オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくる

  • 77人登録
  • 3.63評価
    • (7)
    • (9)
    • (12)
    • (0)
    • (2)
  • 16レビュー
著者 : 三澤洋史
  • 早川書房 (2014年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152094896

オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年上の知人が貸してくれた本。

    著者がアマチュア合唱団で自作曲を指揮するのを耳にしたことがある。クラシックの楽器も伴奏にあり、耳に馴染む音楽だった。
    新国立劇場合唱団の合唱指揮者をされてたのか。しかし、オペラファンでもないと、合指揮者のお仕事は判りづらいかも。オペラの指揮者、演出家のそれぞれの主張の中で自分の合唱団の実力を発揮させ、より良い音楽の為奮闘する姿。成程、こういうお仕事なのか。
    異色の経歴、バイロイトの祝祭合唱団、スカラ座合唱団の話、指揮者評など面白かった。若杉弘さんのエピソードなど目に浮かぶよう。クライバーのDVD探そうかな。

  • 766

  • 合唱の指揮という仕事はしらなかった。
    おもしろい。

  • 新国立劇場の合唱指揮者がオペラの舞台の裏側を楽しくさらっと教えてくれる本。

    オペラはちらほら聴くものの、オペラを構成する中で合唱団専門の指揮者がいることや、合唱指揮者とマエストロと演出家の三つ巴な関係なんて思いを馳せたこともなかったのでとても面白かった。

    特殊オペラフェス・バイロイト祝祭劇場の暗く重厚な特徴、続いてミラノ・スカラ座の明るくてラテンなノリの対比、仕事で関わってきた楽団や音楽家それぞれのもつ個性が、イメージしやすい言葉で説明されてるので、ついふむふむなるほど聴き比べてみましょう、という気持ちになります。

  • オペラの合唱の指揮をメインに仕事されている方の 合唱と指揮者とオペラの関係を書いてくださった本。音楽の捉え方なども書かれていて オペラを作り上げる楽しみ 魅力が伝わってきました。オペラを聞くのが、音楽を見るのが 楽しくなる・・ オペラを観にいきたくなってしまった・・・そんな魅力ある内容です。

  • 三澤洋史さん、全くご存知ない方だったのですが、文章が読みやすくて面白いこと、生き方も面白いこと。
    やりたいことだけやってここまできてしまった、周りに本当に恵まれている、といった部分がよく出てくるのですが、三澤さんのやりたいことに対する情熱、行動力、というものがあったからこそ助けを得ることが出来たのだろうなぁと強く感じました。オペラの話もとても興味深い話で楽しめました。

  • 合唱指揮者と言うと様々な意味を持ちますが、ここでは合唱団の訓練及びオペラや交響曲等でタクトが見えない際に指揮する指揮者の事。
    人目につかないところで指揮をしたりする。
    そんな、ちょっと変わった立ち位置にいる方のエッセイです。

    内容としては、
    大工の息子が何故合唱指揮者になったのか。
    指揮者とぶつかり合い、和解した話。
    ドイツ、イタリア、北京での体験。
    等、様々な事が非常に読みやすく、また面白く書かれています。

    一体どこで指揮しているんだ?と感じた方や、オペラやクラシックはとっつき難いと感じる人にこそ是非読んでほしい一冊。
    勿論クラシックやオペラが好きな人も是非。

  • 作者がポジティブで強くて、
    ちょっと読んでいると疲れる…
    すごいなーと思うのですがね。

    海外で活躍するには
    これだけ前に向かっていかんとダメなんですね。

  • 著者は新国立劇場でおこなわれるオペラの合唱指揮者。そんな著者が実際目にしたことや体験したことをふまえてオペラの裏側を教えてくれます。感動的な演目を見せてくれるオペラですが、歌手と演奏家がつくりあげる総合的な舞台のため、意見の相違や外国人演奏家とうまくいかないこともしばしば。オペラの裏側を知ることで、オペラの奥深さも感じます。

  • 著者は新国立劇場の合唱指揮者とのことで、初めて聞く話(オペラの指揮者から合唱隊は見えないので合唱指揮者が必要、オケと合唱とのタイムラグを勘案して指揮しないといけないetc)が数多く書かれている。

    一方、ブログの延長のような文体は、軽妙さがある半面、一部軽薄な印象も否めない。

全16件中 1 - 10件を表示

三澤洋史の作品

オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくるはこんな本です

オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくるを本棚に「積読」で登録しているひと

オペラ座のお仕事――世界最高の舞台をつくるの作品紹介

オペラ座は社会の縮図だ! 新国立劇場専属の合唱指揮者を務める著者が、劇場の舞台裏で繰り広げられる人間模様を語り、「理想の指揮者」について探る。クラシック初心者でも楽しく読める一冊。

ツイートする