人体の物語: 解剖学から見たヒトの不思議

  • 58人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Hugh Aldersey‐Williams  松井 信彦 
  • 早川書房 (2014年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152094766

人体の物語: 解剖学から見たヒトの不思議の感想・レビュー・書評

  • 17世紀の人体解剖は劇場で見物料を取って行われたという(そういえば、手術室のことを英語で "operating theater" と言うのだった)。MRIやらCTスキャンに慣れてしまった身からすれば忘れがちなことだが、自分の皮膚の内側の様子を伺うことに伴う興奮は、当時の人々でなくとも見世物として機能するに充分だということだろう。「我々は自分の体の内部を実はよく知らない」と言う当然の事実を、本書は改めて再認識させてくれる。薀蓄満載の本書だが、やや口調が衒学的でのめり込むことが出来なかった。

  • 日本経済新聞社


    小サイズに変更

    中サイズに変更

    大サイズに変更

    印刷


    人体の物語 H・A=ウィリアムズ著 身体と向き合った文化の歩み
    2014/10/19付日本経済新聞 朝刊

     実体が完全には分かっていない人間の身体は、いまでも「小宇宙」などと称される。科学ライターのかたわら博物館の展示企画も手がける著者が、ルネサンス以降の絵画や文学作品を引き合いに、身体に向き合ってきた人間の歴史をつづる。日常的な言葉によるユーモラスな語り口で、素朴な疑問を取り上げていく。







     16世紀の宗教改革や技術革新を背景に、欧州で本格的な解剖学が始動。人体解剖は当時、ショーとして執り行われた。「解剖劇場」の文字が刻まれた建造物も現存しているという。入場料は演劇よりも高額で、音楽が奏でられ、料理やワインを楽しみながら見物したというから驚きだ。


     閉ざされていた人体への関心が一気に噴き出し、医学の進歩だけでなく文化面での受容も進んでいく。「シェイクスピアが作家として活動していた頃、人体に対する私たちの理解の進展が重大な局面を迎えていた」。例えば「ヴェニスの商人」では「肉」を巡るやりとりが見せ場となり、「マクベス」では「血」がストーリーをつないでいる。


     「鼻を利かせる」「神経に障る」といった身体にかかわる慣用表現が言語を超えて通用する例や、心臓を表すハートマークが成立した経緯なども詳述。硬軟織り交ぜた豊富なエピソードで解剖学と文化の歩みを満喫できる。松井信彦訳。(早川書房・2600円)


    このページを閉じる



    NIKKEI Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

    本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

  • 2階書架 : QS004/ALD : 3410158644

全4件中 1 - 4件を表示

人体の物語: 解剖学から見たヒトの不思議を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人体の物語: 解剖学から見たヒトの不思議を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人体の物語: 解剖学から見たヒトの不思議の作品紹介

人体とは私たちに最も身近な精密機械であり、征服すべき最後のフロンティアであり、読んで楽しく有益な書物でもある。『元素をめぐる美と驚き』で化学世界へ誘った、名キュレーターの解剖学案内

人体の物語: 解剖学から見たヒトの不思議はこんな本です

人体の物語: 解剖学から見たヒトの不思議のKindle版

ツイートする