竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5)

  • 78人登録
  • 4.19評価
    • (12)
    • (14)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : George R.R. Martin  酒井 昭伸 
  • 早川書房 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (574ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152094162

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
米澤 穂信
ピエール ルメー...
畠中 恵
小野 不由美
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5)の感想・レビュー・書評

  • 怒涛の異世界ファンタジー巨編。
    今(2014年)出ている中ではシリーズ最新作。
    そして、この先を読むのは何年後になるのやら?

    自分が続きを読むときに、忘れすぎてるかも?とちょっと、メモなど。
    さすがに話は進み、えっここで終わるの?と悲鳴~~というところで以下次号!
    絶句しつつも、まあお約束なので。

    女王デーナリスは打ち続く混乱を沈めるために、地元の大貴族との結婚を決意する。
    不本意ながら祝賀のために闘技場を再会。
    そこへ現れたのは‥?!
    ここまでイライラさせられる展開だったのが変わったけど、これまた先は読めない‥

    母国を逃れ出て、今は奴隷として転々とする身のティリオン。
    機転を利かせて、ついに抜け出す‥?

    雪に閉ざされたウィンターフェル城に、北の注目は集まる。
    亡き王ロバートの弟スタニスが進軍するが、吹雪に埋もれて動きが取れなくなる。

    ウィンターフェル城のスターク家を滅亡に導いた「返り忠(裏切り者)」は、最悪な主に仕える道化となっていた。
    主とスターク家の姫アリア(ということになっている娘)との婚儀がおこなわれるが‥

    北の壁を守るナイトウォッチの総帥ジョンは、スタニスの王妃一行を砦に迎えている。
    人手が足りない窮地に、野人を味方につける方策をとる。
    異母妹アリアが婚儀を挙げるとの報も気になっていたが‥
    まさかの展開?

    本物のアリアは遠く離れた地にいて、遠い将来には復讐をと思いつつも、異文化の中での精進を続けている。
    異常な成り行きではありますが、ある意味、この着実なたくましさは救いですね。

    都では宗教団体が勢力を持つようになり、太后サーセイは罪に問われて尋問を受ける。
    罪を浄化する償いの行進というのは、中世の歴史上あったことがもとになっているとか。

    作者はテレビの脚本を書いていた時期に、あまりにも制約が多いことに悩んだそうで、そのストレスがどうやら生々しい葛藤があふれ出るリアルな描写になっているらしい‥
    アメリカは子供に見せてはいけないようなシーンは日本より自主規制がうるさいんだそうですが。
    どんだけストレスだったんだっていう(苦笑)
    今ではこのシリーズ、テレビドラマ化されているので、時代が変わったのか、マーティンの勝利?
    それだけ、面白いってことですね☆

  • 面白かった。
    サーセイざま〜と言わざるを得ない。でも復活しそうだ。
    なんだか死にそうだなって思う奴はなかなか死ななくて、死ぬ訳ないだろって奴はコロッと死んでしまう感じがする。

  • 何てところで終わるんだ!…定番のツッコミ。次は何年先だろう。
    今回の主役はジョンとダニー。ジョンはまさかの退○!?いやいや、シオンだってしぶとく生きてたから。大丈夫だと願う。章ごとに時差があるから、シオンサイドの動きが気になります。あの手紙は本当なのかハッタリなのか…。
    ダニーはとうとうウェスタロスを目指す準備が整いましたが…一番真面目な君主してる気がするのは気のせいか。なんだか各陣営でダニー争奪戦を繰り広げていて、もう何処がくるかさっぱり予想がつきません。早々にドーン陣営終了のお知らせに、やっぱりかと思いつつ、ちょっと唖然でしたが。某王子のおかげで立ち位置弱くなってしまいましたものね。ついでにダニーは面食いである。

    早く熊さんやティリオンも合流してくれないかなー。

    あと何年かなー!

  • 大きなイベントの決着がつかないまま終わってしまった…。
    いろいろモヤモヤさせたまま終わってしまった…。
    主役級なのに死ぬ、ゾンビ化、異形人として蘇る、ここらへんは使用済みであまり驚きがないので、たぶんもう無いのかな〜と希望的予想をしているのですが。どうなんだろう? 気になる…。
    6部刊行は気長に待ちますが、視点人物は増えてるし、構想が広がり過ぎてるし、物語の収拾はつくのか⁇
    執筆途中で逝くなんてことのないよう、体調に気を付けて欲しいですね。

  • シリーズ第五部③


    ヒズダールとの結婚を決意したデナーリス。ユンカイの奴隷貿易、闘技場の再開など屈辱的な条件をのんで手に入れた平和。
    しかし、その闘技場にドロゴンがあらわれ、彼を攻撃から守ろうとしたデナーリスを乗せて飛び去ってしまう。

    その闘技場に出場するはずだったティリオン。女王のおかげで一命をとりとめるものの、奴隷の身に変わりはなく、疫病の危険にも晒されている。そして、ある策を実行する。

    デナーリスに2頭のドラゴンと会わせてもらい、忠告を受けたクェンティン。そして、女王がいなくなってしまい、ただ帰ることなどできない彼はドラゴンを盗むことを画策する。

    トアマンドと交渉し、多くの自由の民たちを受け入れることになった壁。
    お金がない、言うこと聞かない、色々な確執…。総帥として苦労するジョン。
    そして、ウィンターフェル、ラムジーからの手紙。



    読み終えてしまった。
    次作はいつ読めるのだろう。
    ドラマの方を先に見ているのですが、色々内容が変わっているのでちょっと混乱。

    クェンティンはあまりにも早かったなあ。今の所、彼のエピソードいるのか…という感じですが。

    サーセイは、贖罪の道行きの後の静けさが恐ろしい。クァイバーンに言っていたのは、この新しいお付きのことだったのか…。どんな化け物つくりだしたのか…。

  • 11月10日読了。図書館。

  • みなさまのおっしゃる通り、「引き」(クリフハンガーというようですね)が強すぎて、とてもとても続きを読みたくなってしまいますね。
    ティリオンは「お前はまた捕まってしまったのか」と言いたくなるぐらいとらえられてますし。
    クィンティンはご退場、デナーリスの脱走は爽快なようで、この先どうなるのか予想もつきませんね。

  • 広がりに広がり登場人物も山ほど増えて続きが気になるけどいつ読めるだろう?それまで人物や設定を覚えていられるかとても心配。プロローグとサムパートが気になったけれどどんな風に狭い海の向こうつながっていくんだろう。ちょっと冗長かなと思ったけれど面白いです

  • 週刊少年ジャンプか~い!ってくらいの引きの強さ。
    だけど次巻刊行まで何年待たねばならないの?
    作者は来年末には第6部を刊行したいと言っているみたいだけど、それでも日本語版はさらに1年は待たないとならないわけで…。

    ジョンはどうなる!?
    デナーリスは?
    ティリオンは?

    巻末の人物紹介を読むと、思った以上に行方不明者と「死んだことになっている」人が多いので、まだまだ二転三転四転五転しそうです。
    氷はジョンで、炎はデナーリスなので、氷と炎の対決か、氷と炎の融合なのだと思っていたのですが、作者が最後に残るのはひとりと言っているそうなので、もう誰が王になるのかわからない。

    氷と炎が融合したら水になると思うので、ここのところ世界中で地味に存在感を増しているグレイジョイが漁夫の利で王になったら面白いけどね。

    しかし、私利私欲に走らない、優れた人間性の人はすぐに死んでいきますなあ。
    嫌な奴はしぶとく生き残るのに。
    そして、気がつくとその嫌な奴(サーセイとかシオンとか)にも、哀しい事情があったんだなあと思わせてしまうのも、作者の腕なんでしょうね。
    完全な悪も、完全な善もない。
    全ての人に言い分がある。(いまのところ言い分なんてなくただ激烈に悪い奴ってラムジーだけど、将来的に彼に同情できるような言い分が出来てくるんでしょうか)

    絶対完結するってわかったいるのならハードカバーの大人買いをしたいのだけど(何度も読んで理解を深めたい。楽しみたい)、未決で終わりそうな気もするので手が出せない。
    当面はDVDで復習しようっと。

  • 夏休みを利用して一気に読んではみたものの・・ここから何年待たねばならんのだろう。。。
    とりあえずスターク組とラニスター組とサムとシオンのこの先が気になる。

  • 遅々として進まぬなー!これは壮大なことになりそうだ。
    次作が一刻も早く読めることを祈る。
    彼女は今後どう絡むんだろう?とか、オイオイあいつはどこ行ったの!?とか、エーッそこで終わり!?とか、たくさんありますね。

    ところで後書きの原作者コメントも、訳者のコメントも、なんかかわいくて好き。

  • ●なにはともあれ本編に手をつける前に、wikiのお世話になるのでした。……ばかやろうこれまでのおはなしなんて覚えてるわけないだろう!?←逆ギレ

    ●あとがきによりますと、Mr.マーティンはTVドラマで“クリフハンガー”方式を学んだようですが、ううむそいつはたいそう余計なお世話だったぜ。
    デナーリスといいジョン・スノウといい、なんだこの放り出されっぷり。
    前作から5年待たされたってことは、次作は8年後くらいにはなるんですかね。リオ五輪もロシアW杯も終わっとるっちゅうねん。
    それでも、TV版製作者には今後の原作の展開を伝えているようですので、作者に万が一の事があっても投げっぱなしジャーマンになることはないのでしょう。そのあたりはさすが米国産。

    ●感想まとめ。
    ジェイミー&ブライエニーの出番はそれだけかいっ!? …でもリトルフィンガー&サンサの扱いよりはマシ。
    私、わりあいサンサは好きらしいんで、次回の彼女の活躍を望むで賞。
    ついでに今回のまとめ出版的一挙刊行量=余裕で3巻以上分と思えば、まあ待たされてもこんなもんかなで賞。
    そんでもって、TV版は見るかどうか悩んでるで賞……!←いちおう1話は観ましたが。いやあ、視覚化されるとなかなかエグいっすね…

  • 第3巻にもなり、ようやくいろいろ思い出して
    おもしろくなってきた所で終わってしまった。
    ジョンはどうなるの?
    早く次を出してくれないとまた全部忘れてしまうよ。

全17件中 1 - 17件を表示

竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5)の作品紹介

〈氷と炎の歌⑤〉ミーリーンの闘技場で、三万の観衆が死闘を見守るなか、突如巨大な黒竜が飛来、人々を貪り食う! 野生に帰った竜に対し、デナーリスは……ローカス賞受賞の傑作巨篇、堂々完結

竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5)のKindle版

ツイートする