニーズに対応しないことを意図的に選択しない限り、どんな顧客のどんなニーズにもうまく対応することはできないのだ。

    p195
    「戦略とは競争においてトレードオフを行なうことである。戦略の本質とは、何をやらないかを選択することだ」

    p243
    すべてを予測するにはあまりにも変数が多く、不確実性が大きい。

  • まさにこのような本を待っていました。競争戦略の古典とも言われるマイケル・ポーターの「競争の戦略(Competitive Strategy)」ですが、この本(エッセンシャル版)にも何度か記述があるように、僕自身が「競争の戦略」を”誰もが読んでおけばよかったと思うが、誰も読みたいとは思わない”と思っていた一人だからです。

    そんな中での[エッセンシャル版]です。私自身、これまでポーターを避けていくつかの戦略本を読んできたという邪道にもほどがある読書歴の持ち主ですが、まさに古典として「戦略」のベースとなる考え方がすべて書かれていると感じました。構成・章立ても、そもそも「競争とは何か?」という導入から戦略の必要性を語り、次に「戦略とは何か?」で我々がやるべきことが書かれるという構成になっており、とても読みやすく、且つ腹落ちしやすいです。さすが[エッセンシャル版]と銘打つだけあります。

    また、冒頭で述べられているように、この著書が「やらないこと」を明確にしていることも好感が持てます。すなわち、学術的な本は目指さない、ポーターの研究のすべてを要約しようとしない、ポーターの研究を拡張するものではない、ハウツー本ではない、ということを明確にし、“どのように考えるべきか、その指針を示し、優れた戦略とそうでない戦略を見きわめ、まっとうな戦略と一時的な流行に踊らされた戦略とを区別する方法を示す本”を目指したと宣言しています。

    事例紹介も定番のサウスウェスト航空やIKEAなどを筆頭に、ファストフード(In-N-Out Burger)やアパレル(ZARA)、医療(アラビンド)、自動車(BMW)などなど、多岐に渡る最新の事例が盛りだくさんで、読んでいて楽しいです。

    戦略に少しでも関りながらも、論文やポーターの原著までは手が出ない、、、という方はたくさんいると思います。そのような方々にも、この本をぜひ読んでいただきたい。オススメの一冊です。

  • 勉強になるし、勉強しなきゃって強く思う

  • ビジネスにおける競争と戦略について、マイケルポーターによって定義されたその用語について、丁寧に解説されています。まさにこの分野を勉強する教科書として必読のものではないでしょうか。陥りやすい間違い、戦略に対する、業界に対する、自社の立ち位置。間違ったまま使っているケースがあまりにも多いため、それがその形で広がってしまっているように感じます。どのように考えれば間違わないのか。そのコツを身につけるためにも読む必要のある本だと思います。

  • 課題図書で。
    わかりやすく明確に情報が
    整理されておりためになった。

  • ポーターの言う「競争戦略」とは何かを学べました。
    世にある「コアコンピタンス」「自社の自信のある戦略」と「競争戦略」がいかにかけ離れているかを知りました。
    戦略は「価値提案」だけの需要サイドだけで成り立つものではない。それはマーケティングだけ考えている。十分条件だ。
    そして、戦略の必要条件は、「供給サイド」にある。
    いわゆる「バリューチェーン」の各活動がコストをかけて価値を生み出し、ある活動を行うことで別の活動を毀損するような活動を意図的に選択することで「トレードオフ」を行う。
    この「バリューチェーン」内の活動の選択の「トレードオフ」効果により、他社は容易には、自社を模倣できない。つまりハイパーコンペティションや価格競争、「最高の経営」競争に陥らない。「トレードオフ」のおかげで、「バリューチェーン」の活動の1つを模倣できる確率が90%になるとすると、活動が4個あるだけで、模倣できる確率は51%にも下がる。10個あるならなおさらだ。
    さらに、バリューチェーンを「適合化(フィット)」することにより活動間の効果を増幅することができる。
    これらの戦略を構築する上で必要なのが「(価値提案を変えないで)継続性」を保つこと。バリューチェーンとトレードオフとフィットは、いきなりは構築できない。
    そうしているうちに市場の状況は変わる。しかし、基礎的な「価値提案」を自社の顧客に提案したまま、バリューチェーン、トレードオフ、フィットを微調整し続ける継続性が必要だ。この「価値提案」は市況によらず維持する。顧客からの自社のイメージ(認識)がズレないようにするため。しかし、供給サイドは変えていく。こちらは、顧客のイメージとは無関係で、かつ、経済的効果が高いから。
    ざっくりいうとこんな感じでした。

  • 経営学では、スーパーメジャーなマイケル・ポーターの競争戦略のほぼ公認といえるエッセンシャル版。
    同質的な競争を好まず、独自性を貫き競合他社との競争回避と何かを捨てるというターゲティングを戦略の本質と捉えている、競争戦略の要諦がコンパクトに理解できると思います。
    おそらくですが、経営学の概論本で学んだ方の大半は、ポーターの競争戦略をかなり誤解しているかと思います。
    原本がベストかと思いますが、それよりコンパクトで安易な記述の本書がお勧めです。
    「競争の戦略」よりも「競争優位の戦略」の方を読んでみたいと思いました。より実践適用の理解を目指して。

  • マイケル・ポーター、久しぶりである。

    ポーターは、戦略というか、経営について考えるときに、知っていなければ、話しにならないのだけど、なんか理屈ぽい、というか、市場をいろいろ分析して、知的に自分のポジション、戦略を設定する、という合理主義的・客観主義なフレームの人という印象であった。で、現場力というより、知的なトップによるトップダウン経営というイメージ。

    戦略論的には、ポーターより、コアコンピタンスとか、リソース・ベースト・ビューみたいな内部的な「強み」に注目するアプローチのほうが、好きだし、ミンツバーグ的なやっているうちにできてしまう、という創発的な考え方により共感している。

    というある種のネガティブイメージをもちつつ、頭の整理のために、コンパクトにまとまっていそうな本書を読んでみた。この本の著者は、ポーターではなくて、近年、一緒に活動することが多いジョアン・マグレッタによるもの。最近のポーターの考え方もアップデートして、ポーターの主要な概念を解説している。

    書いてあることは、一応、どこかで読んだ(主に、HBRの論文)ことなんだけど、こうして、ポーターのいっていることを、全体としてまとめると、「そうだったのか!そこがそうつながるのか!」とかなり目から鱗が落ちる感覚があった。

    で、ポーターの言っていることと、自分が考えているというか、大事だと考えていることに大きな違いがないことが分かって、驚いた。これまで、食わず嫌いだったことを反省した。

    主に共感したところは、
    ・要するに戦略とはナンバーワンになることでなく、オンリーワンになることである。自社にしかできない価値をお客様に継続的に提供すること
    ・5フォースとかの環境分析をなんか考えて、うまいポジションを見つければいい、というようなものではなく、一つの正解があるわけではないんだから、経営層がしっかり議論して合意するしかない
    ・戦略を決めるのに、未来の予測は必要なく、こういう方向に変って行くとか、こういう顧客のニーズが増えて行くという方向感があれば、十分で、それに向かって一種の賭けとして、戦略を決める
    ・で、議論をつくしたうえで、役員で合意する。そして、その戦略に納得しない役員はやめていただく
    ・戦略を決めたら、顧客への提供価値を他に模倣されないようなヴァリューチェーンをつくっていく
    ・戦略は、何をするか、というより何をしないか、ということで、トレードオフが存在する。そうした選択にもとづいて、たくさんの他の会社にできないような選択をヴァリュー・チェインのなかに組み込むこむ。具体的には、様々な活動を一つの戦略に埋め込んで行く
    ・一旦、戦略を決めたら、ある程度の期間、それを継続して、同じことを何度も何度も言い続けて、従業員に浸透させていく
    ・といっても、業界全体の効率性の追求というところで、他社に遅れてはいけない。トレードオフの選択に関係のない業務の効率化は徹底すべき
    ・戦略はむしろオープンにしたほうがいい。外部に対して、こういうポジションで、ここに集中すること、徹底することを宣言すれば、他社がそこに入っていこうという意志を削ぐことができる
    ・長期に継続的に戦略を維持することは、時代の変化、破壊的なイノベーションに遅れを取るという意見もあるが、本当に本質的な環境変化はあまりなく、戦略を明確にしたほうが、顧客価値をどうしたら変化のなかで維持するか、ということに絞って取り組む。このことによって、逆説的ではあるが、変化への対応力が高くなる
    という感じ。

    そんなことだったんだ。

    と納得するとともに、「まあ、そういうことであれば、とくに異論はありません」というか、「RBVのバーニーとの論争って、結局、なんだったんですか?」とか、「本当に最初から... 続きを読む

  • ファイブフォースとバリューチェーンにより、経営に携わる人間で知らない人はいないマイケル・ポーター。ただ、それを知っていることと理解していることはまったく違うことだという重要なことを思い出させてくれる一冊だった。むしろ十分に理解しない人間こそ、それをさも知った顔をするのが虚構の常である。確かにポーターの理論は難しいし、『競争の戦略』も『競争優位の戦略』も軽く手を出すにはハードな論文であるが、このエッセンシャル版はこれら2冊の主張とその後の動きを十分に盛り込んだ現時点で最高のポーター本だと言えるでしょう。この本を読んで自分なりに理解したポーターの理論をまとめる。

    ■戦略とは
     一言で定義するなら、「好業績を持続的にもたらす優れた競争戦略」のことである。我が社の戦略は優れた人材ですとか、重要なM&Aを行うことですとかいったことは戦略ではない。なお、ポーターが扱う戦略とは事業における競争戦略であり、企業全体の戦略である企業戦略を指すのではない。

    ■競争優位とは
     一言で定義するなら、「企業が実行する活動の違いから生じる『相対的価格または相対的コストの違い』」である。我が社の競争優位は技術力ですとか、ブランド力ですとか、低コストですとかそういったことは競争優位ではない。ちなみに、ポーターは価格優位とコスト優位を明確に区別するため、差別化(differantiation)を価格優位に限定して定義していて、一般的に経営者がいう差別化(different)とは違う扱いをしている。

    ゆえに、彼の述べる競争とは、最高を目指す競争ではなく、他社と異なる道筋を選ぶ相対的なポジションの問題である。つまり、競争の目的はシェアを高めることでも売上を拡大することでもなく、利益を上げることに他ならない。優れた戦略は業界平均を上回る業績をもたらす。このあたりの主張はブルーオーシャン戦略とも関係するし、クリステンセンの破壊的イノベーションとも関係する。

    ✕最高を目指す競争
     ・一位になる
     ・市場シェア重視
     ・「最高」の製品によって「最高の」顧客に対応する
     ・模倣による競争
     ・ゼロサム競争:誰も勝てない競争
    ◯独自性を目指す競争
     ・収益を高める
     ・利益重視
     ・ターゲット顧客の多様なニーズを満たす
     ・イノベーションによる競争
     ・プラスサム競争:複数の勝者、多くの土俵

    重要なことは業界平均を上回る利益を持続することであり、「利益=価格−コスト」であるという構造から捉えると、競争優位とは「競合他社と比べて相対的に高い価格を要求できるか、相対的に低いコストで運営できるか、もしくはその両方」という結論に行き着く。ここで競争優位を解きほぐす2つのフレームワークが登場する。それがファイブフォースとバリューチェーンであり、前者は業界構造を捉えるものであり、後者は相対的なポジションを探るものである。

    ■ファイブフォース
     ・業界の収益性の決定要因を分析の焦点とする
     ・業界の平均的な価格とコストが分かる
    ■バリューチェーン
     ・活動における違いを分析の焦点とする
     ・相対的な価格とコストが分かる

    ファイブフォースについては、よく誤解されているような、ただ業界が魅力的か否かを図る静動的なツールではない。業界構造を明らかにして、変化を能動的に予測するものである。なぜ業界構造がそこまで重要なのかというと、主に3つのポイントが挙げられる。
    ・どんなに異なる業界においても、競争要因は「既存企業同士の競争」「サプライヤーの交渉力」「書いての交渉力」「新規参入者の脅威」「代替品・代替サービスの脅威」の5つである
    ・業界の収益性を決定するのは業界構造であり、規制の強さや製造業かサービス業かといった業態の違いではない
    ・技術や製品の移り変わりは早いが、業界構造とその収益性は非常に硬直的... 続きを読む

  • 競争とは1位を目指すのではなく、独自性を見出し利益を生み出すこと。

    独自性→トレードオフ(選択と集中)、ターゲティング(顧客セグメント)、ポジショニング、バリューチェーン≒ビジネスモデル

    成功している会社の事例を活用するのは常套手段。ウォルマートはAmazonやコストコに圧され、ジョブズ亡き今、アップルは衰退。サウスウエストはPSAを模倣。

    ポーターさんは会社経営したことないんだよね。

  • 戦略の本質を理解するのにとても良い本。
    差別化要素を磨き上げると価格アップやコスト削減につながり利益の高いビジネスになる。

    優れた戦略の五つの条件
    独自の価値提案
    特別に調整されたバリューチェーン
    競合企業とは異なるトレードオフ
    バリューチェーン全体に渡る適合性
    長期的な継続性

    この観点はフレームワーク的に参考になる。

    基本は五つの競争要因とバリューチェーン
    これも教訓

    価値提案には3つの質問に答える
    どの顧客?
    どのニーズ?
    相対的価格は?

    考えるべきポイントが分かりやすく整理されていた。

  • 「特別に調整されたバリューチェーンがなくても効果的に実現できる価値提案は、持続可能な競争優位を生み出さない。」

     競争戦略とは、競争を回避する戦略ってところからもう目から鱗。
    ぱっと見で同じようなサービスを提供していたとしても、企業各々のバリューチェーンは独自に調整されていて、その独自のバリューチェーンこそがその企業の強みであり、そこが肝。

     経営理論系の古典と言っていい本で、優れた戦略を採った企業を例に出しながら、競争戦略の考え方や組み立て方を教えてくれる教科書的な本。
    ここまで平易に理論化したところがマイケル・ポーターの凄いところかも知れない。ファイブフォースアナリシスとか鳥肌モノ。
     なんというか、読んでいると自分が頭が良くなった気がして、何でもできると思わせてくれるような本で、妙なやる気がでてくる。
     この本が書かれた頃から市場環境が変わったので、今のポーターは違うことを言っているみたいだけれど、やはりこの本の凄さは色あせない。
    何度も読み返して頭が良くなった気分に浸りたくなる名著。

  • 特別に調整されたバリューチェーン

    競争の収斂
    コストドライバー
    スタックインザミドル
    プラスサム競争
    模倣障壁


    ビジネスモデルは基本
    戦略はその上
    儲かるだけならビジネスモデルだけでいいが、他社より上の収益性を狙うなら戦略が不可欠

  • ポーターの基本的な理論を簡潔にまとめているので初めの一冊として最適。

  • 「五つの競争要因」、「バリューチェーン」等、ポーター先生の有名な概念を、経営学の教科書等でなんとなく知ってはいるものの、いきなり原典にあたる根性の無い人(私)には、打ってつけの本。多くの事例(↓)を交え非常に判り易くエッセンスを(多分)解説しているし、翻訳も読み易い。
    ポーターの言う「戦略的競争」は、「レッド・オーシャン戦略」とは、実は真逆にあること、ベストセラーとなった『ストーリーとしての競争戦略』楠木 建(著)も、実はポーター先生をベースにヒネっていることが判ります。
    また、最後のインタビューで、ポーター先生が、「インターネット」、「破壊的技術」、「ビジネスモデル」等「よくある質問」に答えてくれてます。
    事例:
    ウォルマート、コインスター(レッドボックス)、パッカー、サウスウェスト航空、フォード、デル、イケア、ニューコア、チャールズ・シュワブ証券、マクドナルド、ノマコルク、プログレッシブ保険、エドワード・ジョーンズ証券、エンタープライズ・レンタカー、ネットジェット、アラビンド眼科医院(インド)、ジップカー、グレース・マニュファクチュアリング、TSMC、ゴー・フライ(BA)、ロウズ、イン・エヌ・アウト・バーガー、ZARA、ネットフリックス、ネスレ、BMW、トヨタ、フォーシーズンズホテル、シアーズ、OMK、GM、AOL、リズ・クレイボーン

  • マイケル・ポーターのエッセンスが詰まった本である。
    入門書としても実践書としても大いに使える本。
    戦略の設計に関わる、戦略を遂行していく立場にある人は必読書だと思われる。
    ハード系の戦略から人に関わるソフト系の戦略までどのように動かすかが簡潔に書かれていて、おすすめの一冊。

  • この本は、経営に近いポジションについたら必ず読むべきで、これを実践するかどうかではなく、理解しているかどうかで、勝負の方法が変わる。何度も読むべき本だと思う。

  • この本の内容をもとに
    ビジネス本が書かれているので
    読んでみなきゃと思い購入。

    成功例からは学べるが、同じ方向に進んではいけないと
    いわれるとどっちに進んでよいか全くわからなくなっちゃいますね。

    禅問答しているみたいで答えがわからない。

  • 戦略の本質は、何をやらないかを選択すること
    5つの競争原理

  • Tailored Value Chain
    特別に調整されたバリューチェーンを構築する

  • 楠木先生の『ストーリーとしての競争戦略』と全く同じことが書かれていて、ポーターの理論がベースになっていることがよく分かった。
    5 forces、Value chain、Trade-offなど、ポーターを理解するうえで欠かせない重要な概念が非常に解りやすく解説されていて参考になる。これも重要なことだが、翻訳を感じさせない読みやすい文体も◎。

全54件中 1 - 25件を表示

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略に関連するまとめ

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略の作品紹介

マイケル・ポーター全面協力。ポーターの競争戦略論をシンプルかつ十全に学べる「エッセンシャル版」。競争優位、バリューチェーン、五つの競争要因、差別化、トレードオフ、適合性-企業の持続的な成功に不可欠な競争戦略のアイデアを豊富な事例と最新の理論にもとづいて解説。必携のビジネス・ベーシック。巻末にはマイケル・ポーターとのQ&Aを収録。近年の講演で頻出する経営者からの質問に教授本人が答える。

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略のKindle版

ツイートする