わたしが降らせた雪

  • 38人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Grace McCleen  堀川 志野舞 
  • 早川書房 (2013年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152093578

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
伊藤 計劃
エリン モーゲン...
恩田 陸
村上 春樹
トーン テレヘン
村上 春樹
ロビン・スローン
イリヤ トロヤノ...
カズオ イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしが降らせた雪の感想・レビュー・書評

  • イギリスの作家グレース・マクリーン、2012年発表の小説。「エホバの証人」をモデルにしていると思われるキリスト教の異端の一派の熱心な信徒の家庭に育った少女の一人称の物語り。宗教や奇跡が大きなテーマとなっていますが、宗教的な物語りというより、父子家庭の父と娘の絆の再生を描いた物語りであり、とても心に響く暖かな結末の作品。良いです。

    10歳のジュディスは工場労働者の父親と二人暮らし、間もなく起こるはずのハルマゲドンとその後に訪れる「最も美しい土地」を信じる純真な少女です。自室にはガラクタや廃物を利用して「最も美しい土地」のジオラマ模型を作っており、豊かな想像力ととても繊細でナイーブな感性を持っています。しかし異端の宗派の信徒ということもあって学校ではいじめにあっており、学校へ行きたくないと言う気持ちで模型の街に雪を降らせると、実際に季節外れの大雪となって学校は休校に・・・。
    妄想と現実がリンクして追いつめられて行くジュディスを描いてなかなか見事な作品です。

    一人称で語られるジュディスの繊細なものの見方、感じ方、そしてその表現が非常に素晴らしい。また、宗派の善良で愚直な信徒たち、伝道で対話する主に下層階級の様々ないわば異形の人々の描写も秀逸。道徳のテキストにでもなりそうな物語りではありますが、10歳の少女の独り語りということもあって説教臭さや押し付けがましさは感じられず、わりと素直に感動します。

  • 原題は〈The Land of Decoration〉。ハルマゲドンで世界が滅んだ後にやってくるとされる〈最も美しい土地〉のこと。

    いじめに苦しむ10歳の少女ジュディスは、自分の部屋に〈最も美しい土地〉を作った。そこに雪を降らせて神様に祈ると、外の世界にも雪が降った。過酷ないじめが待ち受ける恐怖の月曜日に起きた奇跡。

    学校や仕事へ行きたくない時に嵐を起こす力や、自分をいじめる奴に復讐する力があったらどんなにいいか。でも、行動には必ず結果が伴い、その結果を取り消すことはできないのだ。

    ジュディスの苦悩よりも、彼女の父親の苦悩の方が胸に迫ってくるものがあった。信仰の篤い大人ゆえの、父親ゆえの孤独な闘いを強いられる。怒りにかられている時こそ、信仰は試されるのだ。

    読み終えたときに、サッと霧が晴れるように物語の構図が見えて感動した。やはりタイトルは原題のままのほうが良かったのではなかろうか。

  • 装丁で選んだ本。
    宗教的なことって日本人にはなかなか掴みづらいものだけど、信仰を意外な側面からつついてる気もする。
    ソフトタッチなお話かと思いきや、なかなかシビアだし、ふわふわと終わらない気がして、すこしハラハラしながら読めた。
    そうゆう奇跡って、なんだか分かる気がする。
    望まないと引き寄せないのは確かだし、驚くような偶然がこの世にはたくさんある。
    信じるか信じないかって話。
    ただ、たぶんストーリー的には奇跡がどうこうとゆうのは本題ではなくて、やっぱりひとの心がどうなのかってこと。
    物語でさえ、うつくしいだけでは心をうたない。
    音楽も絵も、たぶん恋だってそうなんだろうな。

    ジュディスの奇跡、信じるということ。

  • エホバの証人という信仰に厚いために学校でイジメにあう少女がいた。
    ゴミや身の回りのもので作った箱庭に起こした出来事が実現してしまうようになり、あたかも自分が神のようになってしまう。
    しかし彼女は聡明だ。そのような力を持つことの重さにもきちんと気づく。
    彼女にそんな力を与えた、私は神であるという声。
    これはまるで悪魔みたいだったけど、一体なんだったのだろう?
    怒りという感情に目覚めた彼女の心だったのかな?
    最後信仰一本やりだった父親が彼女ときちんと向き合ってくれて、明るい未来が見えてきたのがいい感じだった。

全4件中 1 - 4件を表示

わたしが降らせた雪を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたしが降らせた雪の作品紹介

十歳のジュディスは、小さな町に、信仰に篤い父とふたりで暮らしている。学校でいじめられるジュディスの心のよりどころは、自分の部屋に作った模型の世界、「最も美しい土地」だった。ある日、ジュディスは「最も美しい土地」に雪を降らせた。次の日めざめると、窓の外は一面の銀世界だった。これは神の奇跡なのだろうか?しかし、それは数々の予想もしなかった災難をもたらして…。聡明で孤独な少女の闘いを繊細にあざやかに描き出したデビュー作。デズモンド・エリオット賞受賞。

わたしが降らせた雪はこんな本です

わたしが降らせた雪のKindle版

ツイートする